うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

第二次お姉ちゃん会議

今夜も小腹を空かせた乙女たちが、桜莉菜の部屋に集まっている。
今日の議題は珍しく三人とも意見が一致した。


「ハル(ちゃん)の誕生日プレゼントについて」


「っていうか、ヤバいでしょ。もう来週だよ? 何か考えてる? 柚莉菜、これ開けて」
「はいはい。考えてないからこうして集まってるんでしょ? あ、姉さん、コップください」
「柚莉菜は何か聞きこみしてないの? 欲しいものある? とか。はい、コップ。桜莉菜にも回して」
「はい、桜莉菜。聞きましたけど、“ユリ姉がほしい(キリッ)”って言われちゃって……」
「さんきゅー。じゃあもらわれちゃえば?」
「バカなこと言わないでよ。桜莉菜がいつもみたいに脅して聞き出せば?」
「おまっ、あたしをなんだと……。まぁいい。あたしも一応聞いてあるんだ。あ、姉ちゃん、一個ちょーだい」
「はーい。で、何だって?」
「“サリ姉を一日下僕にできる券”って言ってきたから、一発ぶん殴った」
「ひどい……。姉さんは、何か聞いてないんですか?」
「私には、“エロくないものなら何でもいい”って言ってたけど……」
「姉ちゃんからエロさを取ったら何も残らないじゃん」
「どういう意味かしら……?」


「それで、本題ですよ。どうします?」
「あいつ、野球興味ないしな~。柚莉菜、おかわり」
「自分でやってよ。そういえば、ハルちゃんの興味あることって何?」
「一番絡まれてる柚莉菜が知らないなら、みんな知らないよ。あ、桜莉菜、ついでにそれも開けて」
「自分でやってよ~。あいつ、あたしを一日下僕にしたら、何するつもりなんだろう」
「真似しないで。似てないし。きっと、深く考えてないんじゃない? いつも偉そうな桜莉菜をこき使えるだけで十分満足だし」
「おい、今お前の主観混じっただろ」
「あのさぁ……全然話が進まないんだけど。無難なのは、みんなでお菓子とかケーキを作ってあげたりとかだけど」
「誕プレに無難とか言ってる時点で心こもってないよね」
「桜莉菜にだけは言う資格ないと思う、その言葉。あ、姉さん……それ、まさか……」
「ふふふ……見てしまったようね。この一箱三千円もする高級チョコレートを」
「姉さん、おひとつもらえませんか……?」
「あ、あたしもほしいなー」
「しょうがないわね……。みんなで分けましょう」


……話し合う気あるのか? こいつら。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く