僕の日常生活は終わってる。

伊月優

ルナが風邪をひいた⁉

守達は今は学校のカフェテリアで食事をしている。食べている友達はというとルナ、雪、そして今日友達になったリンである。

リンは人気があるらしく守達が食事をしている間にも、あ、リンちゃんだと同じクラスの友達に言われていた。

ちなみにリンはルナと同様可愛らしい女の子である。つまりリンという人物はツインテールで明るく元気な女の子なのである。

守がルナの子供時代について質問している。早速守はリンと呼び捨てにしているがリン本人はは全く気にしてないようだ。


「なあリン、ルナと一緒に遊んだことあるんだよな。どんな感じだった?」

「うーん……全然今と変わってない!昔から元気で明るかったよ!」


しばらく悩んだ後に回答をした。ルナも私あまり変わってないんだよねとてへっと舌を出して笑っている。

守は今と変わってないのか……とよくわからないが複雑な気持ちになった。

リンは明日の職場体験を楽しみにしていた。みんな職場体験先は一緒で幼稚園である。


「明日職場体験だよ。どんな子がいるのかな、小さい子って可愛らしくていいんだよねー」

「リンちゃんそんなに楽しみにしていたなんて、私も楽しみにしているけど、一緒に楽しもうね。」


二人はそう言うと目を合わせて笑っている。とても純粋な笑顔でなんだかこちらまで癒されるような感じがした。

そして二人は思い出話に花を咲かせてしまい、なかなか終わる気配がない。

ふと守が食事を終えている雪の方を見ると会話に参加できていなく寂しそうだったので話しかけた。


「あ、明日職場体験でだよな。緊張するなー」

「そうですか。私はこう見えても子供は好きな方です。小さくて可愛らしいので。あまり緊張を言うものはしません。」


雪のこう見えてもというところで少し守は笑ってしまったので雪は不機嫌になり次は体育なのでとカフェテリアを去った。

守も次は体育だと思い出しルナ達にまたあとでと告げカフェテリアを去った。ルナは守が次は体育だと言っているがのんびりとしている。


「リンちゃん少し話でもしない?」

「え?ここじゃダメなの?」

「久しぶりに会ったから二人で仲良く話そう。」


二人はそう言って屋上に行った。


「ふぅ~、ここは風通しが良くて気持ちー」

「そうだね、ルナちゃん。こうやって二人で話すのは初めてかも。」


二人はまた思い出話に花を咲かせた。しかしルナは違うことを言いたい様子だ。しかしリンはとっくに気づいていた。

さすが昔からいただけある。ルナは元気で明るいが時たま何を言いたいのかわからなくなる時がある。家ではというと守は全く気付かないことが多いが、日菜は気づくことが多い。


