うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

第一次お姉ちゃん会議 第二部

「ところでさ、姉ちゃん今年のQS率どんくらい?」


女子野球におけるQS《クオリティスタート》とは、先発が5イニング以上投げ、かつ3自責点以内に抑えたことを言う。
QS率が高い投手ほど優秀というのは言わずもがな。


「う……、70ちょいくらい……」
「ふふん、あたしなんか、100パーだから。あ、もう空だ」
「はい。そりゃ、桜莉菜はここまで無失点なんだからそうでしょうよ」
「さんきゅ。そういう柚莉菜はどうなんだよ?」
「私、リリーフだし。姉さん、新しいの開けていいですか?」
「いいわよ。じゃあ桜莉菜、奪三振率はどうなのかしら?」
「それは……6.2か3くらい……」
「私は8.7よ。やっぱ三振たくさん取るような、魅せるプレーができないとねぇ。柚莉菜、私にもちょうだい?」
「はい、どうぞ。ちなみに姉さん、WHIPはいくらです?」


WHIPとは、一回あたりにどれだけのランナーを出すかを表すもの。WHIPが低ければ、それだけ点も取られにくいということ。


「……1.6」
「えっ、マジで? 1.6はヤバくない? あたしだって1.1だよ? っていうかこれうまっ」
「え、どれ? 言いだしっぺの柚莉菜はどうなのよ」
「これです。ふふっ、驚かないでくださいね。私、0.6なんです。奪三振率は8.9くらいですね」
「あ、奪三振率も負けた……」
「まぁまぁ、姉さんはまだまだ試合ありますし」
「防御率もどうにかしないとなぁ~」
「この前6失点で落ち込んでたもんね。ハルに慰めてもらってたし。めっちゃ面白かった」
「桜莉菜、あんまり姉さんをいじめないで。桜莉菜だって、プロに行ったらボコボコにされるかもなんだから」
「はいはい。柚莉菜は高校どうすんの? あたしと同じ駒越? それとも姉ちゃんと同じ霧島大三高?」
「んー、まだ考え中。私にとっては、野球だけが大事じゃないから。あ、最後の一個、もらっていいですか?」
「いいよ。お菓子も大事だもんね♪」
「そういうことじゃないですっ」


三人のおやつパーティーは、この後も続いた。あれ、会議ってなんだっけ。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く