話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!

春夏秋冬

4『わたくしどうやら助けられました』

「はぁ、やっぱり立食は立食でもだたの舞踏会ですね。みんな相手を探すのに一生懸命ですね」

まぁ私には関係ないか、なんてのんきに思っているから

「ルーナ殿?先程はとても素敵なダンスでした。」
「えっと、…どなたです?」
「えっ、そうか見てももらえてないか。先日お見合いの話をさせていただいたルイヴィと言うものですよ」
「まぁそうでしたか」

はい全く興味ありません。とっととこの場を離れましょう。

「えーっと、それで何か?」
「いえいえ、これといった話はないのですがとても素敵なダンスでしたから次は私と踊っていただけないかなと思い…」
「それは嬉しく思いますがわたくしは人前で踊るのは苦手ですので…」
「苦手、であそこまで踊れればご立派ですよ」

この方わたくしを返す気はないですね

「ですがあれはまぐれで…」
「いえいえ、そんなことありませんよ」
「そんなこと…」

あーしつこいですね

「ともかく一曲だけ相手をしてくれませんか?」
「いえもう帰らなければいけないので…」
「一曲だけですからすぐに終わりますよ」
「いい加減にしたらどうだ?さっきから同じ会話をぐだぐだと嫌がっているだろ」
「でっ殿下 いえこれはっ」
「言い訳か?どこからどう見ても無理やりだぞ?」
「それは…」
「とっとと散れ、ここはお前のようなやつがいていい場所じゃない」

そう言うとルイヴィ様はすんなり帰りました…なぜわたくしのときはだめだったのでしょうか?
ッとそれはそうとこれは…助けてくれたのかしら?ならばお礼を言わなければいけませんね

「皇太子殿下、ありがとうございました、助かりました」
「いや、大丈夫か?」
「はい」
「そうか、ところで彼とは知り合いか?」
「いえ婚約の話をいただいたらしいですが」
「らしいって見てないのか!?」
「はい、見る必要がありませんから。どうせ断りますし…」
「なるほど…家のための結婚はしないってことか、」
「はいそうですね好きではない人との結婚はしたくありません」
「奇遇だな、俺も家ための結婚はしたくないな」
「そうなのですか?いろいろ噂を聞きますが…」
「……お前緊張感はないのか?一応皇太子だぞ?」
「あーないですね。だって皇太子ですけど殿下も同じ人間ですから」
「っ!なるほどこれは」
「?何か間違えでも?」
「いや間違っていない」
「そろそろ時間ですので失礼しますね」
「ああ」

***

数日後

「ルルル、ルーナ!」
「なんですの?お父様?そんなに慌てて」

この間の舞踏会のことがありしばらくは話したくないのですがね〜

「何かあったも何も皇太子殿下から婚約の話が…」
「はっ?」

どうやら今度の相手は簡単ではなさそうですね…

「公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く