「どうしたのルナちゃん、本当は言いたいことがあるんじゃないの?」

「へへ。言いたいことがあるってよくわかったねー。実はね……」


次の瞬間え とリンは声を上げた。驚いている声だ。ルナは何を言ったのかというと守が好きだということだ。そしてリンはふふっと笑った。


「確かに守君優しそうだね。運動神経もよさそうだし。もっと紹介して守君のこと。ルナちゃんの恋応援するから。」


気付くと時間は授業開始の10分前になっていた。そしてルナは守の言葉を思い出しまたねといって教室に向かった。

ルナが教室に入ると守がいた。どうやらルナのことを待ってくれていたようだ。


「着替えないと遅れるぞ。」

「うん。ありがとう。次って何するんだっけ?」

「確か、持久走の練習じゃなかったか?」


先に校庭に行ってるといい守は走っていった。

着替えているルナはため息をついた。運動全般はルナは好きなのだが持久走だけは嫌いなのだ。

授業の開始1分前になりようやくルナが来た。

すると体育の先生が来て持久走の練習だ今から走れ、といきなり言い出した。

もちろん周りの友達も、えー!という声を上げる。

仕方なくみんなは走り出していく。守はルナと一緒に走ることにした。

しばらくすると少しだけルナが息を荒くする。


「どうした?苦しいのか?」

「まあね。持久走だけは苦手なんだー」


次の瞬間ルナが転んだ。ひざから血が出ている。とても痛そうだ。守が大丈夫かと声をかけると泣きそうな感じで大丈夫といわれたので先生に許可をもらい保健室へ行った。

守はこの時ルナの様子が何かおかしいと感じていた。守は不思議そうにルナを見つめた。

ルナは守の知っている限りではそんなに転ぶことなどはない。しかも大好きな体育の時間に。ルナはどんな時でも頑張ってきたはずだ。

しかしそんな心配もすぐに消えた。というか消されたというか、次の瞬間守は顔を赤くしたのだ。

その理由はすぐにわかった。ルナの乳首が透けて見えているのだ。ルナの胸も歩くたびに揺れている。



いろいろ思っているうちに保健室についた守はまず先生を探すがいないのでルナをベッドに寝かせる。少し体調も悪そうだからだ。さっき守が感じた異変はルナは体調が悪いということだったのだ。

