うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

祝賀会

玄関のドアが開いて、誰かが帰ってきた。


「ただいま」


その声の主が廊下からリビングへつながる扉を開くと……。


「優勝おめでとう!」
「お疲れ、桜莉菜~!」


と口々に賞賛と労いの言葉を飛ばした。


「あ、ありがと……。何これ……」


おれが色紙でつくった装飾でリビングを彩り、テーブルにはマリ姉とユリ姉が作ったごちそうが並ぶ。


「高校最後の大会でしょ? みんなでその栄誉を祝ってあげようと思って」
「柚莉菜の中学最後の大会は?」
「私は全国まで行ってないし……」


なんて、笑顔を見せるけど、ユリ姉だってきっと悔しくないわけはないんだ。


「とにかく、シャワー浴びたらおいで」


と、マリ姉がサリ姉を脱衣場に押し込んだ。



サリ姉が戻ってきて、ようやくパーティーの始まりだ。
急いで来たのか、まだ髪がしっとりしている。


「桜莉菜様、こちらをどうぞ」


なんて気取りながら、おれはサリ姉のグラスにジュースを注ぐ。


「なに、気持ち悪い……」
「桜莉菜、何食べる? 取ろうか?」
「いいよ、自分でやる」
「主役なんだから、いつもみたいに偉そうにしてていいんだよ?」


ユリ姉にそんなことを言われているのを、マリ姉はおかしそうにくすくすと笑っている。


「でも、決勝戦もあっさり勝っちゃうなんて、さすがサリ姉だよ」
「言っただろ、あたしはどこにも負けないって」


そう言って、から揚げにかじりつきながら不敵な笑みを見せる。
やっぱり、サリ姉はカッコいい。


ここでおれはユリ姉に目で合図を送る。


「桜莉菜、これ、みんなで選んだの」


ユリ姉が手渡したのは、両腕に抱え込めるくらいの黒い紙の包み。


「……開けていい?」


みんなが黙ってうなずく。
包みを破かないように慎重に開けると、出てきたのは、黒のグローブ。


「わぁ……ありがとう……!」


サリ姉のあんなに温かい笑顔、久しぶりに見たかもしれない。


「桜莉菜、今のグローブ、中学の時から使ってるやつでしょ? 思い入れもあるかもしれないけど、プロに行くならスペアもあった方がいいと思って」
「色はおれとユリ姉で選んだんだぜ」
「ありがとう!」


おれとユリ姉はサリ姉に抱きしめられる。って、ちょっと苦しい。


「……で、黒にしたのは何で?」
「い、いや……」
「腹の色といっしょって……」
「……どっちが言ったの?」


お互いに相手を指差す。


「まぁ、別にいいけど。ちょうど新しいの買おうと思ってたし。本当に、ありがとうね」


いつもこうなら……って、本当思うよ。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く