こんにちは!この世界の勇者を倒しに来ました!〜『世界』を旅する転生旅行記〜

観測者A

さあ、作戦開始です!!

 僕より先に勇者がゴブリンの群れに飛び込んでいった。
補正が外れてもやはり勇者。ゴブリンが花火みたいに弾け飛ぶ。
ていうか、本当に補正外れてるのかと疑いたくなるほどのパワーだ。
 勇者のおかげでかなりの数のゴブリンを倒してはいるのだが、全く数が減っているようには見えない。空に浮いている天使の使徒とやらに目をやると、そんな事しても無駄だと言わんばかりにあざ笑ってヘラヘラしている。
やっぱりさっきからあの空に浮いてるやつを倒さないと...!

「勇者さん!このままじゃ埒があきません。先にあいつから倒しましょう!」

「しかしどうやって攻撃するつもりだ!?俺らには飛び道具や魔法攻撃なんて洒落たもんはないぞ!?」

「大丈夫です。そこら中に弾はあるのでバンバン飛ばしてください!」

「は!?...ああ、成る程な!任せとけ!」

 そう言うと、勇者はおもむろにゴブリンの頭を持って投げた。

「うわぁ!?ぶつかる!?」

 かなり焦っている!!これで撃ち落とせばこっちのもんだ!!

「なーんてね!そんなの想定してない訳がないだろう!?甘いのさっ!!」

 天使の使徒はそう言うと、勇者が投げたゴブリンを叩き落とした。
 くそっ!攻撃できても効果無しか!
だとしたらもう、僕たちに勝ち目は無いんじゃないだろうか...
いや、諦めちゃいけない!何か方法があるはずだ!
 自分達の自力じゃ勝てないのなら、とにかく今は使えるものを知るんだ。
 僕はゴブリンを倒しつつ勇者さんと背中合わせになり、話しかけた。

「勇者さん。何か使えそうな物を持ってますか?」

「ああ、探索用のナイフやロープなんかは腰に下げているぞ。」

 ナイフも嬉しいが、ロープもあるのか!
少し考えて1つの作戦を思いついた。いける!いけるかもしれない!!

「勇者さん!そのままゴブリンを倒しながら天使の使徒に投げつけてください!」

「しかし、効いているようには見えなかったぞ?」

「それでいいんです!いや、むしろそれが重要なんです!後は...」

 作戦を勇者に説明する。

「...わかったぜ!そっちもヘマするんじゃ無いぞ!?」

 さあ、作戦開始だ。

コメント

コメントを書く

「コメディー」の人気作品

書籍化作品