人殺しなのに飼われるだなんてありえない!

小豆しおん

第2話

ぱちり、と目を覚ました。見たことのない天井。ふかふかのベッド。
「………???」
ここはどこだろう。身を起こす。
「!!」
ズキリ、と痛む身体。そうだ、僕は死にかけていたんだっけ。
よく見ると、服が綺麗なものに変わっている。怪我をしているところには、不器用そうに包帯が巻かれていた。

「お前のこと、飼ってやるよ」


「そうだ、確かに人狼はそう言った…」
だとすれば、ここは人狼の家…?随分と綺麗に整えられている。血の匂いもしない。本当に普通の人間が住んでいるかの様だ。

「なんだ、気がついたのか」
「あ…」
扉から入ってきたのは、家の主。耳がピクピクと動いている。人狼であることに間違いはなさそうだ。

「気分はどうだ?お前3日も寝てたぞ」
「3日!?どうりで身体が重いわけだ…」
彼は3日も僕を食べずに、むしろ丁寧に介抱までしてくれていたらしい。
「ありがとう。怪我、だいぶ良くなったみたいだ」
「気にすんな。俺の気まぐれみてーなもんだ」
人狼は水を飲みながら近くの椅子に腰掛ける。
「お前、名前は?」
「僕はナーシュ。これでもヒットマンだ」
「人狼狩りか?」
彼の目が細まる。ギラリと光るその瞳は、殺意を帯びている。
「残念だが、僕のターゲットは人間のみだよ。人狼にはとてもじゃないけど敵わないからね」
その目に僕は決して怯えない。怯えたら最後、喰われるのみ。そんな気がした。
「そうか。それならいいんだ」
殺意が消え、少し和らいだ表情を浮かべる。人狼も何かと大変なのだろう。

「俺はソリッド。お前の、ご主人様だ。覚えとけよ?」
ニタリ、と笑う彼は、何を考えているのだろうか。今の僕には到底理解できなかった。

「人殺しなのに飼われるだなんてありえない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く