うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

敗戦投手の憂鬱

「ハルちゃ~~んっ!!」


ああ、またいつものあれか……。と思ったら、今日のマリ姉は様子が違った。
声に力がないというか、エロくない。


「ど、どうしたの……?」
「あのね、聞いてくれる……? 今日、先発だったんだけど……」


マリ姉は女子プロ野球選手だ。那覇コーラルというチームで今年からエースという、実はすごい人なのだ。


「負けちゃったのっ! しかも六失点だよっ? 私、今年からエースなのにぃ……」


こういうときだけは、なんだか支えてあげたくなる。僕の方がずっと年下なのに。


「そっか……。でも、気持ちを切りかえなきゃ。マリ姉はプロなんだから」
「わかってるよぉ……」


おれに抱きつくマリ姉の頭を、優しくなでてあげる。
野球をやってないおれには、マリ姉の気持ちはわからない。
たぶん、悔しいのだろう。悲しいのだろう。想像もつかないような思いを抱えているんだろう。
でも落ち込んでいるときは、姉も弟も関係ない。元気な方が落ち込んでいる方をなぐさめてあげるんだ。それが、姉弟ってもんだよ。


「マリ姉は大丈夫だよ。だっておれの姉ちゃんはすごいんだから。今回は負けちゃったかもしれないけどさ、次は絶対勝ってみせてよ!」
「……うん。ありがとう、ハルちゃん。もうちょっと、こうしてていい?」
「いいよ」


今だけは、マリ姉に抱きつかれていても、ドキドキしなかった。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く