名探偵の推理日記〜囚人たちの怨念〜

耕一

第5話『事件の終息』

「そして、そんな大胆な犯行が可能だったのがあなた達です。」
俺は清掃員のおじさん 2人を指差した。
 2人は目を剥いた。
「小林刑事に調べてもらったんですよ。あのアメリカ人の乗ってきた飛行機やホテルの予約が誰の名義でされているかを。」
そう言うと待ってましたと言わんばかりに小林刑事が食い気味に話し始めた。
「松本さんにそう頼まれて調べてみたところ、被害者の乗ってきた飛行機やホテルの予約は全て田中和基さんの名義でされていたんです。」
その場にいた全員が田中和基さんの方に視線を向けた。
「ふん、バレてしまったのなら仕方がない。あいつを殺したのは俺だ。あいつは殺されるべき人間だったんだ!!俺が罰せられることなど断じて有り得ない!!」
田中さんは興奮気味にそう言った。
「田中さん、理由がどうであれ、殺人は立派な犯罪です。あなたが罰せられるのは当然のことです。」
俺がそう言うと田中さんはさらに声量をあげて怒鳴り散らした。
「黙れ!!俺は正しいことをしたんだ!!あいつは裁きを受けるべき人間だったんだ!!」
「小林刑事、あとはお願いしますよ。」
俺がそういうと小林刑事は田中さんの手首に手錠をかけ警察署へと連行していった。

「名探偵の推理日記〜囚人たちの怨念〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く