普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?

ノベルバユーザー210019

08 普通に先代を末代まで呪う系ベイビー


「──ちゃんっ!───ちゃんっ!授業終わってるよぉーっ!おーいっ!」
なんだか物凄くやかましい。 
あかんぼは寝ることがお仕事であり義務であり、そして何よりも普通の事なんだから、それを起こすなんてさぁ、もうそれ………
「んん…んっ……さ、三角木馬の刑だよぉおおおおっ!!」
「ひやぁあっ!?なにっ、なんの話っ!?まだ、寝ぼけてるのぉ!?」
「うぅうう……うん?……あれ、みぃちゃん?うん、なんで?どゆこと?うん?」
あれ…!?えっ、ちょっと?ちょっとちょっと?私成長してませんかぁっ!?間違えた、元に戻ってませんかぁ!?体もおっきいし胸あるし、髪の毛も黒くてジャストな長さのセミロングでしっかり整ってるし!
えっ!?夢っ!?!?!?うっそ、えぇっ!?
「う、うそでしょう……?」
「いや、嘘じゃないから。もうお昼だよ!」
いやいやいやいや!……いやでも私としては万々歳じゃね?これ私普通に戻った……いや元から普通だけどねっ!?こ、これは普通に普通を上書きした!?
おっほ!やたーっ!私は普通に上書きしたぁぁっ!
「うふ、うふふふふっ!見て見て私普通」
「はいはい普通普通。」
あーっ ♪ 普通だよぉーっ ♪
「そういえばあっちゃんは?」
「何いってるの、あっちゃんはいつも先に購買でパン買ってくるじゃない?まだ寝ぼけてるの?」
「そっか、そうだよね。私ったら普通すぎてうっかりうっかり。」
「はいはい普通普通。」
あぁああ、この木と鉄でできた机と椅子っ!若干白い粉が残る汚い黒板っ!そしてこの大きすぎず小さすぎない普通のサイズの胸っ!!うん、我ながら普通の感触だ………
「え、何してんの……あんたほんと大丈夫?保健室行く?というか行こ?流石にその行為はちょっとまずくない………?」
「大丈夫っ!確認してるだけだからっ!」
「な、なんのさ………」
あーっ視線も高いっ!60センチしかなかったあの日々が嘘のように世界は広いなぁっ!うはーっ!窓を開けたらそこには立ち並ぶ現代建築の山!高層ビル!そして電車っ!!うふふふふっ!これぞ普通の世界っ!私の住まうべき世界よぉおお普通ばんざ───
「お待たせぇっ!ちょっと購買の方、人が多かったから──ぬぉおおおおおっ!!リリィィイイイイ!ルティスゥウウウウウウっ!!会いたかったゾォおおおおおおおおおっ!!!!!」
ギャァァァアァァアっ!?顔がおっさんにぃいい──
ーーーーーー

