話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?

ノベルバユーザー210019

1章 普通すぎるキャラクター紹介の陣

──やぁ、どうも。
もうこの段階においてあの子を転生させたのは禁断の果実をうっかり与えちゃった時レベルで後悔しているともっぱら噂の──神です。
なんかさぁ、再登場するかも?とか無責任な事をバカが言ったそうでね?まぁ気は乗らないけどアレを転生させてしまった償いとしてぇ、えーと、僕が登場人物の紹介をしていくと。まぁそう言う事だよ、うん。
と言うわけで、短い間ですが私が司会進行を務めさせていただきます。
はい、ぱちぱちー。──誰もしないっと。
じゃあ、まず始めにこの世界について少しだけ説明を入れておこうと思う。ここは異世界ウェンストヘミア、そして舞台はエレアスラルドの王都クルトール。
暦に関しては現世界とほぼほぼ同様と考え頂いて構わない。まぁ私は地球の管轄しか持ってはいないんだが、基本的に神の想像する世界とは似通った形式を流用しているパターンが多い為、世界の作りに関してだけはどうしても共通してしまうんだなぁ。まぁ、神にも異動とかあるからさ、異動先の仕組みが根底から変わってると引き継ぎに困るでしょ?そう言う事だよ。ちなみに今は4月だね。

ーーーーー

《リリィ・ステアフィール》
年齢:0歳6ヶ月容姿:金髪 蒼翠瞳 容姿ランク:推定S+誕生日:10月11日誕生花:ユリ身長:65センチ特技:平均値を叩き出す事好きなもの:普通嫌いなもの:アン普通 ノット普通
本編の主人公こと少女Aの転生後だね。転生システムは出生してすぐは普通の赤子として成長させ、母親に不信感を抱かせないように2ヶ月のスリープ期間を設けている為、例に漏れず少女Aも意識を持ったのは2ヶ月後になるんだ。
前世では、生を受けたその瞬間から普通に目醒め、己に関するあらゆる事象を自力で普通な物へと導いたかなりヤバい少女。その特殊性故に色々ありましてちょっと2回目の人生では普通をやめていただくことになったが、本人は懲りずに普通を目指している。彼女の思惑とは裏腹に元々のポテンシャルが非凡すぎる故にはたから見ればあきらかに普通ではない行動を繰り返すイカれたベイビーへと成り下がったそうだ。あくまでも彼女はそれを普通だと言い張る。
では本人に一言。
『普通の普通による普通の為の普通ですよ?』 《ルティス・グランデ》(ルティス、ルティ)
年齢:0歳8ヶ月容姿:薄蒼髪 橙瞳 容姿ランク:推定A ?誕生日:8月1日誕生花:アサガオ身長:70センチ特技:無我の境地ぽよぽやモード好きなもの:リリィとのお遊戯、エミリー嫌いなもの:キュウリ
リリィの母親の付き人、エミリーの一人息子だよ。垂れ目がちな瞳にだらしなく開いた口がなんとなくふにゃふにゃしてると言いたくなる雰囲気を醸し出した放心状態である事の多い赤子。この子もこの子でかなり変わった子だけれど、リリィと違って純粋な赤子である、これ大事。
『…………う?』
《アリシア・ステアフィール》(ママさん、アリシア)
年齢:19歳 容姿:金髪 蒼瞳 容姿ランク:推定SS+誕生日:5月2日誕生花:スズラン身長:158センチ特技:編み物好きなもの:家族、甘いもの嫌いなもの:辛いもの
この若さにして2児の母という驚異的な人だ。かなりの美人、いや美少女でも当たり前に通用する美貌の持ち主。基本的に長めの髪をハーフアップにしている。付き人のエミリーとの主従関係は無いに等しく、彼女の事を妹だと言うが、今の所彼女達の関係は不明。

『うーん、マフラー縫いすぎちゃった……?」

《エミリー・グランデ》(エミリー、お世話さん)
年齢:18歳容姿:蒼髪 茶瞳 容姿ランク:推定SS誕生日:6月26日誕生花:アジサイ身長:150センチ特技:家事全般好きなもの:家族、仕事嫌いなもの:特別扱い
幼い頃からアリシアの侍女として一緒に育ってきたらしく、彼女達の間に主従関係はほぼ無いに等しい。付き人になった経緯も彼女達の関係性も今の所は不明。付き人の仕事が好きでアリシアの家の家事全般を手伝っているが、はたから見れば仲良く同居している姉妹にしかみえぬという始末。

『ふんふーん♪──ひゃあっ!?……あれ?い、いまリリィちゃんがタップダンスしてた気が………』

《アルス・ステアフィール》(アルス、アル)
年齢:3歳容姿:薄緑髪 蒼翠瞳 容姿ランク:推定S誕生日:4月5日誕生花:カイドウ身長:90センチ特技:かけっこ好きなもの:家族、騎士ごっこ嫌いなもの:トマト
アリシアの息子、リリィの兄。普段は幼稚園に通っている為かあまり本編に出てこない可哀想な兄。初めての兄妹にあたふたしながらもリリィの可愛さに現時点でメロメロになりつつあり、このままぇはシスコン路線を一直線に行きかねないやばい兄。現状は純粋に可愛いと思っているだけなので救いがないわけではない。

『リリィ可愛いねぇー、なでなでー!』

《キース・ステアフィール》(キース、パパ)
年齢:20歳容姿:緑髪 翠瞳 容姿ランク:推定S+誕生日:8月25日誕生花:ヒオウギ身長:178センチ特技:剣術好きなもの:家族、稽古嫌いなもの:師匠
リリィ、アルスの父親。宮廷に勤める現役の騎士であり、エミリーの夫であるヴェルスは同僚でもあり幼馴染でもある。ようやく登場させてもらえたかと思えば我が娘との絡みは完全にカットされ、挙げ句の果てには騙され帰省さえも共にできぬという仕打ちを受ける。本人は噂になるような事をした覚えはないというが、秀でた容姿の事もありヴェルスと共に人気が高かったり、隊長に腕を認められたりとやる事はやっていたりする。

『くっそあのジジイめぇ………』

《ヴェルス・グランデ》(ヴェルス、ヴェル、ルティスパパ)
年齢:20歳容姿:薄紫髪 橙瞳 容姿ランク:推定S+誕生日:9月30日誕生花:スギ身長:180センチ特技:槍術好きなもの:家族、稽古嫌いなもの:師匠
ルティスの父親。キースと共に宮廷に勤める現役の騎士。キース同様不遇な扱いを受けた哀しい人達と言える。頼れる縁の下の力持ちタイプで、表立って皆を引っ張り上げるタイプのキースをいつも横で支えてやっているただのいい奴らしいね。これからの活躍に期待しよう。

『あぁ……ルティスに会いたいなぁ………あぁ……』
ーーーーー

まぁ、一先ずはこんな感じだろうね。まだまだリリィの人生は始まったばかりだ、これからもどんどん彼女の周りには人が増えていく事だろうが、その時はまぁまた僕が出張る事になるんだろうね。正直に言うと本当にめんどくさいんだけど、まぁ一度引き受けた以上とことん付き合うとしようか。
───それではまた会おう。








「普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く