話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!

春夏秋冬

3『皇太子とのダンス』

「ルーナ!」

「まぁ!ユリア様お久しぶりにございます。」

「ああルーナも久しぶりだな。いつの間にかきれいになったな」

「ふふっありがとうございます」
ユリア様は幼き頃の友人でわたくしの兄のようなお方です。

「所でルーナ?未だに婚約の話を断り続けているらしいじゃないか?」

「ええまぁ」

「そろそろ決めたらどうだ?おじ様もお前が幸せになる事を願ってのことだろう」

「でもユリア様?わたくしは好きな人以外と結婚したくはありません」

「そうは言ってもなぁ…」

『えー皆様大変お待たせいたしました皇太子殿下の入場です』

「やっぱりかっこいいですわね」「今日のダンスのお相手は誰になさるのかしら」「もうすぐご婚約されるって聞いたのだけれど」「えっそれってでまじゃないです?」

ざわざわざわとまぁいろんなとこからいろんな話が出てきますね〜どうでもいいでしょう?

『えーそれでは恒例の皇太子殿下によるダンスを、殿下お相手をお選びください』

ガタンッ
はぁとうとうこの時間がやってきました。どうしましょう?わたくし人前でダンスなどしたことありません。とかなんとか考えているうちに

「ルーナ・アーシュ相手をお願いしても?」
手を差し伸べられました。断るわけにはいきませんでしょう?というか断れないこと絶対知っているでしょう

「はい」

***
「はぁダンスがこんなにも体力を使うものだとは知りませんでした」

ダンスが終わりベランダでゆっくりしていると…

「やぁルーナ見事だったよ」

「それ正気で言ってます?ユリア様」

「ああ、もちろん」

とっても怪しいです。はい

「ユリア?」

「んっ?」

「やっぱりユリアじゃないか!」

「すまん。少し行ってくる。また後で話そう」

「ええゆっくりどうぞ」

やっぱりあとを継ぐものは大変ですね

***
その頃皇太子殿下はと言うと…

「殿下次はわたくしと踊りませんこと?」
「何を言っているの!?次はわたくしに決まっていますわ」「ちょっとこうゆう時は年上に譲りなさいな」
「なんですって!?」

とまぁ令嬢に囲まれています。
「はぁ何なんだこの大群は」

「殿下、顔に出さないでください」

「だったらこれをどうにかしろ、マシュー」

「失礼?通していただけるかしら?」

「んっ?」

「殿下?次はわたくしと踊りませんこと?」

(侯爵令嬢か…やっかいだな)

「すまない、少し酔ってしまったみたいなんだ風に当たって来る」

「ちょっ殿下!?」

***
「なぜ逃げるのです!?ご身分もよろしい方です将来的には必ず「私は欲望丸だしの女は嫌いだ」
「殿下!!」

「公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く