うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

夕食の相談

おれは小学生にして、スマホを持たせてもらっている。
母さんは家にいないことも多いから、姉ちゃんたちと連絡を取りやすくするためだ。


部屋でマンガを読んでいると、不意にスマホが鳴った。メッセージが届いたらしい。
見ると、家族のグループチャット(両親いないバージョンのグループ)でのやり取りだった。


茉『お母さん、今日遠征だから、私たちで外食してもいいって』
茉『何食べたい?』


外食かぁ。久しぶりだなぁ。しかも姉ちゃんたちと。
すると、早速だれかの返信。


桜『肉ならなんでもいい』
柚『じゃあ魚にしましょう』
桜『話聞いてねぇのかお前』
柚『魚肉ですがなにか(挑発するスタンプ)』
桜『(怒ってるスタンプ)』


二人とも、仲がいいんだか悪いんだか。


陽『魚と肉とどっちもあるところにしたら?』
桜『断固拒否』


なんでだよ……。


茉『ハルちゃんは何がいい?』
陽『ラーメン』
桜『まさかの第三勢力w』
桜『でもあたしはラーメンでもいい』


意外にも、サリ姉がおれに同調してくれた。


柚『私は回らないお寿司がいい』
茉『ふざけんな♪』
柚『ごめんなさい』
陽『ユリ姉はお寿司以外だと何がいいの?』
柚『サラダバイキング』
桜『雑草でも食ってろw』
陽『ユリ姉をいじめるな』
桜『あ?(怒ってるスタンプ)』
陽『何でもないです』


ごめん、ユリ姉。守れなかった。


茉『で、結局どうするの?』
茉『このままだとそれぞれ買ってきて食べることになるわよ』
陽『あのさ、ファミレスでよくない?』
桜『よくない』
柚『よくない』
茉『じゃあもう、じゃんけんで決めて』


すると、ユリ姉とサリ姉がおれの部屋に入ってきた。
って、みんないるなら直接話せよ!

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く