目の前に怖そうなムキムキ中年男性がいました。
手がちっちゃい、足がちっちゃい視界が低い……
胸がないっ!!!!!なぃいいいいっ!! あれは夢だ……夢だった事自体が夢だった………
なんで、どうして?どうしてそんな酷い夢を見せるんですか神様、あなたぶっ殺して磔にしますよ?というかこの人なんなのっ……あなたのせいで最低に気分の悪い目覚め方をしましたよ……もうっ!もうっ!
──もう、やだぁっ………!
「ひぐっ……うぇ……」
「あ、ちょっ!お爺ちゃん、離して下さいっ!リリィちゃんが……!」
──ビェエエエエエエンッ!!アンギャァァァアァァアっ!
あんまりだよぉおおっ!ぬか喜びさせておいて、前世の友達の顔がいきなりむっさい中年オヤジに変わった挙句、夢だったことが夢でしたっ!?
「イギャァァァァァァァァアッ!──」
なんだそれええええええっ!
「!?!?!?なんだぁっ!?リリィイイイイ!!!!どうしたぁあああっ!?ぬぉおおおおおおおっ!!どこか痛いのかぁぁぁぁぁぁぁあ!!!?!?」
心だよぉっ!
もうやだっやだやだやだっ!嫌ダァぁぁぁぁぁぁあ!!
「やぁあああっ!!やぁああああああっ─!」
あぁんまりだぁぁぁっ!!
「ちょっと、リリィっ!?あぁっ!もうこんなに目を腫らして……よしよし、もう大丈夫……大丈夫だからねぇ………ちょっとお父さんっ!リリィに何したのっ!?」
ぐすっ……その人痴漢なんです。寝てた私の事をいきなりガバってして、おっきな声で辱めるんです……まだ、0歳なのに………
「そ、そそそその勢い余って寝とるのを起こしてもうたというか……あ、ああっと悪気は無かったんだ……ほんとだぞっ!?あぁっリリィイイイイ!済まん、済まんかったぁぁぁぁあっ!!」
やだ、許さない。八つ当たりだもん。もう、この怒りはお爺ちゃん一人を贄にしないと治りません。
普通な私はあなたの犠牲で成り立ちます。あんぎゃあ。
「うぅう……やぅううう」
「ほーら、大丈夫よー。せっかく気持ちよく寝てたのに……ごめんねぇ、こんな最低なお爺ちゃんで……」
「うぐぅうう………済まんかったぁぁぁぁあっ……」 
謝って済むなら転生なんてしてませんもん!べーっ!
「お父様、気持ちはわかりますけど。この子たちもまだ1歳にすらなってないんですから……ルティ?ルティスぅー?……あぁ、だめねこれ。お父様に驚いたというかこの子、さっきからリリィの事じっと見つめて動かないわ。リリィの泣き様に驚いて固まってるみたい………」
「ああああ……済まんかったぁぁぁぁあっ……」
「今のはお爺ちゃんが悪いよね?」
「うん、今のはお爺ちゃんが悪いね。」
そうよ、私が転生したのも変な夢を見たのも全部、ぜーんぶお爺ちゃんのせいだもん!ばーか!ばーか!

ーーーーー
「それで、父さんは凹んで走り去っていったのか」
「うん。まぁ、そのうち帰ってくるでしょう。あんな人しらないもんねーリリィ〜 ♪」
「ううやぁぅ………」
「まだ御機嫌斜めかぁ………それにしても、本当に大泣きしたの久しぶりねぇ、びっくりしちゃった。」
私だって、自分がこんなに泣くなんて思いませんでしたもん。死んだって聴いた時も泣かなかったもん。何が哀しいってそりゃ貴方、普通の人生が恋しくて哀しいんですよ。えーん、です。えーん。
「父さんの顔が怖かったんだろう。ああ、見えて中身は子供のような人だがな。」
「ううぅ……うやぁあああっ!」
「ふむ、リリィは理解しているかのように返事をするな。」
えっほっ!?そ、そそそんな事はないですよ?わ、わわたし普通ですしっ!?ねぇ、普通だもん!  とりあえずママさんの胸の中に隠れとこっ
「穴に隠れるウサギのようだな。」
あら本当?嬉しい。うさぎは普通だから好き。
「うふっ、可愛いでしょウチの娘。」
「小さい頃のお前にそっくりだ。」
へーそうなんだ。そっか、この人ママさんのお兄さんか。仲良いのね。
「でましたね、貴方お得意のシスコントーク。」
「だ、だからそれはやめろとっ!」
シスコンなんだ。へー。ほーん。
「ル、ルティスも可愛いもんねぇー!ほら、お兄様見てくださいっ!ぽやぁっとしてて可愛いでしょう?」
「う?」
エミリーさん、そんな必死にならんでも。貴方の息子は心配になるけど可愛いよ、赤子の私が言うのだからまちがいないですよ?
根拠はない。


「普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く