名探偵の推理日記〜囚人たちの怨念〜

耕一

プロローグ

事件があったのはN県にある旧刑務所である。今は改装され、ホテルになっているが昔は死の監獄と呼ばれていたらしい。当時は脱走者を一人も出しておらず、囚人は過酷な状況での労働を科せられ、週に2、3人は普通に死んでいたということからいつしか周りの人間はそう呼んでいた。
「で、その事件があったのが旧刑務所のホテルで、被害者は客室で首を絞められて死んでいたんですね?」
俺がそう聞くと小林刑事はこう答えた。
「そうなんですよ。それでこの事件の何が恐ろしいかっていうのが、その客室があった場所で昔囚人が実際に自殺してるっていうことなんですよ!!」
「妖怪とか幽霊とか、そんなのは人間の下らない空想から生まれたただの作り話にすぎないんですよ。」
俺は呆れてそう言った。
「いや、今回は本当に幽霊の仕業かもしれませんよ。その証拠に同日ホテルに泊まっていた客の中から呻き声のような不気味な声を聞いたという証言があがったんですから。」
小林刑事は俺を脅そうとしたのかわざと怖い話風の声でそう言った。
「まあ、現場を見ないことには何も言えませんけどね。」
俺はそう言って足早に現場へと向かった。
「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!」
小林刑事が焦った様子で俺のスピードに合わせ、2人で現場へとむかった。

「名探偵の推理日記〜囚人たちの怨念〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く