腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが

けん玉マスター

特別編 ミーシェの過去

あの時のことは今でも昨日のことのように覚えている。槍で胸を貫かれているお姉ちゃんを私はただ隠れてみていることしか出来なかった。
あの時私たち姉妹はバラバラになってしまった。信じていた人達によって。裏切られて仲間達に追い回されている時、お姉ちゃんは本当はとても泣きたい、辛かったはずなのに、泣いてもう気力の出ない私のことを、自分を犠牲にしてまで、逃がしてくれた。
そしてお姉ちゃんは封印されてしまった。
どうして?お姉ちゃんは誰よりも平和を願っていた。なにも悪いことなんてしていない。お姉ちゃんがいなくなったあと私はずっとこんなことを考えていた。魔王達への憎しみで吐いたこともある。でも私は弱い。とても私が憎しみで突っ走ったとしても勝てる相手ではない。
でも私は挑んだ。七人の魔王達に。
私は槍で胸を貫かれた。魔王達は笑いながら何かを話していた。
なんてことをしてしまったんだろう?折角お姉ちゃんが自分を犠牲にしてまで逃がしてくれたのに…。でももういいの…お姉ちゃんがいない世界になんてなんの価値もない…。これでもう終わり。
…でも最後に「復讐」したかったな…。
そこで私の意識は途切れた。



何故か私は目が覚めた。魔王達に殺されたはずなのに。
何が起こっているの?私には理解出来なかった。ふと、今の自分はなんなのか…疑問に思い、私はステータスを見た。



ミーシェ
ダークエルフ

Lv1
HP  ー
MP  ー
攻撃 ー
防御 ー
俊敏 ー
魔防 ー
運 ー


スキル
なし


称号
復讐神   地縛霊  転生者


どうなっているの?ステータス表記が壊れていた。最初はそう思ったが、直ぐに理解した。私は死んだのだと。そして転生したんだ。
復讐の神様として。


地縛霊と言う称号のせいで私はお姉ちゃんのいるこの最果ての洞窟から離れることが出来なかった。私はただここでお姉ちゃんの見えるところでずっと座っていた。
お姉ちゃんは呼びかけても返事をするわけがない。前みたいに一緒に話がしたい。頭を撫でて欲しい。一緒に寝たかった。私はお姉ちゃんに抱きついて寝るのが大好きだ。お姉ちゃんは苦しいなどの文句を言いながらもそのまま一緒に寝てくれた。考える度に目頭が熱くなってくる。なんで私はまたこの世界に戻ってきたのだろうか?そんなことを毎日毎日考えていた。
気付けば50年の月日が経っていた。泣き続けたせいでとっくに涙は枯れていた。そんな時だった。この世界にべつの世界の人が入ってきた。復讐神の称号にとても強い復讐心を感知出来る。という効果がある。それが強く反応した。頭にその人間の復讐心が映像のように流れていた。この人間は藤山優と言うらしい。流れてきたのは藤山優の記憶…彼は誰かが殴られているのを黙って息を殺しながら見ていた。幼少期の記憶だろう。そして殴られていた誰かは最後には動かなくなっていた。
この人なら…私はこの人を信じることにした。


何日か呼びかけ続けてついに藤山優がこの場所にやってきた。
私が洞窟のどこかにいる彼を探して見つけた時、彼は瀕死だった。だから私は復讐のスキルを彼に渡すことにした。彼を助けるために…いや、多分私の為…私の復讐の為に渡したんだ。でも彼はその力を受け入れてくれた。本当の事を話したら彼は私のお姉ちゃんに会ってくれると言った。途端目頭が熱くなった。…ああ…私はきっと寂しかったんだ…一人でとうしたらいいか分からなくて…私はユウに胸を借りて泣きじゃくった。今まで涙はもうかれていたと思ったのに…
ユウはお姉ちゃんを助ける手伝いをしてくれることになった。
涙が戻ってから私はとても涙脆かったことを思い出した。また泣いてしまった。ユウは呆れながらも私に胸を貸してくれた。


ユウに力を渡したことで、私は外に出られるようになった。それからは寝る間も惜しんで最果ての洞窟の外を目指した。ユウは私が渡したスキルをすぐに使いこなして戦えない私を守ってくれた。嬉しかったなぁ…


ユウはね、とっても面白い人。私が何か言うと大体「ああ。」としか答えない。たまにツッコミw。ユウのおかげで私はかなり昔の明るい感じに戻ったと思う。
ロキア帝国に行くことになった時お金がなくて私達は入ることが出来なかった。結局野宿になったの。でもユウのおかげでとても楽しかった。たくさん話した。
私は今でもお姉ちゃんのことを夢に見る。思い出せば泣いてしまう。夜泣いている時ユウは私の涙を拭ってくれた。ひとりじゃないと言ってくれた。ユウはとても優しい人。


ロキア帝国にどうやって入るか、そんなことを話している時ユウは不思議な杖を出した。ファルコンの杖と言うらしい。この杖で壁を飛び越えるらしい。やったと思っていたらある問題に気づく。私…高いところ苦手だ…しかしユウはひどい。そんな私を無視して私を…その…言いにくいけど…お姫様…抱っこして…うう…しかもユウ曰く私は恥ずかしがっている時が一番可愛いらしい。なんの事かわかんないけど。言われた時はなんかドキッてした。鼓動が速くなった。なにこれ?


何とかロキア帝国に入れた私たちは宿に泊まることが出来た。
でも一人部屋のお金敷かなかった。だから私は甘えず、二人で使おうといった。ユウはとても焦っていたが無視しちゃったw
宿に泊まっている時私はまた泣いた。お姉ちゃんのことで。
もう寝ていると思ったのに…ユウは私をまた慰めてくれた。
そのとき私は可愛いってユウ言ってもらった。もう泣くなって、涙を拭って貰った。胸がドキドキしてしまったのはきっと泣いたからだよね?私はユウに抱きついて寝ることにした。その時の感触はお姉ちゃんに抱きついてる時と似てた。


ロキア帝国の城でお姉ちゃんの魂が封印された宝玉の一つを手に入れることが出来た。ユウのおかげ。私はその宝玉を壊した。ユウのおかげで絶対に無理だと思っていたことがかなったんだ。また泣きそうになった。でも泣かない!

まだ始まったばかりだもん。私とユウの復讐の旅は。



――――――――――――――――――――――――――――
フォローorコメントよろしくお願いします!


「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • けん玉マスター

    花粉の申し子さん
    コメントありがとうございます。
    すいません…僕の語彙力では草を生やすしかないんです…。

    1
  • 花粉の申し子

    草が生えてる

    1
  • ノベルバユーザー310507

    草をはやすな

    3
  • ノベルバユーザー170875

    頑張ってください

    2
  • ノベルバユーザー259186

    お金敷かなかった→お金しかなかった

    3
コメントをもっと見る / 書く