僕の日常生活は終わってる。

伊月優

職場体験で!?

今の時刻は午前六時。たった今原野守が目を覚ましたところだ。ちなみに昨日はルナと一緒に寝ている。

寝ぼけながら辺りを見渡すとルナの姿がない。隣にもいないのだ。

すると守の部屋の扉が開く。ルナだ。この部屋に忘れ物をしたのかと守は思っていた。がその考えはすぐに消えた。


なぜなら裸のルナが入ってきてからだ。ルナのピンク色の乳首そしてすごく膨らんだ胸をはっきりと守は見てしまう。


「ちょっ!だから服着てこいって何度も言ってるだろ!」

「あ!間違えちゃった。昨日この部屋で寝てたから忘れてた。着替え自分の部屋なんだよね。」


二コリと笑うルナに可愛いと感じてしまい少し戸惑う守。するとルナは着替えてくるねといい守の部屋のドアを閉めた。

守はふうと深呼吸をした。するとすぐにまた守の部屋のドアが開いた。今度は日菜かな?と思い自分を起こしに来たのかと思い待っていると部屋に入ってきたのは裸のルナだ。

動揺を隠せない守。もう用は済んだはずだろと思いルナから視線をそらす。


「あ、そうそう言い忘れてたけど昨日は色々ありがとう。すっかり風邪は治ったよ!」

「そ、そうかよかったな。ていうか服着ろって…」


またねといいルナはまた自分の部屋へ戻っていった。

呆れたような感じになり疲れて声がさせない守。今日は朝から疲れるわけには行かない。

なぜなら職場体験だからだ。守達は幼稚園に体験に行く。

なるべく早く家を出たいので部屋を出て下へ降りた。


一階に降りると何かを焼く音が聞こえ、いい匂いもしてきた。日菜が朝ごはんを作っているのだ。

すると日菜も守に気づく。


「おはよう守。あれ?今日は早いね。あとルナさん大丈夫?」

「ああ、大丈夫だ。すっかりと治ってる。それどころかいつもより元気だ。」


日菜はルナの風邪のことを心配してくれていたのだ。しかし兄の守には何も心配してくれたことはない。


「あ、もう朝ごはんできるからルナさん呼んできてー。」


守は、眠そうな感じではいと答えルナを呼びに行った。

ルナの部屋にいくと勉強をルナはしていた。


「おーいルナもう朝ごはんできるってよ。」

「わかった今から行くよー」


次の瞬間ルナがこけて守の体に当たる。そして二人は倒れこみ守の鼻がルナの股間の真ん中に当たり守の手は胸を触ってしまう。

もう何が何だかわからない。そしてルナは少しだけいやらしい声を出してしまう。


「ちょっ守っ…ん!なんでそんな感じに…ん!…なるわけ?」


急いで守は手をどける。そして鼻もどける。転倒したときに大きな音がしたので日菜の声がする。


「大丈夫?今すごい音したけど?」

「だ、大丈夫だ。」


守の顔は赤い。ルナの顔はというと少し赤くなっている。ルナが守に注意する。


「転んだからってエッチなことはだめだよー。しかも私高校生だから胸とか、だ、大事なところとか結構感じやすいんだからね。」

「ご、ごめん俺もわざとじゃないんだ。勝手に体が動いてあの体勢になった。」


するとルナが両手の人差し指をほっぺに当てて押してきた。


「なんてね。全然怒ってないから大丈夫。だって守だもん。はいスマイルスマイル。」


相当恥ずかしくなってしまう守。そして何かもやもやしながら下へ降りていった。


今日は日菜に職場体験だから帰りは遅くなるかもしれないと伝えた。

口に物を含んでいた日菜がそれをゴクリと飲み込み話す。


「わかった。先にご飯作っておく。帰る時連絡して。楽しんできてね。二人とも。幼稚園に職場体験かぁーいいなー」

「日菜は小さい子供好きなの?私はすっごい好きだなー。」

「ルナさんも 私も小さい子すっごーい好き!」


初めて聞いたぞ見たいな顔になる守。

日菜は守の前でそういう話をしたことがないからだ。そもそも年が離れているのであまりそういう話をしないのだ。

今日は学校集合ではなく現地集合なのでいつもより早く家を出なければいけない。 しかも今日はリンや雪と一緒に行くという約束もしている。

しばらくしてご飯を食べ終わりすぐに歯磨きや制服を着替える行為を終わらせた。


するとピンポーンと家のチャイムが鳴る。誰かと思い日菜がドアを開けてみるとそこにいたのはリンと雪であった。

日菜はリンと初対面なのでたぶんルナさんや守の友達だろうなと思っている。するとリンが目を丸くした。


「こんにちは。可愛いー君は守君の妹?かな私リンって言うのよろしくね。」

「よろしくお願いします。私は日菜って言います。ちなみに守やルナさんはもう少ししたら来ます。」


突然のことなので驚いている。しかもリンは笑顔がとてもまぶしく可愛い。すると隣にいた雪が口を開く。

「日菜が驚いてますよリン。」


リンはその言葉を聞いて下を出して少し反省していた。

「雪さん久しぶり。リンさんと友達だったんだ。」

「お久しぶりです日菜。リンとは最近友達になりました。」


二人の会話が終わると同時にルナと守が出てきた。


「お待たせー。じゃ行こうか。行ってきます!日菜!」

「行ってらっしゃいルナさん。守。気を付けるんだよー。」


そういって守達の職場体験が始まるのであった。


幼稚園に向かう途中からリンやルナは元気よくおしゃべりをしている。

