春の妖精

風雅ありす

春の妖精

 雪の中を静かに佇む町があった。暗澹たる空からは、永遠と雪が降り続き、町の輪郭を朧に浮き立たせている。
 氷のような風が家々の扉を堅く閉ざし、雪の積る音すら聞こえてきそうなほど辺りは静寂さに包まれていた。窓から漏れる明かりはなく、煙突から浪々と上る煙が雪と入り混じり、町を灰色に染めている。
 まるで時が止まったかのようなその町に、一人の男の子が足を踏み入れた。傍らに、痩せ衰えた灰色のロバを一頭引き連れている。
 男の子が鶯色のコートに積もった雪を手で払い、頭を振るうと、雪の下から栗色の髪が現れた。ロバもそれに習い、身を震わせて自身に積もった雪を落とす。すると、飛び散った雪の塊が男の子にかかった。男の子は、むっとした表情でそれを払い、濡れた顔を服の袖でぬぐうと、恨めし気にロバを見やるが、両耳を寝かせて目線を逸らす姿に、溜め息混じりの笑みが零れた。
 男の子は、町の中心部へと歩を進めた。雪の積もった道に真新しい靴跡と、ロバの蹄跡だけが残る。その歩みは遅々として鈍いが、雪道の所為だけではない何かが男の子の顔にはあった。時々立ち止まっては、ロバの首を撫でてやる。すると、ロバが甘えた声を出すので、男の子は顔を曇らせた。
「ごめんな、アンソニー。おれだってお前を手放したくないんだ。でも、カルグの命令だからさあ」
 そう言って鼻を啜る男の子を、アンソニーと呼ばれたロバがじっと見つめる。
「食べるものがないんだ。蓄えも底をついてる。雪が止まないから、畑も使えない」
 アンソニーは、俯いた男の子の顔を鼻先で持ち上げてやった。その目は、どこまでも黒く穏やかだった。説明するまでもなく全てを受け入れているのだと知り、男の子の顔が歪む。すると今度は、アンソニーが心配そうに首を傾げるので、慌てて雪で湿ったコートの袖で顔を拭った。
「おれなら大丈夫。カルグのバカ息子たちに、いつまでもいいようにやられてたまるもんか。一人でだって戦ってやる」
 男の子が力強く腕を振るって見せると、アンソニーは、それに同調するように鼻をならした。それは、男の子がこれまで何度も慰められ、励まされてきた唯一の支えだった。ちょっとした仕事の失敗から食事を抜かれて空腹に耐えながら眠った夜も、カルグの息子たちに虐められる日々も、いつもアンソニーの温もりが傍にあったから耐えることが出来た。カルグたちは役立たずで愚かなロバだと罵るが、いつも世話をする男の子の言うことはよくきく、賢いロバだった。
 男の子は、赤くなった鼻をアンソニーの首筋に擦り付けた。
「お前は、おれの一番の親友だよ」

