テイムの力が凄すぎました

クラクラ

14. イベントが早い…

「これより、聖章学園入学式を挙行する」

ついに当日がきた。
ちらっと見たけど生徒の人数が多いな…。



「では、生徒会長から新入生歓迎の言葉!」

「はい」

教壇に、綺麗な金色の髪とオーラをまとったゆるふわな美少女が立つ。最近、やたらと綺麗な人に会ってるなぁ…。



「新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。…」

何も紙を見らず、心からの言葉に思わせる祝辞がスッと入ってくる。隣に座ってるガイルはもう寝てるけど。

「…困った時は気軽に私たち先輩に頼ってくださいね。生徒会長、セラ・スタンフォード」


途端に会場が惜しみない拍手に包まれる。
と、それよりこの人が…


「!?」

じっと見つめてたら、一瞬目が合った気がしてすぐに目をそらしてしまった。
ちらっと改めて見ると、何故か小さく手を振っていた。誰か知り合いがいたのかな。





入学式が終わり、僕とガイルで校内を見て回ってたら、たまたま和也に会った。今がチャンスかも!

「ガイル、この人が昨日話した和也だよ。和也、新しい友達のガイルを紹介しようと思って」

「おー!本当にありがとな、ユーキ!
えっと、俺はガイルって言うんだ。よろしくな、和也」

「あぁ、俺も新しい友人はまだできてなかったし助かるよ。和也だ、こちらこそよろしく、ガイル」

良かった、すぐにこんな機会ができて。




その後、3人で学食を食べに行こうということで向かったら、たくさんの生徒で賑わっていた。

…あ、高木さんと黒華さんがいる。すごいなぁ、もう生徒たちに囲まれてるし。ここでも人気者なんだな。


さすがに合流しづらかったので適当に空いてる席についた。

「そういえばお前ら、年に何回か、序列トーナメントがあるんだが知ってるか?」

ガイルが、聞き覚えの単語について聞いてきた。

「いや、俺たちは知らないな…」

「うん。大会かなにか?」

「おう、そんなもんだ。職業は自由で、いわゆるフリー戦だな。1対1だったりチーム戦だったりその時によって違うんだが、1回以上は必ずある1対1の個人トーナメントでトップ10に入れば序列何位、っていう称号が貰える。序列に自分の名前が入るのはみんなの憧れなんだとよ。ちなみに今1位は生徒会長な」

「正直言ってもうちょっと成長しないと夢みたいな話だな。大会、って言葉には惹かれるがな」

「僕も今はそんなこと考えてる暇ないしね…」

と、長い時間雑談を交わしていると



「なぁいいだろう、遊ぼうぜぇ〜」

「だ、だから何度も断ってるじゃないですか!」

「こ、困ったなぁー」

「そんなこと言わずに、俺たちが手取り足取り丁寧に教えてやるからよぉ」


奥の場所で黒華さんと高木さんがなんか上級生に囲まれている。これがナンパというやつなのかな…?

他の人達は気づいてない人も多いが、見て見ぬ振りをしている人もいる。もしかしたら上級生たちヤバイ人達なんじゃね?




どうする…?
和也とガイルにアイコンタクトを取ると、和也はもちろん、ガイルも彼女たちが僕たちの知り合いと聞いてか、言うまでもなく立ち上がり始める。

マジか…。あとなんで勇敢に喧嘩腰でいられるわけ?へ、平和にできるだけ努めようよ…。


…まぁ、さすがに僕もこのまま知らんふりするわけにもいかないけど。

どんどん距離を詰める。


そして、和也が口火を切った。

「おい、そいつら嫌がってるだろ。やめろよ」

「あん?なんだテメェら」





…どうか、この嫌な予感が当たりませんように。

「テイムの力が凄すぎました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く