テイムの力が凄すぎました

クラクラ

4. さすが学園のアイドル …

「実はな…


先祖代々から伝わる、100年に1度異世界から勇者達がお越しになるという風習があるのだ」

ち、ちょっと待って。100年さえ経てば特に理由もなく呼び起こされる時もあるってことにもなるの?

「そなた達にとってわざわざそんなことのためにと思われるかもしれないが、この伝統のおかげで我々は現在もこうして平和な世の中を築けているのだ。
もう現実世界に帰れない、という理不尽なことにはもちろんしない。ただ、申し訳ないのだがこの召喚魔法は代償が大きく1年ごとにしか使うことができない。今こうしてそなた達を召喚したことでこれから1年後には帰還を承れる。

そなた達に対するもてなしはずっと優遇させてもらう。これからの行動も、この王宮で優雅に過ごす、未知の冒険にでるなど自由だ。なお、冒険などでこの王宮を去る場合は所持金なども用意する。…なのでどうか観光、または定住として、この世界で生活して貰えないだろうか」

と、国王が頭を下げた
周りの騎士たちが困惑しているのも仕方がないだろう。


…うーん、どちらにしろ暮らしてみるしかどうしようもない気がするけど、みんなの考えに合わせようかな。


でも、そう簡単には決まらないか…



どうする?  そんな囁きが聞こえてきそうな沈黙を破った人がいた。

「…みんながどうかは分からないけど、私は受け入れてもいいと思うな」

この学園のアイドル と呼ばれている1人、黒華くろか麗奈れいなさんだ。容姿端麗という言葉が似合うぐらいの黒髪ロングの清楚な感じの美少女。

当たり前だけど、みんなの視線が黒華さんに集まる。

「この人達に従わない方が危険だと思うし、早く帰りたいって思ってる子も1年間王宮で暮らせば確実に安全ということだよね。
それに…私もなんだけど、普段できないようなことが可能になったのを楽しみたいと感じてる人がいるんじゃないかな。…て、ちょっと出しゃばっちゃったかも、ごめんなさい…」

と、少し赤面して話し終える黒華さんを見て…

「た、確かに黒華さんの言うとおりだ」
「そうだよね、新しい自分が見つかるかも…」
「よーし、やってやるぜ」

続々と賛成の声があがっていく。結構な数の男子は何故かデレデレになりながら。
さ、さすがの影響力だなぁ。

「良い返事をしてくれて本当に感謝する。ありがとう。そなた達のサポートを存分にさせていただこう」

国王がホッと安堵した。


「では、今日はもう遅いので王宮のそれぞれの個室へ案内するので休むがよい。その後、時間がしばらくたったら食事用のホールへ呼ぶので専用の付きメイドに従ってまた案内しよう。

あぁ、それと、明日にはできるだけ明確に、王宮に残るか、違う所へ旅に出るか決めておいてくれ。いろいろ準備があるからな。友人達と話し合って決めるも良し。個人で好き勝手するのもまた然りだ。時間はまだある。ゆっくり、そして真剣に決めて欲しい」


さらっと言ってるけど、まあまあこれからに関わるよね!?

ど、どうしよう…?

「テイムの力が凄すぎました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く