腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが

けん玉マスター

35話 VS血の教団

アーメル王国アーメル城地下―――
「ククク…ついに手に入れたぞ…これが宝玉…」
「ラギス様!」
「なんだ?我は忙しい。」
「それが…巨人が…全滅しました!」
「…なに?30体全てか?」
「はい…」
「誰の仕業だ?」
「恐らく勇者かと…」
「それほどまでに強いとはな…よい、下がれ。」
「は!」
「…ククク。だが本当の絶望はこれからだ…」




ユウ&ミーシェside
「これで巨人は片付いただろ。」
「うん。お疲れ様。ユウ。」
「おい、松山。」
「…なに?」
「血の教団ってどこに居るんだよ?」
「…知らないわ。」
「ちっ…行くぞミーシェ。」
「どこ行くの?」
「とりあえず城だ。…宝玉もあるからな。じゃあな勇者共。」
「…待って。」
「?…まだなんか用かよ…」
「…」
「なんだよ?」



勇者side
「由希ちゃん。なんかあるの?」
「松山さん?」
「…ごめんなさい。なんでもないわ。」
「…じゃあな。」
2人組は去っていった。
「うーん…痛え。」
「賢治!目が覚めたか?」
「…ああ、あれ?生きてんのか?」
「何バカ言ってんだ?当たり前だろ。」
「そうか…天城が倒したのか?」
「そ、それは…」
「倒したのは魔族の人だよ。」
「江ノ島さん…」
「魔族?どういう事だよ?」
すると黙っていた小宮が答えた。
「僕達は魔族に命を救われたんだよ。それも神崎たちを殺した魔族にね。」
「か、神崎達を殺した奴がいたのか!?」
「うん…」
「今どこに!?」
「今城に向かって…あれ?」
「どうかした?江ノ島さん。」
「由希ちゃんがいない。」
「松山さんが?」
「ほんとだ…でも何処に…」



ユウ&ミーシェside
「城まではここを真っ直ぐだったよな?」
「えー?違うよ。後ろだよ。」
「…それはさっき来た道だろ…」
「あ、あれ?」
「くそ、わかんねぇな。」
「…右よ。」
「あ、松山。」
「右か!教えてくれてありがとう!」
「…ええ。…ほんとに神崎くんはあなたが殺したの?」
「…なんだよ?疑ってんのか?」
「…いえ。ほぼ間違いなくあなたでしょうね。」
「ならなんだよ?」
「…別にただあなたが悪者に見えないだけ。」
「そうかよ。…行くぞミーシェ。」
「…待って!」
「なんだ?」
「…どうして?」
「あぁ?」
「…どうしてあなたから藤山くんの声がするの?」
「は?」
「…あなたは一体…誰なの?」




勇者side(松山)
確かにこの男から藤山くんの声がする。
「…ちっ…話は終わりか?」
「…答えて。あなたは…誰?」
「…オレは魔族のユウだ。藤山なんてやつは知らねえ。…じゃあな。」
「…ええ。」
そのまま2人は去っていった。
「由希ちゃーん。いたー!」
「…菜々。」
「何してたの?」
「…別に。なんでもないわ。」
「そお?」
(まさかね…)
「…戻りましょう。」
「うん。」



ユウ&ミーシェside
「…バレた…か?」
「どうだろうね…」
「…まあ、あんだけベラベラしゃべりゃあ勘づかれてもしょうがねえか…まあ別にバレても問題ないけどな。」
「あ!城見えた!」
「…先客がいるみたいだな。」
「血の…なんだっけ?」
「教えたろ…」
「むー…忘れた!」
「教団だ。教団。」
「そう!それ!」
「…貴様らが勇者か?」
「あぁん?あんな奴らと一緒にすんじゃねえよ。」
「…違うのか…まあ良い。我が名はラギス!血の教団の幹部なり。そして…これを見よ!」
その胸には緑の宝玉が輝いていた。
「あーーーーーーー!」
「どわっ!うるせえよ!どうしたミーシェ?!」
「お姉ちゃんの…宝玉があーーーーーーーーー!」
「あ、ほんとだ。」
「ど、どどど…どうしよう!?お姉ちゃんがあーーーーーーー!ユウどうしよう?!」
「落ち着け。」ポコン!
「あう!…なにするし!?」
「あれならまだ取り出せる。」
「…ほんと?」
「…多分。」
「もー終わりだーーーー!」
「まあ俺を信じろ。」
「…うう…わかった…」
「茶番は終わったか?」
「ああ。終わった。」
「ならば…死ねっ!」
ラギスは手に持っている大きな鎌を振り下ろした。
ユウは間一髪でそれをかわす。後ろの建物は真っ二つになっていた。
「ひぃ!あぶな!おい爺さん!そんなもんふりまわしてんじゃねえ!危うく当たることだっただろうが!」
「ほざけ!死ねい!」
「どわ!」
思ったより速いな…
「良くかわしおる。ならばくらえ!ダークマター!」
「グラタナス·ヘル。」
闇の波動全てを喰らい尽くした。
「…げぷ。魔力が回復したぜ。」
「貴様…なぜ大罪魔法を使える!?…そうかスフランの宝玉を壊したのか貴様は…」
「ご名答。ついでにロキアのはこいつ、ミーシェが壊した。」
「てへっ。ごめんね。大罪魔法ヴィーナスフラッシュ。」
「な!?貴様!」
そのままラギスを拘束した。
「動けないでしょ?見えないでしょ?これが私の大罪魔法。って言っても聴こえないか…」
「お、おのれぇ…」
「さて、早く帰ってお肉食べよ?」
「宝玉どうすんだよ?」
「それはユウがちょちょいのちょいって感じでほじくっちゃって。」
「俺かよ!…たく。」
「まだだ…」
「あ?」
ラギスが笑った。次の瞬間ユウとミーシェの足場が崩れた。
「え?嘘!」
「い、いやぁー!高いの怖いー!」
「言ってる場合か!どわぁー!」
そのまま2人は暗闇へと消えていった。
「大丈夫ですか?ラギス様。」
「…ああご苦労だった。爆薬を仕込んでおいてよかった。」
「はい。」
「まさか大罪もちがいるとは…まあ良い。行くぞ。」
「は!」
「…と思ったらまだ蟻が居るようじゃの。」
「宝玉は返してもらう!」
勇者達の登場である。