 町の中心部には大きな広場があり、そこから伸びる大通りに沿って幾つもの露店が立ち並んでいる。そのほとんどは空であったが、乾物やチーズ、ピクルス、根菜などの食材や日用品が所々で売られており、それらを買い求める人たちの姿が僅かにあった。
「花はいかがですか? かわいい、きれいな花はいかがですか?」
 大通りの道端で、一人の女の子が花を売っていた。頭から雪避けのフードを被り、腕には空の籠を下げている。
 時折通りかかる男に声を掛けるが、皆見向きもしない。それを見た通りすがりの女が眉を潜めて足早に避けていく。女の子は、フードを目深に被り直し、上唇を噛んだ。足元に降り積もる雪に溶けて、消えてしまいたいと思った。
 女の子の鼻に、ふわりとパンの焼ける香ばしい匂いが届いた。反射的にお腹が音を立て、顔を赤くして俯く。
 女の子は、自分の間違いに気づいた。一番人が通りやすいからと、食材売場を選択したのだが、通りかかるのは主婦か食べ物屋の下働きくらいで、自分の用事を済ませてしまうと一様に帰路へ急ぐ。むしろ人目を気にして誰も声を掛けようとはしない。石を投げつけてくる者もいた。
(結局、いつものとこか……)
 大通りの裏にも小規模だが露店が立ち並んでおり、いつもはそこで花を売っているのだが、ここ数日めっきり人通りがなくなってしまったので、ここしばらくまともな食事を取ることができなくなっていた。こうなることは予想できたが、背に腹は変えられず、こちら側へと出て来てみたが、やはり失敗に終わったようだ。
 女の子が肩を落としながら細い路地に入ると、突然何者かに後ろから口を塞がれた。
「お嬢ちゃん、オレに花ぁ売ってくれよ」
 ねっとりと絡みつくような声が女の子の耳を舐めた。反射的に身を硬くしたが、すぐに客だと気付き、肩の力を抜いていった。右手でそっとコートのポケットにある硬い膨らみを確かめる。男は、女の子が抵抗しないと見て、手を緩めた。男の息は、酒気を帯びていた。
「……前払いだよ。そしたら、花のある場所まで案内する」
 震える声を抑えながら少し硬い口調で女の子が言う。その様子を楽しむかのように、男は笑った。
「かてぇこと言うなよ、オレぁ今すぐ欲しいんだ。お嬢ちゃんのかわいいかわいい花、今ここで見せてくれよ」
 男の右手が女の子のスカートをたくし上げ、太ももに手を這わした。女の子は抵抗したが、逆の手で腰を抱き寄せられ、身動きが取れない。叫ぼうと開いた口を、今度は男が右手で塞ごうとする。その隙を狙って、女の子は、ポケットから取り出した掌大の石礫を男の顔面に思い切り叩きつけた。
「ぐあっ」
 男が顔を抑えて離れた隙に、女の子は男の脇をくぐり抜け、表通りに飛び出した。
「誰か、助けて!」
 通りを歩いていた人たちが一斉に女の子を見る。路地から男が追い掛けてくる気配を感じ、女の子は走った。しかし、すぐ男に捕まってしまう。
「イヤ、離してっ! 誰か、誰か助けて!」
 女の子が激しく抵抗するも、男はびくともしない。暴れているうちにフードが外れ、蜂蜜色の髪が零れた。
「なんだ、移民族か」
 男の声に蔑みの色が浮かぶ。女の子は、はっとして青い瞳を周囲へと向けた。誰もが嫌悪感を露わに顔をしかめている。女の子の顔がさっと青ざめた。
「まあいい。金ならさっき払っただろ。花売りなら大人しく客の言うことを聞け」
 お金なんてもらっていない、と叫ぼうとした女の子の口を男が手で塞いだ。目だけで周りに助けを求めたが、誰もが目を逸らし、足早に通り過ぎていく。
 誰が助けてくれると思ったのだろう、女の子は自身に問うた。移民族は、人間として認められず、家畜以下の扱いを受ける。この外見がある限り、助けてくれる人などいないのだ。女の子の瞳から光が失われていった。男は、再び女の子を路地へ連れていく。
(嫌だ……っ)
 女の子が目を瞑った瞬間、突然現れた一頭のロバに蹴りあげられて、男が地に倒れた。拘束が解けた女の子は、勢い余って地に腰をつく。灰色の痩せ老いたロバは、歯を剥き出して男に唾を吐いた。状況が飲み込めず、悪態を吐きながら起き上がろうとする男を茫然と見つめていると、横から男の子が手を差し出した。
「逃げよう!」
 躊躇いは一瞬。二人は、手を取り合って逃げ出した。そのすぐ後をロバが追い掛ける。起き上がった男は、角を曲がって消える蜂蜜色の髪と、揺れるロバの尻を憎らしげに睨んでいた。
「こっち!」
 女の子の案内で、幾つもの角を曲がり路地を通り抜け、二人と一頭は、人気のない町外れの広場で足を止めた。男は追って来ない。二人は雪の上にへたり込み、息を整えた。
「大丈夫?」
 男の子の問いに、女の子が頷く。その視線が男の子の傍に立つロバへと向けられた。
「それ、あんたの?」
 女の子が指さし、男の子がアンソニーを見る。
「ああ……まぁ」
 頭を掻きながら男の子が答えると、アンソニーが不満気に鼻を鳴らした。
「そ。じゃあ、あたしを買ってくれるってわけね」
 女の子が掌を突き出して見せる。男の子は、意味がわからずぽかんとしていたが、しばらくして意味を悟ると、顔を真っ赤にした。女の子の青い瞳から逃げるように目線を泳がせ、アンソニーと目が合う。そこで初めて自分が誤解されていることに気付いた。
「ごめん、違うんだ。こいつは、おれが働いてる農家ので、おれんじゃない」
 だから君を買うようなお金は持っていないんだ、と説明すると、女の子は興味を失ったかのように、ふーん、とそっぽを向いた。上気した頬にかかる蜂蜜色の髪、伏し目がちな青い瞳、男の子の知らない空気がそこにはあった。
「なんであたしを助けたの?」
 女の子の青い瞳が、今度は男の子を射るように見つめる。男の子は思わず息をのんだ。
「なんでって……助けてって、言ってただろ。だから助けた。それだけだ」
 女の子は、男の子の真剣な目を見て、突然吹き出して笑った。
「ロバに蹴られるなんて、ばっかみたい!」
 二人は、アンソニーに蹴られた男の様子を思い出して笑った。二人の笑い声が鉛色の空に吸い込まれていく。ひとしきり笑うと、胸につかえていた何かが僅かに軽くなったような気がした。
「しばらくあそこには行けないな」
 そう言って女の子が立ち上がる。服についた雪を払い落として、フードを被った。つられて男の子も立ち上がる。
「そうだな。君は、あそこに近づかない方がいい。おれは、もうちょっと先に行ったとこに用があるから、ぐるっと遠回りして行ってみることにするよ」
 男の子が引き綱を持ち直し、アンソニーの軽く首を叩いてやると、アンソニーは物言いた気に首を振るった。
「あ、あのさ。その……大丈夫?」
 女の子は、男の子の視線が空の籠に向いているのに気付くと、さっと背後に籠を隠した。
「いつものことだから」
 そして、何かを振り切るように笑ってみせた。
「助けてくれて、ありがとう」
 それだけ言うと、男の子に背を向けて立ち去った。残された男の子の肩を、アンソニーの長い鼻がつつく。
「だって、どうしろっていうんだよ」
 雪は変わらず降り続き、やがて彼らの痕跡を真っ白に覆い尽くしてしまうだろう。