雪や守はというと静かにしている。


「幼稚園の職場体験とかめっちゃ楽しみー、ルナちゃんは?」

「私もだよ。でも小さい子とかどうやって接したらいいんだろう?」


そういって首をかしげる。その姿を見て守は笑っていた。


「何を笑ってるんですか原野守。」

「え ばれてた?ていうか最近雪と話すこと多いな。あ、いやルナの首をかしげる姿に少し可愛いと思っちゃって。あ!でも雪も十分か、可愛いからな!」


雪は守からよくわからない言葉がかけられたので雪にしては珍しく動揺を隠せていないがいつも通り冷静に言葉を返す。

守は雪の機嫌を損ねてはいけないと思ったのでルナのことを可愛いと言った後すかさずフォローした。



「そんなに嫌ですか私としゃべるの、あと無理しなくてもいいですよ。私可愛いとか言われるの慣れてないんで。」

「嫌ってわけではないよ。とにかく雪とも仲良くなりたいんだ。ほら初めて会った時いろいろケダモノ行為をしただろ。あと可愛いと思ってるのは本当だよ。」


可愛いのは本心みたいなことを言われ、顔を赤くしてえ?と心の声が出てしまう雪。でもそういう状況になっても冷静さを失わない雪。


「べ、別に可愛いとか思ってもらわなくても結構です!しかもケダモノ行為のことは許したわけではないですからね。」


守は雪は少し照れているのだと多少は理解していたので笑ってごまかした。


今日体験させてもらう幼稚園は守の家から歩いて10分程度のところなのだがその幼稚園の先生からいろいろと説明を受けないといけない。

守は雪としか喋れていなかったが自然とルナやリンが良い意味で絡んできて四人で喋って幼稚園へと向かっていた。


「なあ、みんなは幼稚園ってどんなイメージだ?」

「私はアメリカにいたから日本の幼稚園ってどんな感じなのか見てみたいなー。」

「リンはうーん、ルナちゃんと同じ感じかなー」


ふと雪を見ると表情を曇らせていたので守は話を変えた。ちなみにルナやリンは気づいていなかった。

でもその心配はなかったもう幼稚園についていた。すると幼稚園の門を開ける音がした。でも話しかける勇気は美少女三人にはないので仕方なく守が話しかけた。

するとその幼稚園の先生はすぐに高校生だとわかっていた。その先生はだいたい20代前半くらいの年頃と思えた。


守達はその先生についていき職員室へ着いた。そこでいろいろと今日やることの説明を受けた。


「皆さんようこそ土田端幼稚園へ。私はアキっていいます。よろしく。早速今日やることを説明するわね。君たちはまず二グループに分かれてもらうわ。

えっーとリンちゃんと守君グループ、ルナちゃんと雪ちゃんグループ、名前を知っているのは高校から直接聞いているからね。」


こういうテンションが高い感じで10分程度説明を受けた。今日やることは幼稚園のお世話や工作をするのでそれの手伝いらしい。

また遊びも一緒に仲良くやってあげてということをお願いされた。


「説明は以上!後は園児たちが来るのを待つだけね。まだ時間全然あるからおしゃべりでもしましょうか。にしても君たち可愛いねー。守君はその中心的な感じなのかしら?」

「え…え!は!い、いやそんなわけないじゃないですか!この人たちは俺からしたら高嶺の花みたいな感じで…」


アキさんからからかわれ少し困惑した後質問の意味が分かり顔を赤くし挙動不審になってしまう守。

高嶺の花と聞いたルナ達はというと守と同様顔が赤くなっていた。もちろん守は気づく暇もない。


楽しく喋っているうちに時間が過ぎていき園児たちが来る10分前になった。

先ほども言ったようにこれから2グループに分かれ行動する。この幼稚園には守、ルナ、雪、リン、の四人しか来ていない。


守達は1組、ルナ達は2組を担当する。

早速二手に分かれて今日の職場体験をすることになった。

1組の教室に着いた守達は暇なのでまだ喋っていた。


「今日楽しみだね守君。てかさっき言ってた高嶺の花って本心?それともルナちゃんだけに行った?」


顔を赤くして喋っているリンはルナや雪とは別の可愛さがある。まだ守もリンに耐性はついていないので余計恥ずかしくなってしまう。

するとリンがグッと顔を近づけてくる。相当知りたがっているようだ。


「リン何か顔近くない…か?」


後ろにちょっと下がると部屋に転がっていたボールを足が踏んでしまい前に転倒する。もちろんリンは巻き添えだ。

次の瞬間守は右手はリンの胸をつかみ、左手はリンの右足を広げいた。


「ちょ…守君?そ、そういうことはここでしてはいけないよ?別に守君がそうしたいって言うならまあいいけど……」


守はリンに勘違いさせてしまったようだ。慌てて謝罪する。


「リンっ!誤解だ!ごめん俺最近こういうことが多くて…」


頭をかきながら目をそらして謝罪する。

するとリンはふぅ~と深呼吸をして


「こ、この際だから言わせてもらうけど……」

「ん?なんだ?」


「わ、私守君のことが初めて見た時から好きでした!」

「……へ 」


まさかの職場体験での告白。しかもまだあって少ししか経ってない美少女リンから。守はどこにいてもドタバタしています。


「僕の日常生活は終わってる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く