うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

寝ちゃったね

「あーあ、寝ちゃったね」
「どうする? 置いてく?」
「桜莉菜、どうしてそんな発言になるのよ……」


ハルは桜莉菜の肩にもたれるように眠ってしまった。


「私会計済ませてくるから、ハルちゃんどうするか決めといて」
「はいはい」
「はいは一回」


めんどくさそうに返事をする桜莉菜をぴしゃりとたしなめる。
珍しく姉らしい茉莉菜まりなである。


「姉ちゃんはああ言ってたけど、どうするよ」
「負ぶってあげればいいじゃん。ちょうどいい重さなんでしょ?」


ちょっと拗ねたような柚莉菜。


「根にもってるのか。そういうの、嫌われるぞ」
「桜莉菜には嫌われても構わないし」
「しょうがねーな……」


起こさないようにそっと、桜莉菜はその背にハルを負ぶった。


「う……、ちょっと重い」
「そりゃ、食べた後だし。それに、寝てるから体重全部預けてるしね」
「あら、トレーニングしながら帰ることにしたのね」


茉莉菜が戻って来て、彼女らは店を出た。


「わぁ、月が綺麗」
「柚莉菜は乙女だね〜♪」
「そ、そんなことないですよっ。姉さん、からかわないでくださいっ」
「ふふっ、照れない照れない♪」
「うー、ちょっとハルちゃんの気持ちがわかった気がするぅ……」


「桜莉菜、大丈夫?」


気づけば彼女は、二人から少し遅れて後をついてきていた。


「大丈夫ではないけど……、これくらいでへばるわけには……!」


気合いを入れ直して、なんとか車まで運び込んだ。


「ふふっ、かわいいね。ハルちゃんの寝顔♪」
「姉さん、運転に集中してください」
「は〜い……」


家について、再び桜莉菜がハルを背負って運ぶ。
彼のベッドに寝かそうとするも、彼は桜莉菜にしがみついて離れない。


「ちょっ、こいつ……っ」
「一緒に寝てあげれば?」
「はぁ? まぁ、しょうがないか……」


渋々、桜莉菜は彼のベッドに添い寝するように横たわる。


「今日の桜莉菜、優しいのね。何かあったの?」
「う、うるせぇ。あたしはいつも優しいだろーが。とっとと寝ろっ」
「おやすみ、桜莉菜」


弟に抱きつかれながら赤面する彼女を見送って、茉莉菜と柚莉菜もそれぞれの部屋に戻り、床についた。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く