 男の子とアンソニーは、市場の外れで不安気な表情をして歩いていた。そろそろ目的の場所へ着いても良い頃だったが、どこの店も閉まっていて、それらしい店が見当たらない。道を聞くにも人の姿がなく、来た道を戻ろうかと思った時だった。
「坊主、何か探してるのか」
 突然、背後から声を掛けられて、男の子は驚いて振り向いた。そこには、体格のいい見知らぬ男が立っていた。男の子の顔に警戒の色が浮かぶ。一歩後ずさりして、アンソニーの引き綱をぎゅっと握りしめる。
「えっと……この辺りに、家畜を買い取ってくれる店があったと思うんだけど、見当たらなくて」
「ああ、キエフの店な。あいつなら、とっくに店を畳んで町を出て行ったぜ。もっと南の暖かいとこへ越すんだとよ」
「え、そんなっ」
 男の子はアンソニーを見た。アンソニーも不安そうに男の子を見返す。
 男がアンソニーに目をやった。
「そいつを売りたいのかい」
 男の子が力なく頷くと、男はしたり顔で大きく頷いてみせた。
「俺の知り合いに、ロバを探してる奴がいてな。そいつなら、いくらかで買い取ってくれるだろう」
「本当ですか?!」
「ああ。ちょうど今からそいつの家に向かうとこだったんだ。ついでに連れてってやろう。どうする?」
 男の子は、アンソニーを見た。もしかするとアンソニーを売らずに済むかもしれない、という考えが浮かぶが、このまま家に帰れば、カルグに殴られた上に、一週間はろくに食べさせてもらえないだろう。男の子の考えを見抜いたように、アンソニーが、長い鼻で男の子の背中を押した。
「お願いします」
 男は、朗らかに笑い、自身の胸を叩いて見せた。

