話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!

春夏秋冬

8 『さぁ作りますよ〜!』

「さぁ、頑張りますよ!」

「全く陛下は何をお考えなのか……」

わたくしは今お城の厨房にてメイドさんを困らせてしまっています、はい

「いや〜まさかこんなにあっさりと通るとは思ってませんでした〜」

「えぇ、えぇ私もでございます!」

ひぇ〜〜〜〜今にも怒られそうです
と、なんの話かといいますと遡る事昨日の殿下とのお茶会です!

****

「まぁ、取りあえず言ってみろその願いとやらを」

「はいっわたくし厨房をお借りしたいのです」

「……厨房?」

「はいっお菓子を作りたいです〜」

「……いいだろう、」

へっ?今なんと……

「いっ今なんと」

「だから、厨房を使って良いと言ったんだ」

「本当ですか!?わーい」

「あぁ、自由に過ごせと言ったのは俺だからな」

「何を作ろうかな〜」

ウキウキ楽しみだ〜

「楽しみにしているぞ、お前の作るお菓子」

「はい〜〜」

****

「と、まぁこんな感じですかね〜」

「何かおっしゃいました?ルーナ様」

「いいえー何もありませんよー」

危ない危ないあんまり自由にしているとほんとに怒られちゃいますよ〜………メイド様にね……

「さぁ、今日は簡単にクッキー作りますよ〜」

まずは、薄力粉にグラニュー糖、卵にバターそんなに簡単に使えるものではないですね〜

「そもそも、お菓子なんて階級の付いたものしか普段は食べれませんもんねぇ〜」

そうなんです!王都の人々は飴とか砂糖菓子とかちょっと違うんですねぇ〜

「まぁわたくしは飴ちゃん大好きですけどね」テヘッ!

コネコネ、まとめてまとめて寝かせましょう!

「ふぅ〜、一休みしましょう」

「紅茶をどうぞルーナ様」

「ありがと、うっ」

マシュー様!?

「ゲホッゲホッ」

「!?大丈夫ですか!?」

「だ、大丈夫です。いつの間にいらしていたんですか?」

「つい先ほど、ルーナ様がお菓子を作られているた聞いたので」

「なるほど〜」

もう少しわかるように話しかけてほしいですね…あっこの紅茶美味しい…いつもと違うのかしら?

「ねぇリタ今日の紅茶はいつもと違う紅茶なの?」

あっリタと言うのは、鬼のようNいえいえ優しいメイドさんの名前です、はい遅いですね紹介が

「?いつもと同じですが…」

「そうなの?だったら入れた方が違うのかしら?」

あら、マシュー様はまた知らぬうちにどこかにいなくなってしまいましたね。
まぁいいか、さぁお菓子作りさいか〜い

「公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く