テイムの力が凄すぎました

クラクラ

15. 決着

「…おい、まさか3人でこの人数を相手にしようってかぁ〜?それも入りたてのひよっこがよ〜」

目の前には5人、そして僕らを囲むように後ろに立ってるのが5人、見る限りは合計10人といったところか。
周りの人達がだいぶ怯えているのを見る限り相当強そうだけど…はぁ、引き返したいよ…。

「ごたくを並べなくていいから早く離してやれよ。さすがに未練がましいだろ」

「それに、別に勝てないって決まったわけじゃないぞ!なぁ、ユーキ!」


…主人公っぽい人が2人も友人にいるのですが。かっこいいけどさ。あと、これ以上煽らないでよ…。


「チッ、調子に乗りやがって。やるぞテメェら!」

『おう!』


まず1人目がガイルに殴りかかる。だが、ガイルは全然動じず、片手で相手の拳を止めた。

「なに!?」

「ふぅー、じゃあ正当防衛な!」

ガイルがなにか気をためて、一瞬で相手の間合いに入った。相手は焦ってやたらめったら攻撃するが、ガイルはためた気を自分の拳に集め裏拳を顔面に叩き込む。い、一撃…。

ガイルって拳闘士だったのか。見た目的になんとなく予想ついてたけど。






「くそ、なぜ当たれねえ!?」

「2人がかりだぞ!?」

和也は挟み撃ちで攻撃を受ける…なんてことはなく、目を瞑りながら軽々と2人の攻撃を避けている。

「そんな程度か?」

「なめるな、こうなったら能力を!」

「だ、だがそんなことしたら…喧嘩という問題だけじゃないぞ!?」

「じゃあどうすればいいんだよ!」

「隙ありだ」

ドンッ!

和也が手刀で意識を失わせる。
手刀なんて実際には初めて見たよ…。







「お前ら!くっ…もう引くに引けない。弱そうなお前から仕留めてやる」

急に標的を僕に変えてきた。…って僕!?
それも何で僕に3人も来てるんだよ!
仕方ない…奥の手だ。

「ポチ、出てきてくれ!」
ペンダントを力一杯握りしめ、助けを請う。

「な、なんだ!」
「眩しい!」

まばゆい紫色の光が消え、出てきたのは…前と比べ明らかに大きくなり、獰猛そうな目つきを放つフェンリルだった。

そう、フェンリルは成長速度がとても速く、ペンダントの中でもしっかり育つので、こうして前の子犬みたいな見た目も一気に変わった。

この変化に最初気づいた時は本当に驚いたなぁ…


「こいつ、もう契約してるのか!?」

「それもフェンリルなんて…」

「と、とまるな!大人数でなら抑え込めれるはずだ!」


「ポチ、分かってるね?」

「ワン」


ポチは3人相手でも軽くあしらい、後ろにいた高木さんと黒華さんを優先すべく、回収する。

「わ〜もふもふだ〜」

「あ、あの時のポチが…すごい」

…2人とも全然怖がってなくて、なりよりです。

これでひとまず一件落着かな。






「ち、チクショー!」

何が起きてるのかわからないとばかりに、1人が急に大声を発し、僕に後ろから武器らしき尖ったナイフで襲いかかる。

「優樹、危ない!」

和也の声が聞こえ、振り返ったが、明らかにもう間に合わない。

やばいな…。こうなったら、一か八か…。全力で防御の構えをとる。


「な、ナイフじゃ大怪我もんだぞ!?かわすんだユーキ!」

「ゆうっち!」

「加藤くん!」




そしてナイフは僕の体を切り裂く…ことができず服が派手に破れただけで、カンッと跳ね返されてしまった。


「な、なんで…」

上手くいって良かった…。
とりあえず気力がもうないであろうそいつからナイフを奪い、床に投げ捨てた。




「そこまでです!貴方達、大丈夫ですか!?」

生徒会長と…後ろからついてきてるのは生徒会の人達かな?
もう、終息がつきそうだった。

そう思うと安心して尻もちをついてしまった。








防御1000は伊達じゃないな…。

「テイムの力が凄すぎました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く