うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

お着替えタイム

「じゃあ、ハルちゃん、全部脱いで?」


帰ってきて第一声がこれだ。


「え……」
「脱がないなら、脱がしちゃうよ……?」


そんな風に色っぽく言わないでくれ。余計にドキドキする。


「わ、わかった、脱ぐからっ」


ユリ姉に見られながら、一つずつ脱いでいく。
サリ姉も、ユリ姉のベッドに横になりながら、その様子を傍観していた。


「まずはこれね」


淡いオレンジのパンツと、薄手のシャツのようなものを渡された。タンクトップよりもひもみたいになっていて、キャミソールというらしい。
……うわ、すごいぴっちりする。変な感じ。


「次はこれ」


淡い水色のブラウスと、白のミニスカート。
そしてその上に、デニム生地のジャケットを羽織る。これはサリ姉のチョイスだ。


「う〜ん! このままでもかわいいねぇ〜。こっちおいで、少しお化粧してあげる」


言われるまま、薄く化粧され、黒く長いウィッグを被せられた。


「はぁ……! かわいい〜!!」


ユリ姉に抱きつかれ、頬ずりされる。


「本当、ハルじゃないみたい」


サリ姉までそんなことを言っている。
でも、おれはそろそろ限界だった。


「……ユリ姉、もうやめてよ」
「どうして?」


当のユリ姉は、おれの様子など、関心がないようだった。


「おれが男だって、わかってるでしょ。おれのこと、少しは考えてくれてるの?」
「でも、こんなにかわいいのに……」
「だからっ! ……ユリ姉なんて、大っ嫌いだ!」


おれはそのままユリ姉の部屋を飛び出した。


マリ姉の部屋の扉を開けると、マリ姉はびっくりしたように、けれども優しくおれを迎え入れてくれた。


「あら、あなた確か、柚莉菜の……」
「ごめん……。マリ姉、おれなんだ」


おれはウィッグを外してみせる。と、マリ姉は目を丸くした。


「なんでそんな格好? かわいいけど」


そうは言っていても、おれの様子がいつもと違うと気づいたのか、いつもみたいに抱きついてきたりはしなかった。


「マリ姉……おれ、初めてユリ姉が嫌いになりそうだよ……」
「……何があったの?」


マリ姉はベッドに腰掛け、隣に座るように促す。それに従って、マリ姉の隣に腰掛けた。


「実は……」


これまでのあらましを説明すると、マリ姉は優しく抱きしめてくれた。


「そっか。辛かったね……」


今日のマリ姉も、エロくない。
マリ姉が落ち込んでいたとき、おれがしてあげたみたいに、優しく、抱きしめてくれたんだ。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く