うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

プールに行きたい

おれはサリ姉とある約束をしていた。
もしサリ姉が全国大会で優勝することができたら、一つお願いを聞いてくれる、というもの。ここに“何でも”とついていないのがミソなのだろう。
“何でもする”と言った者がどういう目に遭ったのか、サリ姉も知っているからなのだろうか。


「サリ姉、例の件なんだけど……」
「なんだ?」
「プールに行きたい」


全国大会も終わった。ということは、もう夏真っ盛りだ。毎日暑くてうっとうしいし、気晴らしにはもってこいだ。


「はぁ? そんなの勝手に行けばいいじゃん」
「みんなで行こうよ。それに、その辺のプールじゃなくて、大きいところがいいんだよ」
「いいけど、それは姉ちゃんにも聞いてみないとな。車運転できるの姉ちゃんしかいないし」
「じゃあマリ姉にはサリ姉が言っといて。おれはユリ姉に言っとくから」
「おい、何楽そうな方取ってんだよ」


バレたか……。


「いやだって、お願い聞いてくれるんでしょ……?」
「ちっ、まぁいい。さっさと聞いてこい」


おれはサリ姉の部屋を出て、ユリ姉のところへ行くと、ユリ姉は夏休みの宿題を片づけているところだった。
あ、おれやってねぇや……ま、いっか。


「ユリ姉、プール行かない?」
「なんで?」


あれ、行くって言ってくれないんだ。


「せっかくだし、みんなで大きいとこ行こうって、サリ姉と話してて」
「いつ行くの?」
「わかんないけど……行きたくないの?」
「だって……、今体型自信ないんだもん」


なんだ、そんなことか。


「そんなことないよ。この前見た感じだったら全然大丈夫だって」
「もう、いい加減忘れてよ!」
「行くでしょ?」
「わかった、行くよ。だから、お願いだからっ、あのことは忘れて。なかったことにして」
「ヤだよ」
「なんでよっ」


実はあれ以降も、たびたび女装させられている。もちろん、許可制にはなっているが。
ただ、暑い日はスカートの方が涼しいので、案外助かっていたりする。


「ユリ姉の水着姿、期待してるからね」
「もう、バカぁ~!」

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く