 男に連れて行かれた先は、市場からかなり遠く離れた場所にあった。何度も路地を曲がり、特に目印になるような建物もなかったので、男の子は着いて行く間、道を見失わないよう頭の中で地図を描いた。それでも、市場と自分が来た大体の方角を把握するだで精一杯だった。日が暮れてきたこともあり、辺りは薄暗く、何のための建物なのかわからない寂れた石造りの建物が処狭しと立っている。辺りには人気もなく、煙突から出る煙がないことから、ほとんどの家が空き家であることだけがわかった。
 男は、ある建物の前で止まると、男の子にここで少し待つように言い、中へと入って行った。扉横にある窓には木の格子が嵌め込んであり、中の様子は伺えない。
 不安げに辺りを見回す男の子の耳をアンソニーがぺろりと舐めた。くすぐったさに身を捩り、すぐに顔を背ける。今度は、アンソニーが男の子の髪の毛を食み始めた。こら、と口では言うものの、男の子はしばらくアンソニーの好きにさせてやった。
「中で商談の話をしようとさ。ロバは俺が一旦預かっておこう。坊主は、中で座って待ってな」
 家から出てきた男が手を差し出して言った。男の子は、アンソニーを他人に預けることに不安を感じたが、男が促すので、アンソニーの引き綱を手渡した。
 家の中に入ると、冷たく湿気たカビの臭いが鼻についた。木のテーブルが中央にあり、その上で蝋燭の灯りだけが揺らめいている。中の様子を伺いながら、声をかけるが返事はない。とりあえず、言われたとおり椅子に座って待つことにした。
「よお、さっきぶりだな」
 奥の部屋から一人の男が現れた。蝋燭の灯りが、男の顔にある真新しい傷を照らす。どこかで聞き覚えのある声だと思った時には、顔を殴られて床に倒れていた。更に男は、男の子の腹部を蹴り、顔を踏みつけた。
「さっきはよくも俺に恥をかかせてくれたな。大人を舐めてると、こういう痛い目に遭うってこと、しっかり覚えておけよっ」
 それは、市場で女の子を路地へと連れ込み、アンソニーが蹴り倒した男だった。
 男の子が抵抗する間もなく、矢継ぎ早に男は暴行を加えていく。あばらが嫌な音を立てたが、次第に痛みで頭が朦朧としていった。男が最後にツバを吐くと、男の子の脳裏にアンソニーのことが浮かんだ。
「アンソニーは……」
 男は怪訝な顔つきで男の子を見下ろし、その名前がロバのことを指していると気付くと、下卑た笑みを浮かべた。
「ああ、あの糞ロバな。今頃、俺のダチが頭かち割って、薪にでもしてるとこだろうよ」
 うそだ、と男の子は掠れた声で叫んだ。しかし、男の嬉しそうな顔を見て、目の前が真っ暗になる。這い上がって出口へと向かうが、首の後ろを掴まれ、部屋の奥に投げ飛ばされた。再び顔を殴られ、男の子は気を失った。

