普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?

ノベルバユーザー210019

04 圧倒的に普通を極めた情熱的アピール(本人談

──赤ちゃんが、遊びに来ました。
はい、私も赤ちゃんでした。多分この子は男の子ですねっ!お目目もクリクリしてて可愛らしいですけど、何処となく男の子っぽさがでてますから!なんか口がふにゃふにゃしてる。ぱかぁって開いてるよ、大丈夫?よだれ垂れない?それ。
あ、垂れた。
お世話さん……名前は多分エミリーさん。このぽやぽやした子は彼女の息子さんだと思う。エミリーさんが少し濃い青色の髪に対してちょっと薄い青空色っぽい髪色と、ちょっと垂れ目で天然そうな所がそっくりだから。
ウチのママさんとお話してるのを聞いた事があるから何となく知ってるんだけれど、確か2ヶ月くらい私より早く生まれてるそうなんだぁ。
ねえ、聞いて。この子ハイハイできるんだって。
「ぁー……うぉぃ」
羨ましいなぁ、できない事はないと思うけど私は普通に成長するからまだやらないもん!じゃなくて、できないもん!私は普通に成長しますから!
「ルティスって言うんだよー、リリィちゃん仲良くしてあげてねー!」
この子、なんというかすごくぽやぁっとしてるんですけど、もしかしてこれが普通の……いや、ぽけーっとしすぎだよねっ!少し変わっているんだよねっ!?きっと!うんっ!私は騒ぎすぎてなんかないね!うるさい?ぶっとばしますよ?
「あー!おぁーーっ!」
「…………」
──全然反応しないよっ!起きてる?おーい、起きてますかー?ちょっと、仕掛けてみましょうか。
左手を上にあげてー……でりゃあああっ!
──ぱふっ「…………」
口ぱかぁ、よだれダラァ。
なんだこの子、普通じゃないよ!ほっぺた凹むくらい押してるのに全然動かないし、私の事をじーっと見てるのに全く反応しないんだけど?口もふにゃふにゃとしてるだけで動かないし……生きてる?大丈夫?
こうなったら、もう奥の手ですよ。
やっちゃうかぁ……両手を自分のほっぺたに当てて、ゆっくりと頭を後ろに逸らしてぇ……振り下ろしてあげるぅううううっ!
「お”ぁああああああああっー!」
「っ!?!?!?なに!なに!リリィちゃんっ!?」
ヘッドバンギング、略してヘドバンっ!情熱的な男の子ならではの気をひく作戦っ!これで、普通なら反応しますよね、私ったら賢いっ!うふふっー!
ほら、ほらほらっ!気になってきたでしょうっ!
「お”ぁあああああああ、ぁあ……あ、あぁ……?」
「………」
嘘、でしょ……そんなヘドバンに反応しない赤ちゃんなんて、そんなありえないわ!ありえないもんっ!
──ピクッ
「………お、おお…」
あれ、ちょっと動いた?おお?ルティスくんっ!もう少しだっ君ならいける、いけるぞぉっ!
「お……お……お”ぁあああああああっ!」
「──!お”ぁあああああああっ!」
──ブンブンブンブンブンブンっ!
「ひぃっ!?る、ルティっ!?リリィちゃんっ!?え、えぇえっ!アリシアぁあっ!助けてっ!二人がなんか、小刻みに揺れて変な声あげてるのぉっ!」
『えーっ?なんてーっ!ごめんよく聞こえなーいっ!』
「良いからっ!早くきてっ!」
なーんだ反応するじゃーん♪
それにしてもナイスヘドバン!ルティスくんセンスあるねぇーっ!貴方も普通道を歩んじゃう?良い子良い子♪これで、私達おともだちねーっ!普通にっ!ルティス君のところまで近づいてー……
はい、仲良しの握手ーっ!
「やぁーっ♪」「あぃーっ!」
──タッタッタッ
「んー?普通に仲良くしてるじゃなーい?わぁっ♪おてて繋いでるの?やーん可愛いーっ!」
「え?……え?でも、でもさっき!……え!?」
ねー!普通だもんねー!ママさんわかってるぅ!
「あれ?リリィ立ってる?………あ、見間違いか。」
危ねぇ、うっかりしてたぜ。立ってた?はははっ!何をおっしゃる、私はこの通り座ってますよ?普通の赤ちゃんですからっ!
ーーーーー
「はぁ……それにしたって今朝のなんだったのかなぁ」
「まだいってるのー?気のせいだって。疲れてるんじゃない?明日休みにする?」
「でも本当に頭振ってたんだものっ!……んー、まーいっか。それと、明日も普通に働く。」
今日のルティは何だかいつもより楽しそうだったから、いつまでも細かいこと気にしてても仕方ないよねぇ。 「そうだ、ウチにいる時はもうずっとルティス君とリリィ一緒の部屋に居させておこうよ、色々と楽でしょう?それにあの子達も楽しそうだもん」
「んー、うん。じゃあそうしようかなぁ」
でもまた変な事になったらどうしよう……
ーーーーー
「う?」
「おぅあっ!お”ぁあああっ!」※寝転がって足あげて叫んでる。
見たかルティスくんっ!これが、一人ぶれんばすたーっ!男の子なら普通にこのくらい出来なきゃダメだよぉっ!
まるで持ち上げられ、頭から落下しているかのような躍動感を絶妙に足を浮かすことで演出してやるの!極め付けにベッドを左手でバンバンバンっ!いえあっ!
「おおおぉおっぅ!お”ぁあああっ!」※とりあえず叫んでる。
素晴らしいっ!筋がいいよぉっ!ふふふ、目指せアルティメット普通の男の子よ、ルティっ!
『もう監視やめてぇええええ!!』※監視中

「普通を極めた私が美少女に転生ってそれなんて生き地獄!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く