うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

女と男の約束

「おい、ハル。ちょっと来い」


やれやれ、今度はなんだ……。


「座れ」


サリ姉の部屋に入るなり、床に座らされた。
え……、怒られるのか? 何も心当たりないんだけど。
あるとすれば、この前ユリ姉を素っ裸にしたことだけど、それでサリ姉が怒ったりはしないはず……。
すると、サリ姉もおれの向かいに座った。


「この前はあたしも調子に乗りすぎた。ごめん」
「別に、謝らなくても……」


サリ姉は暴力的でも、そういうところはしっかりしている。そこはおれも見習いたい。


「それで、本題なんだけど、明日からあたしは全国大会だから、しばらく留守にする。母さんもいつ帰ってくるかわからない。だから、何かあった時は頼むよ」


サリ姉は普段、そんな気持ちでいるんだ。そして、おれが、サリ姉の代わりに……。


「なんでおれに……?」
「姉ちゃんはああ見えてそそっかしいし、柚莉菜はたぶん、立ち直るのにまだ時間がかかる。だから、お前を一人前の男と見込んで、だ。……できるね?」


一人前の男……。おれが……。


「……うん。男と男の約束だね」


上からげんこつが降ってきた。


「あたしは女だ、バカ」
「サリ姉」
「ん?」
「頑張って!」
「ああ。どこにも負けないから、見てなって」


サリ姉は暴力的だけど、カッコいい。
この人ならって思える何かがある。こういうのを、カリスマ性って言うのかもしれない。
そしておれは、この人に信頼されている。期待されている。
それに、応えたい。


「ま、でもまだ小学生だし、そんなに期待はしてないから」


だから雰囲気ぶち壊しだって!


「でも、ほっとくとあの二人、病んじゃうから。ホント、よろしくね」
「うん。わかった」


女と男の約束だ。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く