 鼠色の空からゴミのような雪が降っている。頬に当る冷たい感触に、男の子がうっすらと目を開けた。人気のない道端で仰向けになって倒れている。身体中がギシギシと悲鳴を上げて力が入らない。
「アンソニー……」
 乾いた唇から絞り出された声に返す者はいない。不規則に吐き出された白い息と空の色が相俟って、男の子は、自分が今どこにいるのか一瞬わからなくなった。ついさっきまでアンソニーは自分のすぐ傍にいたのに、現実を受け止められるだけの覚悟が男の子にはまだなかった。今起きたことは全て悪い夢で、目を覚ませば、いつも寝ている納屋にいて、隣接した畜舎からアンソニーの嘶きが聞こえる。畜舎へ行くと、アンソニーが前足で地面を叩いて餌を催促するのだ。男の子は、いつも通りアンソニーの世話をしながら今日見た夢の話をする。餌を食みながら聞いていないように見えるアンソニーだが、話の終わりには相槌を打つように必ず鼻を鳴らす。ばかだなぁ、全部ただの悪い夢さ、と。
 男の子は、何度も何度もアンソニーの名前を呼んだ。その度に、アンソニーとの思い出が頭に浮かんでは、白い息と共に消えていく。それは、雪が積もるように、男の子の奥深いところに蓄積されていった。
 ちゃんとした別れすらできなかった。胸を掻き毟るように掴んだ。身体よりも心が痛かった。このまま帰ったら、きっと自分はカルグに殺されるだろう。でも、何より大事な親友を奪われた失意の方が痛かった。
「何やってるの?」
 空から降ってきた声に目を開けると、青い瞳が男の子を覗き込んでいた。答える気力もなく、再び目を閉じると、仕方ないなぁ、と溜め息をつく声が聞こえた。女の子が男の子の腕を引っ張ってどこかへ連れて行こうとするので、痛みに呻いた。
「放っておいてくれ」
 女の子が手を放す。
「死ぬの?」
 まるで今日の天気を聞くかのような口調だった。
「死んだって別にいいけどね。誰も困るわけじゃあない。でも、あたしを助けておいて、あたしの目の前で自分だけ死ぬなんて、神様が許したってあたしは絶対に許さない」
 女の子を助けたのは自分ではない、賢くて優しい灰色のロバだ、と男の子は心の中で答えた。男の子の閉じた瞼に雪が落ち、雫となって頬を伝った。

 女の子は、自分が寝泊まりしている宿に男の子を連れて行った。中は薄暗く、お腹の底をざわざわとさせる甘い香りが充満している。一階のロビーには、紗で区切られた小部屋が幾つかあり、奥からくぐもった話し声や忍び笑いが聞こえてくる。人の姿が見えない分、男の子は、妙な居心地の悪さを感じたが、女の子を気遣って、気にしていないフリをした。
 女の子に支えられながら階段を上っていると、ある階で部屋に入っていく女と目が合った。女は、気怠げな表情で二人を眺めていたが、男の子の視線に気付くと、さっと肩掛けを引き上げて露出した肩を隠した。それに気付いた女の子が軽く会釈をする。部屋の中から、どうした、という男の声が聞こえ、女は、今、とだけ答えて扉の中に姿を消した。今にも消えてしまいそうなほど力のない声だった。
 女の子の部屋は、十平米にも満たない空間に暖炉と簡易ベッドが置いてある。女の子は、男の子をベッドに座らせると、部屋から出て行き、どこからか持ってきた火種を暖炉にくべて、鍋に雪を入れた。そして、部屋の隅に置いてある小さな収納箱から傷薬と包帯を取り出し、男の子の隣に腰を掛ける。傷を負った箇所を確かめながら、男の子に話しかけた。
「あたしは、ロゼッタ。ロゼでいいよ。あんたの名前は?」
 少し間を置いて、トタラ、と男の子が答えると、ロゼが意外そうに男の子の目を見上げた。この地域ではあまり聞かない名前だったからだ。
「ここよりずっと南方にある大樹の名前なんだって。おれは見たことないけど、長寿で神聖な樹なんだぞって、死んだおとうが言ってた」
「お母さんは?」
 男の子が首を振る。兄妹は何人かいたが、皆散り散りになって今ではお互いどうしているかも解らないという。
「そう……あたしと同じね。少し安心した」
 鍋の中で溶けた雪が水蒸気となって、乾燥した部屋を潤していく。トタラの傷の手当をしながらロゼが続けた。
「あたしの名前は、お母さんがつけてくれたんだ。強く気高く美しく、生きていけるようにって。名前負けしてるよね」
「それを言ったらおれだって」
 二人は、顔を見合わせて笑った。傷の手当を終えると、鍋で沸騰している水に乾物を入れてスープを作り、二人で分けて飲んだ。二人とも朝から何も食べていなかったので余計に空腹を感じたが、そんなことは気にならないほど暖かく居心地良く感じていた。似たような境遇だからだろうか、二人は今日初めて会ったにも関わらず、お互いに安心感と親近感を抱いていた。
「帰るところがないなら、今晩はここに泊まればいいよ。ずっとってわけにはいかないけど、夜ってロクなこと考えないから。明日のことは明日考えればいい」
 暖炉に薪をくべながらロゼが言った。何も話してはいなかったが、薄々とトタラの事情を察していたようだ。身の置き所に困っていたトタラは、少し身を縮めながら頷いた。
「きみは、おれより年下に見えるけど、本当はいくつなの?」
「あんたは?」
「十三」
「なんだ、あたしも十三よ。……今年の春がきたらね」
 春がきたら、その言葉に一瞬二人は言葉をなくした。薪が一際音を立てて弾けた。
 春がくれば、とロゼが呟く。ロゼの青い瞳の中で、薪の火がゆらゆらと踊っていた。
「春がくれば、ブナ林で花が摘める。そしたら、もうこんなことしなくていい」
 町から少し歩いたところに、大きなブナ林が広がっている。農家の近くにあるので、トタラも薪を拾いにアンソニーと一緒によく足を運んだ。アンソニーのことを思い出すと胸が痛んだが、ロゼのいうとおり、今は何も考えずに眠ることにした。明日のことは明日考えればいい。
 春がくれば、とトタラは心の中で繰り返し呟いた。春がくれば自分はどうするのだろう。カルグのところへは、もう戻れない。今頃きっと、カンカンに怒っている筈だ。
 その夜、二人は硬いベッドの上で、兄妹のように身を寄せ合って眠った。

