普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?

ノベルバユーザー210019

07 リリィ式a little 普通じゃないローラー作戦


「ぉ、おぉう……」
その、なんというかですね。取り敢えず本当に普通の生活というものを返して頂きたいとわたくし切に願っております。かなり本気で。
そりゃいつも本気で普通を願ってますけど、今日はその軽く5倍は願いが強いですよ。ぶっちぎりで。
ねぇ、ママ?ママの実家ってね。
───どうしてこんなに大きいの?
いや、いやいやいや、何この絵に描いたような豪邸。お世話しゃんがいる時点で変だとはおもったのよ?それがなくともママさんもパパさんも若いのに立派なお家に住んでらっしゃるし、うん。
いやーでもこれはちょっと……ないわぁ………
なんかもう頭がショートしそう。普通がどんどん私の元から離れていくの、泣きそう。おんぎゃあ。
現実逃避にママさんのお胸の中でぐしぐし潜り込んでたら誰か来ましたよ?、若い女の人です。
「あら……?あらあら!早かったのねーっ!おかえりーっアリシアっ♪ エミリーっ♪」
スタタタっ──ガシィッ!!
「あっ!お母さ──ぐふぅっ!?」
苦じぃっ……私もいるのっ!潰れちゃうっ!?──よく見たらエミリーさんも一緒に巻き込まれてるし、ルティスくんも私と似たようなプラス状態になってるけど!何でっ!?なんでこんな時もそんなにぽやぁっとできるのぉーっ!?貴方やっぱりおかしいよーっ!?
「ちょっと、お母さんっ!リリィとルティスが潰れちゃうから落ち着いて、ほら離してーっ!」
「お、お母様っ落ち着いてくださいっ!」
「もーっ!エミリー?そんなに堅くならなくていいっていっつも言ってるでしょう?ほーら、ママってよぶのっ!」
「マm……お母様っ!そろそろ離してくださーいっルティが潰れちゃいますーっ!」
「う?」
御宅のお子さん余裕綽々ですけどね!
ーーーーー
本気で死ぬかと思いました。本気と書いてマジです。
ママさんのお母さんって私のおばあちゃんなんですよねぇ。そうだよねぇ、私のママってまだ20歳だもんねぇ……おばーちゃんがどうみてもおねーさんにしか見えなくてもおかしくない……いや、普通じゃないよねぇっ!おかしくないっ!?なんか、流されかけたけど普通じゃないですよねっ!
あぶねーっ!なんだよチクショーっ!
「リリィちゃんもルティスくんも大きくなったねぇっ♪」
──むぎゅうううう
「お、お”ぁあああ」「う?」
苦しいです、お祖母様。  
「アルスちゃんもまた大きなったねぇっ!」
「うんっ!おばーちゃんはきれいだねっ!」
ほぉ?お兄ちゃん、なかなかやりますねぇ。その歳にして年上キラーですかぁ?
「やぁーんっ!もうっ可愛いっ♪」
──むぎゅう
「ぐひゅぇっ!?」
今、すごい声出たよね。というか、それ肺から空気が出た音よね?普通に大丈夫じゃないよね今の。
ぐひゅぇって。
「お母さんっ!?アルつぶれちゃうでしょっ!」
「あら、いけないっ!ごめんなさいねー……だって、この子可愛いんだものー♪」
ちょっとあの、テンション高すぎませんか?
私もよくいわれたもんですよ?普通にテンション高いよぅっ!普通に落ち着いてよぉっ!って。もう少し普通に、普通にぃいいいいっ!──いてててっ!?
「リリィちゃんも、ルティスくんもよーっ♪」  
──むぎゅうーっ!
「ぅ”ゃぁああぅ」「う?」
「もうっ!」
大母様は見た目だけでなく、中身もかなり若いみたいです。お祖母様というのも烏滸がましいので大母様とお呼びします。
おや、奥の方に誰かいますよーっ?
──タッタッタッ
「あら、テレスくん?久しぶりっ!私のことわかる?」
「おぼえてますっ!叔母さんのアリシアさんっ!」
ほぉん?叔母さん?ほぉん?
「おばっ!い、いや本当の事だからいいけど……やっぱりしっかりしてるわね、ユルト兄さんそっくり」
「うーー?」「………」
「そうねぇ、この子はねテレス君って言ってあなた達のいとこなの。って言ってもわからないかっ!」
「あーうー?」「…………」
あちゃあ、ルティスくんぽやぽやモードですか。
ママさんっ!安心してください、私はルティとは違って普通にわかりますよっ!※普通はわかりません。
6歳くらいかなぁ、なんだかすごくしっかりしてるなぁ、普通以上に。ねぇ、この家普通の子いないの?ねぇ?私しかいないの? ──ん?あなた達のいとこ?へ、なんで?
「この子達がリリィちゃんとルティスくんですかぁ?あっ僕、アルスくんはおぼえてますっ!」
「そうよー。そだ、この子達の面倒みてくれる?私達パパとママとお話してくるから」
「はいっ!」 ーーーーー
私とルティス君はおっきなお布団の上に居ます。
これがふかふかで気持ちいいんですよー。いっつも赤ちゃん用のベッドの上だったから少し目線が高かったのだけれど、こうして床にいると私って本当に赤ちゃんなんだなぁって改めて感じます。
──はやく、成長したいなぁ。
「ねぇねぇお兄ちゃんっ!おじーちゃんはっ!?」
「おじいちゃんはね、今お仕事なんだって。だから僕と遊ぼっか」
「やたーっ!」
アルスお兄ちゃんの事はテレスお兄ちゃんに任せておいて良さそうです。テレスお兄ちゃんはかなりしっかり者みたいですねぇ。
私的には大人達のお話を聞きたいんだけどなぁ。
『あなた達のいとこなのよー!』 ママさんのあの発言もそうだけど、大母様とエミリーさんのやりとりと雰囲気とか見ていて、やっぱりただのお世話さんではなさそうだもんねぇ。──ママって呼びなさい!なんて普通言わないよねぇ。
でもエミリーさんとママさんに血の繋がりはなさそうだしなぁ……やっぱりこの家の赤子としては普通に気になりますなぁっ!
ていうかそうなるとルティと私もいとこ同士?
ねぇルティ、私達いとこらしいよ?と視線を交わしてみますが、普通に伝わらないか。この役立たずめ!
気になるなぁっ!もうっ!この好奇心をどこにぶつけてくれようっ!
「………う?」
うーん、ルティでいいやっ!にじり寄って……足を狙って……えいっ!
「やあああああっ!」
「う?……うゃーっ!」
ははははっ!捉えたぞっ!いくらもがこうがっあーっ!抜けられたぁああっ!
おぉおおっ!高速ハイハイっ!?これはすごい技がでましたねぇっ!いいでしょう。私にも考えはありますよ。ふふふふ……寝転んでそのまま
──ゴロゴロゴロっ!
「ひょやあああああああっ!」
「う?……おゃぁぁぁぁっー♪」
ははははっ!私の機動性を舐めるなよぉっ!
なんてったって私は普通である為に普通を捨ててa little 普通じゃないを極める女ですからねぇえええっ!※本人は至って真剣です。
「えぇ……最近の赤ちゃんってすごいなぁ……」
「リリィ可愛いなぁ……」
「ほ、他に思うことはないのっ!?」
いひひひひひっ!まてーっ!!
「お”ぁあああああああっ♪」「やぁああああああっ♪」
転がり過ぎで盛大に酔いました。ルティス君は疲れて寝ました。