そして棚から勝手にばんそうこうを取り出しルナの傷口にはる。先ほど水で傷口は洗ってきている。

すると守は先生の机から体温計を取り出した。


「なんかルナ体調悪そうだから一応熱計れよ。」

「う…うん。ありがとう。」


ルナを今は直視できない守がはいっと言って渡す。しばらくして熱を測り終えた。ルナの現在の体温は三十八度以上ある。

するとルナがベッドから起き始めた。大丈夫だからといって体育の授業に戻ろうとしたが熱があるのですぐによろけた。その直後すぐに転倒した。

守は巻き込まれる。守の顔はルナのぷにゅぷにゅな胸に当たる。そして守はルナを包み込む形になってしまった。

すると保健室の米本先生が戻ってきた。


「あら?二人とも青春の真っ最中だったかしら?ごめんなさいねー」

「え?ちょ、ちょっと誤解です 」


先生にルナに何が起きているのかを説明して、またなんであのようなことになってしまったのか話した。

そしてようやく理解してもらうことができた。守は完璧疲れている。


「なるほど、つまりルナさんは今熱があると。わかりました。担任の先生に言っておきますからルナさんは早退しなさい。」

「はい。ありがとうございます。」

「原野君は授業に戻ってもいいわよ。」


守は表情を曇らした。なぜなら家でルナを一人にさせるわけにはいかない。さらに何か風邪薬か何かを買ってこないと可哀想だ。

そう思い守も帰らせてもらうことにした。


「すみません!ルナが心配なので俺も帰っていいですか?女子を熱がある状態で歩かせるのはちょっと……」

「わかったわ。特別に早退させてあげる。担任の先生にはうまくごまかしとく。」


守が口を開いた瞬間にルナは顔がもっと赤くなった。これは熱のせいではない。守がかっこいいと思ったからだ。

そんなことは知らず守は早く着替えて帰ろうと優しく言った。


しばらくして校門を出ていく二人を米本先生は見つめていた。


「青春か。頑張りなさいね二人とも。」

と呟いた。


家に着いた守はまず自分の部屋に行き身の回りをかたずけてからルナを寝かせた。

なぜルナ本人の部屋にしないかというと守は何回も言ってるが女子に会うと赤面してしまう。女子の部屋なんて論外だ。

もし入ってもほんのりとした甘い香りのせいで恥ずかしくなってしまう。だから自分の部屋に寝かせることにしたのだ。


守は日菜に風邪薬を買ってきてくれと頼むことにした。日菜は小学生だが家庭の事情ということもありスマホを持たせている。

だから何かあった時などすぐに対応できるのだ。


一方日菜の小学校ではもう帰りの会が終わり帰るところである。

日菜は人気者なのですぐに一緒に帰ろうと誘ってくれる友達がいる。日菜は下駄箱にいくとラブレターが置いてあることに気付いた。


「また、ラブレターか……私にはまだ恋人はいらないのに。」


と小さな声で呟き少しだけほっぺを膨らませた。すると友達がどうしたの?と聞いてきた。日菜は正直にラブレターが入っていたことを告げた。

するといいなー、うらやましいなどといってくる。それがほぼ毎日である。日菜は人気者で可愛く頭もよく運動もできるそのためこくられることもよくある。

それでその日菜に惚れた男子が起こす行動というのがラブレターなのである。


そんなものは無視して携帯を確認すると守からのメールがあった。

こんな時間にメールしてくるなんて珍しく何かあったのだと思ったので内容を確認する。

すると『ルナが熱出して学校を早退した。俺も一緒に早退した。とても辛そうだから冷たくて甘い飲み物を頼む!あとできれば薬も!俺はルナの看病をしてる。』

と書いてあった。


それを見て日菜は人騒がせなお兄ちゃんだなと思っていた。

ちなみに日菜は財布も学校に持って行っている。なぜなら夕飯の食材は学校帰りに買うからだ。何かあってもいいようにと日菜は多めにお金を持つようにしている。

日菜は先のことまで考えているのだ。ちなみに守は先のことを全く考えず行動している。


日菜は友達と別れ近くのスーパーとドラッグストアにより頼まれたものを買った。今日の夕飯はというと守と日菜は焼き魚(鮭)、ルナはおかゆにした。


しばらくすると日菜は家に帰ってきた。そして日菜は急いでルナの部屋に行くも姿は見当たらなかったので守の部屋に行ってみた。

そして日菜が見た光景は何とまた守がルナを抱えている姿だったのだ。ルナと守は顔が赤くなっている。(守は風邪ではない)


「ま…守 ルナさんが風邪なんだから今日ぐらいは……」

「い、いや違うんだ!というか日菜が考えてるような関係ではない!」

「ふーんそうなんだ。信じるよ。変態お兄ちゃん♪」


守は顔が青ざめる。久しぶりに日菜にからかわれたからだ。


「だから!俺はそんなことは望んではしない!これは全て不可抗力だ!」


必死に弁解しようとする守を見て日菜は笑う。本当はとてもやさしい兄だと思っている。

するとルナが起きた。ルナはなぜ自分がこんな時間に自宅にいるのかわかっていない様子だ。


「あれ?なんで家にいるの私?」

「おいおい覚えてないのか体育の時間少し体調が悪そうだから保健室に連れて行ったら熱があるから早退してきたんだよ。」

「ありがとう。」


日菜があ、そうそうと買ってきたものをルナに渡した。ジュースはオレンジジュースを買ってきてくれた。


「ありがとう日菜。じゃ、私寝るね。」

「あれ?夕飯はいらないの?」

「ごめん今日は食欲がなくてごめんね。」


日菜は早く良くなってねと声をかけて部屋を出ていった。守はルナの看病を続けている。顔が赤くなっていつもとは違う雰囲気のルナに少し緊張してしまう守。

するとルナが声をかけてきた。


「私風邪ひくの久しぶりなんだよね。守達がすごく看病してくれたおかげで明日にはよくなりそうかな。」

「そうか。ゆっくり今日は休めよ。明日職場体験だからな。俺はルナがいないとだめだと思う。」

「俺もルナに感謝しないといけないことがあるんだ。ルナが来てから日常は崩れ去っていくけど楽しい毎日が送れてると思う。しかも普通なら緊張しちゃう女の子とも話せてるし。まあ、なんと言うかありがとう。」


少し恥じらいながらルナに感謝の言葉を伝える。ふと見ると大事なところなのにルナは寝ていた。守は少しがっかりする。しかしこれは単に目をつむっていただけでルナはしっかりと聞いていた。

守がまた明日と言い部屋を出ていく。扉が閉まると同時にルナの緊張感も解ける。

ルナは顔を赤くしながら深呼吸をする。


「ふぅー。まさか守があんなこというとは。ふふっ。」



――その日の夜――


風呂上がりの守は今日は疲れたのでもう寝ようとしているとあることに気づいてしまった。ルナのことだ。

守はさっきまでは全然気にしなかったがルナが寝てるのは守の部屋である。

今更ルナを起こしてルナの部屋に移動してもらうわけもいかないし、といろいろ呟きながら考える守。

すると日菜がいた!と思い相談する。そのことを日菜に説明すると……


「私に言われてもー。どうせなら一緒に寝れば。熱は無さそうだし。まあ自分で何とか頑張ってね。」


軽く聞き流して日菜は自分の部屋に行ってしまった。どうすればと落ち込む守。

あれこれ考えこんだ後、仕方なく自分の部屋に行く。すやすや寝てるルナの隣にそっーと入る。


「どうすんだよこれ……」


嘆く守。ルナが風邪で静かであっても原野家(特に守)はごたごたしているのであった


「僕の日常生活は終わってる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く