うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

続・バレる? バレない?

「ユリ姉、タネ明かししなくてよかったの?」


おれの質問に、ユリ姉はふふっと柔らかく笑って、頭をなでてくれた。


「してほしくなかったでしょ?」
「うん。助かったよ」


「今度は桜莉菜さりなのところも行ってみよう」


あんまり行きたくないけど、どんな反応するのか気にはなる。
あ、でもバレたら何されるかわからないし……。でも……。
そんなジレンマに陥っていると、もう後戻りはできなくなっていた。


「桜莉菜、入るね」
「柚莉菜、ノックしてから入れって、いつも言ってる。……その子は?」


とりあえず一目で見やぶられたりはしなかった。


「この子、知らない?」
「ん~……」


マリ姉と違って、顔だけ凝視される。ただじっと、見つめられる。
手に汗がにじんでくるのがわかる。サリ姉とは向かい合ってるだけでも怖いって。


「……ハル?」
「え?」
「怯え方がそっくり。そもそも、なんであたしに怯えるのよ」


そんなところでバレるなんて……。


「それは桜莉菜が素で怖いからでしょ」
「は? で、誰?」
「ハルちゃんだよ?」


バラしちゃうのかよ!
そしてさりげなく威圧をスルーするユリ姉。さすが。おれにはできない。


「ふーん。なかなかいいじゃん。女が本職のあたしよりかわいいのはムカつくけど」


じゃあ今のおれは、男が本職で、女がサブクラスみたいなもんってこと?
っていうか、褒められたし。なぜだし。


「でしょー?! かわいいよねぇ~。見てるとさぁ、あれも着せてみたいし、あれも似合いそうだなぁとか考えちゃったり……」


そこまで言って、ユリ姉は我に返ったように顔を真っ赤にした。


「柚莉菜にそんな趣味があったなんてねぇ。ちなみに……」


と、サリ姉が足でおれのスカートをめくった。


「な、何すんだよっ?!」


さっと、裾を押さえてしまうあたり、おれもこの格好になじんでしまってるみたいだ。


「さすがに下は男物なんだ。てっきり柚莉菜の履かせてるのかと」
「そ、そ、そんなわけないでしょっ」


ますます赤くなって、口をパクパクさせるユリ姉。かわいい。サリ姉もわかっててやってるのかな。


「そんな中途半端でいいの~? とことんこだわるべきじゃない?」


サリ姉が挑発するように言う。やめてくれよ……。そんなこと言ったら……。


「……わかった。今度はちゃんとする」


ユリ姉の女装魂に火がついてしまった。
ああ、おれはユリ姉にもおもちゃにされるのか……。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く