テイムの力が凄すぎました

クラクラ

26. 現実逃避をしたい時ぐらいある

「さて、お前にはまず2つほど課題を出す。…ま、1つはすぐには終わるんだがな」

「はぁ、としか言えないんですが…」




朝早くからケビン先生に呼び出されたから来てみれば、もう特訓ですか。

「あの…今日は授業は休みでは?」

「そうだな。だが自主練はいつでも自由に行うことができる」

僕の睡眠時間が…。

「まずは、『鑑定』スキルを覚えてもらおう」

「え! そんな簡単にできるんですか?」

確かにそれができれば今後に相当役立つけど…

「お前の為に俺がその本を買ってきた」

「すみません、わざわざ。じゃあ明日には返しますね」

「いや、今終わらせろ」

「は?」

流石に無理じゃないですかね?

「読書関連の能力があるんじゃないか?」

「あぁ! そうでした!  …先生に伝えたことありませんよね?」

「ん?そうだったか? いいじゃないか。そんなことより早よ読め」

露骨に話変えてきたな…






5分後

本当に覚えちゃったよ…

とりあえず発動してみよう。



      加藤 優樹  lv5
種族  人間         
職業  テイマー
         体力   4000
         魔力    1000
         俊敏    200
         攻撃    200
         防御    2000
     ☆豪運    2000
特殊能力 テイム lvMAX  回復魔法lv3  召喚lv2
                早読み lv2 料理 lv1  鑑定 lv1

称号 異世界から来たりし者  自然に愛される者
        人々に愛される者  不器用    朴念仁 


相変わらず防御と豪運がすごい高くなってるな〜。俊敏と攻撃が低すぎるだけな気がするけど…。
あとテイムは知らんうちに最高状態なのね。







「次は何をするんですか?」

「お前の契約している奴らを使って、1体野生の動物を倒し、できたらそいつも契約してもらう」

嫌な予感がするんだけど気のせいと信じたい。

「もちろん初回だし、戦うにしては簡単な動物なんですよね…?」

「…お前に戦ってもらうのは」

無視しないで!?

「ミニドラゴンだ」

「…あの、結論ドラゴンですよね? なんでそんな凶暴なやつ選ぶんですか!」

「安心しろ。名前の通りサイズは普通のドラゴンと比べたら圧倒的に小さい。ぬいぐるみぐらいだな。だが強さはドラゴン以上、いやその上のワイバーンと並ぶほどなので、相当レアな部類だ」

「余計にタチ悪いじゃないですか!? なんで! ? 先生は僕に死地へ向かえって言ってるんですよ!」

明らかに先生が勧める生き物じゃないでしょ…

「お前がピンチの時は助けてやる。それにお前の方が規格外だ。フェンリルやエメラルドバード、闇の精霊を上手く使いこなせば勝てない相手じゃない。お前のテイムも期待してるしな」

「…なんかすごい雑に言いくるめられた気がしますが、分かりました。そこまで言うなら受けますよ…」






ろくなことがない休日だなぁ…。

「テイムの力が凄すぎました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く