うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

第二次お姉ちゃん会議 第二部

「そんで、どうすんの?」
「わかったわ、選択式にしましょう」
「ほう、乗った」
「①ケーキを作る」
「無難ですよね……」
「②どこか連れて行ってあげる」
「でもこの前プール行ったばっかなんだよな~」
「③何か買ってあげる」
「うーん、欲しいものがわからないと……」
「④〇〇してあげる券」
「おい、やめろ」
「⑤柚莉菜」
「ちょっと待ってください、おかしいですって!」


「さあ、どれにする?」
「⑤だな」
「桜莉菜、真面目に考えてよ。じゃあ④」
「〇〇に入る言葉は何? 桜莉菜からどうぞ」
「なんであたしなんだよ、言い出したのは柚莉菜だろ?」
「何も意見がないなら“サリ姉を一日下僕に”してあげる券にするけど」
「ちっ、性悪女め。じゃあ……、マッサージしてあげる券」
「発想が父の日ですね……」
「……じゃあ、何か手伝い」
「母の日ですか」
「柚莉菜をお嫁にあげる券」
「いい加減にしてください」
「引っかかんなかったか……」
「じゃあ、④か⑤ということでいいね?」
「よくないですっ。姉さんも、こんな奴の言うこと真に受けないでくださいよ」
「④の線で考えるけど、どうしようもなかったら⑤でいくってだけだから。それに、ハルちゃんの希望は⑤だしね」


「はぁ……どうしてこんなことに……」
「券の内容は各自でアイデア出して考えるってことでいいね?」
「しょうがねーな」
「はい……」
「そんなに落ち込むなよ。これでも食べて元気出せって」
「あぁ、どうも……」
「何がそんなに嫌なのかしら」
「……もしかして、素で提案してました?!」


かくして、会議はお開き。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く