うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

巨乳は無条件にエロい

マリ姉と一緒にいると、なんだか落ち着かない。


「ハルちゃ~ん、お茶とって~」


とか言いながら、ソファから降りずにめいっぱい手を伸ばす。前かがみになっているせいで、シャツの首元から肌色の谷間がのぞき見える。
自分で取れよ、と思いつつも、おれはその手にコップを渡してあげた。


「ありがと~♪」


なぜか頬をなでられた。頭じゃないのか、ふつう。


マリ姉は何をするにしても、いちいちエロい。


まず胸がでかい。おれの顔を完全に飲み込むぐらいだ。あれはヤバい。


「ハルちゃ~ん♪」


そんな甘ったるい声を出しながら、ぎゅってされると、心臓が暴れて落ち着かなくなる。
顔も燃えるように熱いし、体温が上がっていくのが自分でもわかるくらい。


「……マリ姉、苦しい」


ドキドキするからやめてくれ、とは言えない。
……だって、変態だと思われたくないじゃん。


「かわいいなぁ、そんな照れなくてもいいのに~」


抱きしめる力がふっと弱まって、少し落ち着いてきた。
ふと見上げると、マリ姉がおれの顔をじっと見つめていた。
目は大きくて、にっと笑うとえくぼができる。化粧、してないのかな。肌はそんなに白くないけど、柔らかくてすべすべしている。


「マリ姉、おれをおもちゃにすんなよ」
「してないよ~。ついついぎゅ~ってしたくなっちゃうんだって」
「それをおもちゃにしてるって言うんだよ」
「あーあ、昔は“お姉ちゃん大好き~!”って、ハルちゃんの方からぎゅ~ってしてくれたのになぁ」


いつの話だよ……。
おれだってもう十二になるんだ。そういうのは卒業したいんだよ。


「さびしいなぁ……」


その年がいもなくしゅんとする姿を見て、なんだかこっちが悪いことをしているような気がしてきた。
いやいや、待て待て。これはマリ姉の罠だ。ここで折れたら、おれは何も変わらないじゃないか。
おれはじっと我慢して、マリ姉の様子をうかがってみる。


「あーもう、家の中なんだから、遠慮することないのに~」


……それもそうかもしれない。
マリ姉がおれの頭を抱くと、目の前にぐっと肌色が迫って、柔らかいふたつの果実に飲み込まれる。


「……マリ姉、ぐる゛じい゛」

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く