こんにちは!この世界の勇者を倒しに来ました!〜『世界』を旅する転生旅行記〜

観測者A

さぁ、戦いの終わりです!パート1

天使の使徒目線




 眼下には最早波と化したゴブリン。そしてその中心にいる元勇者の脳筋とあの悪魔の手先が見えている。
 時々脳筋がゴブリンを掴んで投げてくるけど、あんなもの当たるわけ無いさね。今の僕の素早さは以前の10倍。脳筋の勇者だっただけに破格のステータス補正だったさね。
 今や勇者としてのステータスを手に入れた僕に敵うものなんていないのさ。

ビュン

 ほーら、また馬鹿な脳筋がゴブリンを投げて来た。もう僕を狙う体力すらないようだね。方向も違うし、息も絶え絶えだね!
もうあとは見てるだけで良いかなー。

ビュン

 次に飛んできたのは、ゴブリンでは無かったさね。悪魔の手先だった。しかも全然違う方向に飛ばされて。
 きっと苦し紛れで、一か八かの攻撃さね。
 
「苦し紛れにも程があるさね!そのままゴブリンの群れに落ちて死ぬが良いさ!」

「うるせえ!これでもくらえ!!」

 そういってあいつはナイフを投げて来た。最後の手段ってやつかね。悪魔の手先といっても特に能力もない一般人、苦労もせず避けられるさね。
 さらりとナイフを躱し終え、やつを笑おうとした。すると、ナイフの後ろに何か見えた。なんさね、これ?ロープかn...!?
 空が下に見えたと思ったら、すごい衝撃が。まずい、意識が保てない...

 なんで...こんなことに...?



敵目線終了です!次回は種明かし。
コメントにもありましたが、なんでステータス等が無いかは追い追い説明します!

「こんにちは!この世界の勇者を倒しに来ました!〜『世界』を旅する転生旅行記〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く