うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

勝利投手の余裕

「おい、ハル。ちょっと来い」


いつものだ。今日は何をされるんだろう。
二階に上がろうとすると、上からサリ姉が降りてくる。


「あたしの部屋じゃない。出かける」


あ、荷物持ちってことか。その一言ですべてを察せる自分が悲しい。


「え、でももう外暗いし……」
「怖いのか?」
「サリ姉ほどじゃないよ」


上からげんこつを落とされた。
……生意気なこと言いました。すみません。
でも、今日のはあまり痛くなかった。


もうすぐ夏だっていうのに、サリ姉は薄手とはいえ丈の長いズボンに、上はカーディガンまで羽織っていた。


「冷え症?」
「うるさい」


目的地は近くのコンビニ。店内に入るなり、サリ姉は適当にお菓子を物色し始めた。


「おい、何かほしいもんあったら入れろ。遠慮しなくていいから」


サリ姉の場合、遠慮してもしなくても殺されそうなんだよなぁ。
でも、せっかくの優しさだ。裏がないと信じて、ありがたく受け取ることにしよう。
おれはバニラのアイスを、そっとサリ姉のカゴに入れる。


「あとはいいの?」
「うん」
「わかった」


会計を済ませたサリ姉は、レジ袋をおれに差し出す。やっぱり。


「今日の試合、また完封コールドだったよ」
「すごいじゃん。まぁサリ姉だったら、それくらい当たり前かもしれないけどさ」


去年もそうだった。駒越高校はメチャクチャ強い。全国でもトップクラスの強豪校で、サリ姉はほとんど失点したことがない。


「この前、練習付き合ってくれたでしょ?」


あのこと、覚えてたんだ。


「あたしが勝てたのは、あれのおかげかもしれないからさ。今日はそのお礼」


おれはびっくりして、思わず立ち止まってしまった。
サリ姉がそんなことを言うなんて……。本物か……?


「な、何よ……」
「今日のサリ姉、なんか変だ」


今日はなんか、かわいい。いつもこうだったらいいのに。


「うっさいな。いつもみたいに殴られてた方がいいってわけね。わかったわ」
「違うって! あ、待ってよ、サリ姉!」
「この桜莉菜様の荷物持ちさせてもらってるんだから、感謝して歩きなさいよ」


……やっぱりかわいくない。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く