うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

夏祭り

「ハルちゃん、準備できたー?」


長い黒髪を後ろで結わえて、朝顔柄の水色の浴衣を着たマリ姉が、おれの部屋に顔を出した。


「うわ、すごい似合ってる」
「ホントー? ありがとう。ほら、行こう?」


マリ姉に手を引かれて、おれは玄関を出る。と、外には菊柄の黄色い浴衣を着たユリ姉、桜柄の紺色の浴衣を着たサリ姉が待っていた。
髪型のせいか服装のせいか、今日はみんな、いつも以上に大人びて見える。


「さ、行こっか」


今日はマリ姉と手をつないで歩く。
ユリ姉とサリ姉はなんだかんだ仲がいいし、たまには二人にしてあげよう。
マリ姉は背が高くて、おれはマリ姉の肩にも届かない。
周りからは、どんな風に見えるんだろう。若い親子、かな。


「ハルちゃん、今日は私と一緒でいいの?」
「うん。マリ姉と一緒にいるよ」
「ありがとう」


ま、外でなら安全だしね。



会場に着くと、すでに人でごった返していた。


「迷子にならないようにね?」
「わかってるよ。マリ姉の方こそ」
「何か食べたいものとかある?」
「もう、お母さんじゃないんだからさ。もっと自然でいいのに」


おれの言葉に、マリ姉は驚いた顔を見せた。そんなに意外だっただろうか。


「ほら、見てよ、あの二人」


おれが指差したのは、紺と黄色の浴衣の姉妹。


「はい、桜莉菜の分」


そう言って、黄色の彼女は手にしたりんご飴のうち一つを、紺の彼女にあげる。


「ありがと。何か取ってほしいもんある?」


どうやら射的をやるようだ。


「ん~……、あ、あれがいい!」


黄色い彼女が指差したのは、小さなテディベアのストラップ。


「よし、あたしに任せときな」


よーく狙って、一発で仕留める。さすがだ。カッコいい。


「ほらよ」
「わぁ、ありがとう!」


何あのイチャイチャっぷり。いつもの険悪ムードはどこへやら。


「何あれ……。完全にカップルじゃん……」


マリ姉もちょっと引くくらいのようだ。


「でも……なるほど」


何かを納得したのか、マリ姉はすぐそこの屋台に寄っていって、すぐに戻ってきた。


「はい、ハルちゃんの分」


手渡されたのは、ラムネ。


「座ろっか」
「うん」


しかしながら、へたくそでなかなか開けられない。


「お姉ちゃんに貸してごらん」


すると、マリ姉がポンと栓を押し込み、見事に開栓させた。


「すげぇ! マリ姉、ありがとう」
「ふふっ、いいのよ」


優しく頭をなでられる。だから、こういうのは違うんだって。


「あ、そろそろね……」


マリ姉が不意に時計を見てつぶやいた。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く