公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!

春夏秋冬

2『皇太子殿下とマシュー』

「…と言うことで殿下良いですか?そろそろご婚約なさるお相手をお見つけになさってください」

「今夜のパーティは舞踏会ではないであろう?」

「ええ立食パーティと言う名の舞踏会でございます。それに今回のパーティにはあの公爵令嬢で大変美しいと噂のルーナ殿もお見えにあります。大変良い機会かと…」

「マシュー、彼女はまだ14歳だぞ?俺はもう20だどう考えても年が離れているだろう。それに令嬢殿は婚約の話をことごとく断っているらしいじゃないか?」  

「それは婚約を前提とした話だからです。さり気なく話をし婚約まで持ち込めばいいのです!!始めのダンスの相手として承諾してくれていますし」

キランッと音でもしそうな勢いで目を輝かせている。

「…それが一番難しいだろ!!」

とわいわいしてるとあっという間に時間が来るんですね〜

***
時間は少し遡り約4時間前

「ん〜やはりもう1つのドレスのほうが良いかなー?」

「はぁ…なぜわたくしよりお父様のほうが悩むのよ?これで十分よ」

「だがな…万が一と言う事もありえん話ではない」

「万が一ってなんですか?ただの立食パーティでしょう?お父様?」

「ん?ああそうであったな」

「…何か隠してらっしゃいません?」

「なななっ何もかくしてなんかっ」
はい、こうゆう時のお父様は大抵何かを隠しています。これは聞き出しといたほうが良さそうですね!

「お父様?何を企んでいらっしゃるのですか?」
「なななっなにも企んでなんか…」

「返答によっては立食パーティには行きません!」

「はひっ」

***
「実はな立食パーティの始めに皇太子殿下のダンスがあるのだが表向きではその場で殿下が決めると言うことになっているが実際は…そのルーナお前が相手をすることになっている」

「はい?意味がよくわからないのですが?」

「だからお前が殿下のよダンスの相手をするんだ」

「降ります。何故わたくしが相手をしなければならないのですかっ!?」

「頼まれたのだ国王に…」

は~考えられましたね。国王陛下とお父様は学生時代からのご友人だとかなんとか…
「はぁ〜全く今回だけですからね?」

「うっ分かっておる」

「そろそろ時間ですが良いのですか?」

「良いかルーナ、くれぐれも無礼の無いよう気をつけるのだそ!」

「分かっていますから」

とまぁこんな感じて立食パーティ開始でございます。

「公爵令嬢!政略結婚なんてお断り!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー223443

    おります。って?

    0
コメントを書く