うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

雨音

サリ姉が出発して、何日かが経ったある日のこと。
この日は朝から気が滅入るような雨だった。


マリ姉はオフで、ユリ姉も雨で練習が休みになり、早い時間に帰ってきた。母さんはいつも通りいない。
だけど、雨の音がうるさく感じるくらい静かだ。同じリビングにいるのに、お互いに言葉を交わすことはない。
でもおれは、サリ姉と約束したんだ。


そういう時は、おいしいものを食べると笑顔になるって言う。
おれだって、マリ姉の手伝いをしてきたし、近くで見てきた。たぶん、できるはず。
そう思い立って、夕食を作ってみることにした。


マリ姉の部屋からこっそり料理の本を借りて、今ある食材でできそうなやつを探してみる。
……うん、カレーだな。カレーなら失敗することもない。
まずは、えーっと、食材を切るのか。一口大って、どんくらいだ? おれの一口は……こんくらいか。
そしたら次は、炒める。うわぁ、火使うの初めてだけど、大丈夫かなぁ。
コンロをつけてみる。……あ、うちIHだから火つかないわ。
とりあえず、これで炒めてっと。これ火通ってるかな。でもあんまりやると焦げそうだし。


「ハルちゃん、それ火強いんじゃない?」
「え? あ、マリ姉」


見てみると、最大に設定していた。少し弱めて、中火くらいにする。


「別に作ってくれなくていいのに……」
「いいんだよ。たまには作らせてよ」
「わかった。でも危なくないように、ここで見ててもいい?」
「いいよ」


炒め終わったら、鍋に水を入れてふっとうさせる。
よしよし、いい調子。あとは材料を煮込んで、ルウを入れるだけ。楽勝だ。


「ねぇ、ハルちゃん。今日は急にどうしたの?」


ルウを入れてかき混ぜながら煮込んでいると、マリ姉が口を開いた。


「なんか、嫌な空気だったから、おいしいもん食べたら元気でるかなって思ってさ」


おいしいもんが作れてるかは、わからないけど。


「……これ食べたら、ユリ姉も元気出るかな」
「大丈夫。元気になるよ。きっと」
「ちょっと、なでるなよ。髪の毛入るだろ」


よし、できた。あとは皿に盛って……。


「あ……。ご飯炊くの忘れてた……」
「まったく……。そうだろうと思ったから、私が炊いておいたよ」
「ユリ姉!」


気を取り直して、お皿に盛り、テーブルに並べて、完成だ!


「いっただきまーす」


マリ姉とユリ姉が一口目を食べ、その感想を聞くまでおれは食べられない。


「おいしい~!」
「ありがとうね、ハルちゃん♪」


いつの間にか、雨音は聞こえなくなっていた。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く