勇者side
「宝玉を返せ!」
「ふん!取り返して見せろ。」
「うおおおおぉライトニングソード!」
「鳳凰拳!」
「ファイアーバレット」
「アイスフォース!」
天城、橘、江ノ島、松山が同時に立ち向かう。
勇者対ラギスの勝負が始まった。


「ぬるい!ぬるいわ!その程度か!勇者というものは!ぬるすぎて運動にもならん。」
「く、くそ…」
勝負は一瞬で着いた。
立ち向かった4人をラギスが鎌でなぎ払い終わりである。
「…さてとこのままじ這い蹲る蟻共を見ているのもいいが、貴様らは勇者ここで死んでもらう。」
「ち、ちくしょう…」
「優くん…ごめんね。」
「死ねい!」
ズボッ
「が…はぁ…」
攻撃は勇者には届かなかった。
フードの男の腕がラギスの胸を貫き、ラギスの心臓を掴んでいたのである。



ユウ&ミーシェside
ズブッ
ボタボタッ
血がその場に落ちた。
「お、おのれぇ貴様らぁ!生きておったのか!」
「うるせえよ。あんなんで死ぬわけねえだろ。」
「お前ら!こいつらを捕らえよ!…聞こえんのか!」
「部下のことか?それならミーシェが…」
ミーシェが泣きながら血の教団の部下を簀巻きにしていた。
「…いつまで泣いてんだよ。」
「うう…だって…ユウがファルコンの杖なんて使うから…」
「それしかなかったんだからしょうがねえだろ…」
「…お、おのれぇ…」
「うるせえ。おのれぇしか言えねえのか?死ねよ。」
心臓を引き抜いた。
「がは!…」
そのままラギスは動かなくなった。
「いただきマース。」
がぶっ…じゅるじゅる。
「どお?ユウ。」
「どうやら強いやつの心臓ほど美味いらしい。」
「…そいつ強いの?」
「…それを言うな。可哀想だろ。」
「宝玉は?無事?」
「…ああ。これだな。」
「…それを…こっちに渡せ…」
天城が言ってきた。
「は?何言っちゃってんの?馬鹿なの?」
「ユウ。早く壊そ?お姉ちゃんに会えるんでしょ?」
「…会えるけどお前が会うと俺がお前の姉さんに殺される。」
「えぇー!なんでよー!」
「…とっとと…渡せ…」
「お願い…宝玉だけは…返して…」
「てめぇ!とっととよこせってんだろ!」
「…」
「すっこんでろ。やれ、ミーシェ。」
「うん。ヴィーナスフラッシュ。」
「くそ!」
「なに?何も見えない!」
「…どうなってるの?!」
「くそがァ!」
「これでよし。どっちが壊す?」
「俺だろ。」「私だよね?」
「「…」」
「「…ジャーンケーン…」」
「「ポン!(イ!)」」
「しゃあ!」
「待って待って!ジャンケンなら運が高いユウが勝つに決まってんじゃん!不平等だぁ!」
「…言い出しっぺお前だよな?」
「…そ、それは…」
パリーン!
「あーーーーー!壊したーーー!」
「へ!早い者勝ちだよ。」
「ユウのバカぁ!」
ポカポカと殴ってくる。
「痛え!」
ほっぺをつねる。
「痛い!」
ポカポカ!
グイー!
「ぜぇー!ぜぇー!」
「はぁ!はぁ!」
「もう壊したから俺の勝ちなんですぅ!」
「う、うわぁーん!」
「う、うるせえ!泣いてんじゃねえよ!」
(省略w)
―――大罪スキル 強欲を獲得しました。

「帰ろうぜ。ミーシェ。」
「ぶー…」
「いつまで拗ねてんだよ…」
「ふんだ!知らないっ!」
「はぁ…クレープ買ってやるから…」
「…約束ね。」
「…ああ」
「ふふーん。」
「…チョロ。」
「なんか言ったぁ?」
「い、いや…別に。」
「おい!スキルを解け!くそぉ…」
「あ、忘れてた。解除っと。」
「貴様らぁ…」
うわっ…激おこプンプン丸だ。



――――――――――――――――――――――――――――
誤字報告などのコメントありがたいです。ありがとうございます。
自分では見つけにくいので教えてくださると、とてもありがたいです。
フォローorコメントよろしくお願いします!


誤字修正
船客→先客

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー366207

    コメ欄殺意高くてコワwww

    1
  • キャベツ太郎

    早く殺せ

    0
  • モンキー『』

    はやく殺ってよー

    2
  • ノベルバユーザー170875

    江ノ島死んで

    2
  • あ

    中途半端すぎ

    2
コメントをもっと見る / 書く