ーーーーー 

──バタバタバタバタバタバターっ!ドタドタドタドタっ! 「ねぇ、なんだか子供達やけに賑やかじゃない?」
「アルかなぁ。ほら、最近騎士ごっこにハマってるから、あの子」
ほ、ほんとにアル君なのかなぁ……もしかしてあの二人なんじゃ………?いやいやいや、何いってるのを私。あの子たちはまだ1歳にもなってないのよっ!?
「テレスだけでお守り大丈夫かしらねぇ……」
「騎士ごっこか……なら私が基礎か──痛い痛いっ!やめてくれサリナっ!冗談だ、冗談!」
『……どーだか。』
「あ、ははは……お変わりないですねお兄様」
「そ、そういえば父さ──
『ぬぉおおおおおっ!!リリィィイイイイ!ルティスゥウウウウウウっ!!会いたかったゾォおおおおおおおおおっ!!!!!』
──ビェエエエエエエンッ!!!ギャァァァアアンッ!!!
「あら?ルティかしら?」
「お父様にびっくりしたみたい……あれ?でもなんかルティにしては………!違うよっ!これリリィだよぉっ!ルティじゃないっ!!」
「……えっ!?嘘ぉっ!!あ、本当っ!えーっ!?あの子最近しおらしく泣くから、こんなに大声で泣いた事ここ数ヶ月なかったのに………」
『!?!?!?なんだぁっ!?リリィイイイイ!!!!どうしたぁあああっ!?ぬぉおおおおおおおっ!!どこか痛いのかぁぁぁぁぁぁぁあ!!!?!?』
お、お父様ぁ……それは逆効果です……
「ごめん、エミリー。お父さん引き剥がすの手伝って……」
「うふふ〜♪……赤ちゃんを泣かせるなんて少しお仕置きがいるかしらぁ…?」
「あ、相変わらずですね………」
「あれは、父さんが悪い。」



「普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く