うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

続・ハードトレーニング

「サリ姉、大丈夫?」
「……余計なことすんな」


そんな……。サリ姉が心配だったから、おれは……。


「でも、まぁ、ハルにしては気が利くな。……ありがとう」


視線をそらしながら、サリ姉はつぶやくように言った。最後の方はすごくか細い声だったけど。おれは聞き逃さなかった。
疲れて顔が赤くなってるのもあって、今日のサリ姉はふつうにかわいかった。


「ふー、続き、するか」
「えっ!? まだやるの?」
「当たり前だろ。足、押さえて」


言われるがまま、膝を曲げて仰向けに寝そべるサリ姉の足を押さえた。
すると、上体を起こしては戻し、起こしては戻しを繰り返す。
起き上がってくるときに、顔が近くなるのが、ちょっとドキッとする。しかも起き上がるたびに、胸がぷるんと揺れる。マリ姉ほどじゃないけど、サリ姉もじゅうぶん大きい。
サリ姉はふつうにしてればかわいいんだ。ただ、暴力的じゃなきゃ。


「……どこ見てんの?」


視線に気づかれてしまった。
ヤバい、殴られる……! 咄嗟に手を離して頭を押さえると、お腹を蹴り飛ばされた。


「手を離すな。もう一回押さえろ」


おれは渋々言うとおりにする。
さっき蹴られた時に、背中をぶつけたところが痛い。お腹も痛い。
暴力的じゃなきゃ、かわいいのに……。


「……よし、もういいぞ」


やっと解放されて、おれはへなへなとその場に崩れるように座り込む。


「あたしはまだやるんだよ。ハルの出番は終わりだから、居ても邪魔だし、出てって」


ひどい言い草だ。おれをなんだと思ってるんだ。
おれはサリ姉の道具じゃないんだぞ。
もう二度と協力なんかしてやらないからな。
何も、言えなかった。
くそう、……サリ姉のバカ。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く