うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

夜空に咲く花

突然の轟音と眩しい光に、上を見上げた。


「きれいだね~」


大きな花が、夜空に燃え上っている。


「金かかってんな~」
「もう、夢のないこと言わないでよ」


サリ姉とユリ姉も、おれたちのいるベンチに集まってきた。
夜空に広がる、色とりどりの花びら。きれいだ。



茉莉菜姉ちゃん。
まず見た目がエロいし、すぐにおれにエロいいたずらをしようとする。こわい。おれに落ち着く暇をくれないんだ。やたらとハグしようとするところも。でも、みんなを支えてくれる、しっかりしたお姉ちゃんだ。


桜莉菜姉ちゃん。
暴力的で、乱暴で、やたらと上から目線。こわいっていうか、痛い。強引だし、おれをなんだと思ってるんだ。だけど、カッコよくて、憧れる。なんだかんだ言っても、みんなを大事にしてくれる。


柚莉菜姉ちゃん。
なんでか知らないけど、おれに女装させたがる。ふつうにこわいよ。まさか下着まで女物着せられると思わなかったし。それさえなければ、かわいくて、優しくて、癒されるのに。けど、一緒にいて一番安心する。


三輪のきれいな花。おれの自慢の姉ちゃんだ。


「マリ姉」
「なぁに?」


「サリ姉」
「ん?」


「ユリ姉」
「なに?」


三人の視線がおれに集まる。
おれは一呼吸おいて、精一杯の笑顔で、みんなにこう言ったんだ。


「三人とも、大好きだよ。大きくなったら、姉ちゃんと結婚するんだ」


おれはこの三人と出会えて、本当に良かった。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く