 トタラは夢を見ていた。アンソニーの背中に乗って春の草原を駆ける夢だ。青々とした草の匂い、風を切る音、アンソニーの温もりを確かに感じた。春がきたのだ。
 突然、ロゼに揺すり起こされて夢が覚めた。同時に今見ていた夢の内容は忘れてしまった。ロゼは、少し興奮した様子で目を輝かせている。
「春告鳥よ。声が聞こえたの。春がすぐそこまできてるのよ」
 トタラは、耳を澄ませてみたが、鳥の声なんて聞こえない。
「夢を見たんだよ」
「夢なんかじゃない。絶対に聞こえたのもの。春告鳥よ、間違いない」
 そう言って窓を開けてみるが、外は真っ暗だ。こんな時間に鳴く鳥をトタラは知らない。しかし、ロゼは諦めなかった。
「ねえ、春を探しにいこう」

 ブナ林の中を二人は手を繋いで歩いた。落葉した木々の間から、月明かりが差し込み、足元を優しく照らしている。いつの間にか雪は止んでいた。青白く光る雪の上を、二人の足跡だけが影を落としていく。二人は無言で歩き続けた。
 さくさくと小気味良い足音だけが林の中を歩いている。鳥の声一つしない。生を感じることのない青銀の世界が広がっていた。二人は、夢の中を歩いているような気がした。ここはさっきまで見ていた夢の続きで、自分たちは春を見つけるまで永遠と歩き続けるのだ。空腹も寒さも気にならなかった。二人の頭にあったのは、春を見つけること。そうすれば、きっと何かが変わると信じていた。
 どれだけ歩いただろうか。変わらない景色に意識が朦朧としてきた頃、徐々に空が明るみ始めた。
 ふいに、ぽっかりと穴の開いた空間に出た。朽木が雪の重みによって倒れたのだろう。空から差し込む朝の光が、雪から顔を出す草花を照らしていた。赤や白、黄色に紫、色とりどりの小さな花が群生している。トタラは瞬きした。自分の見ているものが信じられなかった。それらは、朝の光を受けてキラキラと輝いている。
「妖精が躍ってる」
 ロゼの呟きに、トタラも目を凝らしてよく見てみるが、妖精の姿は見えない。朝露に朝日が反射して光っているのを錯覚しているのだろうと思ったが、ロゼの横顔がキラキラと光って見えたので、何も言わなかった。
「スプリング・エフェメラル」
「え?」
「春先に咲く花のこと。長い冬を地中で耐えて、雪解けと共に花を咲かすの。春がきたんだ」
 春がきた、その言葉が二人の未来を明るく照らすようだった。目の前の光景を見ているだけで、お腹の底から力が湧いてくるのを感じた。やっと長い冬が終わり、春がくる。
 トタラは、町に戻ったら、アンソニーを探しに行こう、と思った。そして、彼との思い出をロゼに話すのだ。
 二人は、そのまましばらく春の妖精たちを見つめ続けていた。

「春の妖精」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く