うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

仲直りしたい……

「……まぁ、そりゃそうよね。そう思わない方がおかしいって。……おーい、柚莉菜?」


あまりにも予想外だったのか、柚莉菜はすっかり放心状態だった。


「……大っ嫌いって……初めて言われた。ハルちゃんに……。私……」


段々と、涙声になり、終いには泣き出してしまった。


「あーもう、ちゃんと謝れば許してくれるって」
「私の何がいけなかったのかな……」


桜莉菜は思った。ダメだ、こいつ……。


「あのなぁ、お前、無理やり男のカッコさせられたらどうだ? 下着までだぞ? ふつう、本当にあそこまでやるかよ」
「そっか……。嫌だったんだ……。どうしよう……、桜莉菜、どうしよう!」


柚莉菜はすがるように桜莉菜をゆさぶる。


「落ち着けって」


柚莉菜は初めてのことに、呼吸も乱れ、焦点も合わなくなっていた。


「いいか、聞け。まずはお前自身が、自分のしてしまったことの重大さを理解しろ。その上で謝るんだ」


この女、協力者だったくせに、偉そうである。


「そしたら、許してくれる……?」
「わかんないな。結構怒ってたし。あたしだって、あそこまで言われたことないしな」


柚莉菜は改めてことの重大さを感じる。


「まぁ、まずは心から、きちんと謝ってこい。それでダメなら、あたしがまた一緒に考えてあげるよ」


桜莉菜は、ぽんと妹の頭に手を置き、くしゃくしゃと撫で回す。


「お姉ちゃん……」


柚莉菜は姉の胸に飛び込み、ひとしきり涙を流してから、覚悟を決める。


「……行ってくる」
「一人で大丈夫?」
「うん、ありがとう、桜莉菜」


桜莉菜は、決意に満ちた妹の背をじっと見送った。
他人事のようだが、彼女も当事者である。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く