うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

午後の部

ちょうど一周したところでおれたちもプールから上がって、サリ姉たちのところへ戻る。
と、開口一番に怒られた。


「遅い! ちょっと水浴びてこいっていったじゃん。どこまでいってんの?」


浮き輪はとっくに膨らまし終わっていて、マリ姉も戻ってきていた。


「ごめん……。あ、ユリ姉の友達に会ったよ」
「シニアの子?」
「うん、まぁ」
「柚莉菜、友達いたんだ」
「失礼ね。桜莉菜よりはいるつもりだけど?」


そんな言い合いをよそに、マリ姉は買ってきてくれた焼きそばをくれる。


「もうお昼だから、これ食べてから、また行こう?」
「うん。マリ姉も、ごめん」
「いいって」
「それから、ありがとう」


マリ姉はふふっと微笑んで、自分も手元の焼きそばに箸をつけた。
外だと本当にいいお姉さんな感じだな、マリ姉は。


「水、冷たかった?」
「気温もあるし、そんなに感じなかったけど?」
「そっか。じゃああたしも入るかなー」


サリ姉はそう言って、ラッシュガードのファスナーを開けると、中は淡いピンクのビキニだった。



お昼を食べ終わって、後半戦。
今度は波のプールだ。流されまいとユリ姉にしがみつく。
と、そのおれにサリ姉がしがみついてくる。


「やっぱ結構冷たいじゃ~ん!」


どんな温度感覚してんの? この人。
すると、正面からマリ姉が、ユリ姉とサリ姉の手を取って円陣みたいになった。
波に揺られてたゆんたゆんするのがヤバい。マジヤバい。
っていうか、これを他のやつに見せちゃいけないと思う。


ひとしきり遊び疲れたところで、着替えて車に乗り込む。


「あーもう、最悪。なんなの、あいつら」


サリ姉が悪態をついたのは、ナンパしてきた二人組の男たち。
おれが割り込んだことでその場をうやむやにできたが、あれからサリ姉は帰りたがっていた。


「サリ姉が美人だからだよ」
「それは知ってる。そうじゃなくて、あの誘い方よ」


知ってるんだ……。


「子猫ちゃんとか言っちゃって、今時流行んねーよ」


たしかに、サリ姉はどちらかと言うとトラかライオンだし。


「おい、ハル。なんか失礼なこと考えてないか?」


なんで心が読めるんだ。


「か、考えてないよ。それよりユリ姉……は寝ちゃってる」
「はしゃぎすぎなんだよ」


迷惑かけちゃったのかな。疲れるようなことさせちゃったのかもしれない。


「姉ちゃん、運転しながら寝るなよ?」
「わかってるって」

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く