うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

試合観戦

今日はユリ姉と二人で、マリ姉の試合を観戦に来ている。
サリ姉の試合は決勝だけ観に行こうって、みんなで決めていた。


「すっげぇ~。でかっ」


今日の試合はドーム球場だ。巨大なドームの中に入ってみると、その中には広いグラウンドがある。
天井はふさがってるし、地底世界に来たみたいだ。


「あんまり遠くいかないでよ~?」
「ユリ姉、迷子になるなよ?」
「こっちのセリフだってば」


適当に、周りの空いている席に座り、ユリ姉も隣に座った。
今日の試合は那覇コーラル対瀬戸内シトラス。
那覇コーラルの先発はもちろん、永妻ながつま茉莉菜。マリ姉だ。
対する瀬戸内シトラスの先発は、エースの東城とうじょう侑暉奈ゆきな
この瀬戸内シトラスは、実は母さんが監督をやっているチームでもある。親子対決というわけだ。


「相手の先発は東城さんかぁ。大丈夫かなぁ」
「そんなにすごいの?」
「うん。星崎ほしざきさんに次いで、球界ナンバー2とも言われてるくらいだよ」


あ、星崎さんは名前聞いたことある。よくニュースにも出てる。


「じゃあそんな人に勝ったら、マリ姉はすごいね」
「しかも相手はお母さんだしね」


そうだ。姉ちゃんたち三人の投手を育てた母さんの率いるチーム。どんな戦い方をするんだろう。



初回の攻防は、お互いに一歩も譲らず、0対0のまま。
そのまま投手戦となり、試合が動いたのは五回だった。
マリ姉は五回にタイムリーヒットを浴びて、フォアボールで出したランナーに一点を取られてしまった。


「あーあ、やっちゃった……」


ユリ姉も、今のは打たれたらマズかったと思っているようだ。
おれには野球はよくわからないけど、マリ姉がピンチで、負けそうなのはわかる。
がんばれ、マリ姉……!


しかし、同じ五回に、コーラルのバッターが東城さんからヒットを打って、二点取り、逆転。
マリ姉は六回を0点で抑えて、最後の回は別の人に代わった。その人も0点で抑えて、那覇コーラルの勝利。


「マリ姉、すごかったね。母さんのところに勝っちゃうなんて」
「うん。六回はよく0点で抑えたと思うよ。ノーアウト満塁だったのに」


試合中も、普段のユリ姉とは別人かと思うくらい、声援を飛ばしていた。その姿に、若干圧倒されてしまったくらいだ。


「また来ようね」
「うん」


ユリ姉は、もう大丈夫かな。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く