うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

両手に花

「ねぇ、ハルちゃん。明日、お姉ちゃんとデートしない?」


唐突だった。だけど、断る理由なんてなかった。
だって、ユリ姉がおれとデートしようって言うんだ。断れるわけないだろ。


「いいよ。どこ行くの?」
「な・い・しょ」


その誘いに乗って行ってみると……。


「何でサリ姉も……?」
「悪かったなぁ、邪魔しちゃって」


全然悪いと思ってなさそう。


サリ姉はいつものように、長く伸ばした明るい茶髪をなびかせる。今日はオシャレなシャツに、膝下くらいまでの白いズボン、耳にはピアスもしてる。
さすがに高校生だけあって、オシャレだ。


ユリ姉も、やや茶色がかった髪をシュシュで結わえてルーズサイドテールにし、刺繍の入った白いブラウスに、膝丈の淡い黄色のスカートをひらひらさせている。
今日は心なしか、ほんのり化粧もしてるみたい。


この二人の美少女に挟まれて、おれは巨大なショッピングモールに来ていた。


「ハルちゃん、ちょっとちょっと」


呼ばれて行ってみると、明らかに女物のブラウスを手にしたユリ姉が、それをおれに合わせてくる。


「うーん、ちょっと違うかなぁ」


ようやく、おれはこのデートの意味に気がついた。
どうやらユリ姉は、おれに女装させるのがすっかり気に入ってしまったらしい。


「桜莉菜、これどう思う?」
「そっちの色の方がよくない?」


しかもサリ姉まで一緒になって、おれをマネキンにする始末。


「お二人さん、おれが男だって、知ってる?」


返事はなんとなく想像がつくけど、一応聞いてみる。


「知ってるよ?」
「……諦めなって。こうなった柚莉菜は誰も止められないから」


サリ姉で無理なら、そうだろうね。


「あ、このワンピースかわいい〜! これと合わせて……。あ、でもこっちのスカートもいいかも」


そんな調子で、一日振り回されることになった。
どうしてこうなった……。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く