真祖への転生

MooN

始まりの世界

美紀(んっ?ここは?)

気がつき辺りを見渡すと・・・そこは草木の1本も生えていないそんな殺風景な場所だった
不安にもなったが美紀の心はぶれなかった。

美紀「取り敢えず・・・ステータスオープン!」

取り敢えずの精神でステータス確認を始めた。


名前  ????? 年齢  0歳   Level1

種族 真祖の吸血鬼

体力10 
攻撃10 
魔攻10
防御10 
魔防10
敏捷10

スキル

魅惑の魔眼    血の契約    吸奪吸血   

餓死耐性    神速再生   魔法

称号

真祖

血を求む者




美紀「やっぱりあった!あったはいいけど名前がない?それに0歳だし能力値も低い・・・ってか!私裸!?・・・草も木も無い状況でどうしろと!あっ!でも肌がキレイ!うわぁモチモチスベスベだぁ!生まれたばかりって感じがするね!」

なんて呑気に確認してる場合じゃない!
と美紀はどうしようか考える


美紀「スキルで何かできないかな?ちょっと確認を」

魅惑の魔眼・・・耐性の無い者を魅了する

美紀「これは色々使えそうだね、町とかには難なく入れそう・・・裸も黙認してもら・・・ってないない会う人全員に掛ける気かっ!次」

血の契約・・・互いの血を分け与える事により契約を持ちかける契約破棄者には死を与える

美紀「・・・これって私も死ぬのかな?つかいどころは考えないと大変な事になりそうだなぁ、これも違う!次」

吸奪吸血・・・血を吸った相手の能力を奪う事ができる

美紀「チートだ・・・チートだね!でも今は違う!次」

餓死耐性・・・餓えて死ぬ事がなくなる空腹は感じる

美紀「まぁ、有るにこしたことはないかな?はい次」

神速再生・・・あらゆる身体の損傷を瞬く間に癒す

美紀「これもチートだね!とにかく速いって事かな?これなら安心だね!次」

魔法・・・世界に滞在するマナを媒介としてあらゆる事象を引き起こす事ができる

美紀「これだー!でもどうやってやるんだろ?服をイメージ?」

美紀は精一杯のイメージで吸血鬼の女の子らしい服を想像する
すると身体中にマナ?であろう何かがまとわりつく感覚の後に赤いドレスが身に付いていた。

美紀「成功ね!魔法って便利だなぁ!これで他の人に見られても大丈夫ね!さて称号の確認もしておこうかな」

真祖・・・種族の祖となる者、種族の違いによって様々な恩恵を受ける

美紀「私が最初の吸血鬼って事だよね?なんかカッコいい!恩恵ってやっぱり日光とかそういうデメリットへの耐性よね?」

血を求む者・・・太陽が3回昇るまでに血を1㍑飲まなければ能力2分の1、更に太陽が3回昇るまでに血を2㍑飲まなければ能力3分の1、更に太陽が3回昇るまでに血を3㍑飲まなければ能力4分の1更にetc.

美紀「能力がどんどん減っちゃうのかぁ、でも死ぬことはなさそうだね!」

取り敢えずの危機を脱した美紀は町を探そうと歩くことにした

美紀「能力も上げたいし、冒険者にもなりたいなぁ、お金持ちになって美味しいものを食べたり豪邸買ったり!夢が広がるね!・・・それにしても本当になんにもないなぁ始まりの世界って言ってたような気もするし」

色々思う所はあるが考えても仕方ないと歩くこと3時間・・・

美紀「なんにもない・・・なんにもない!!草木1本生えてない!嘘でしょ?こんなことってあり?他の人は?町は?冒険者に魔物は?・・・私の(妄想)異世界ライフを返してぇーーーーー!!」

美紀の声がだだっ広い荒野に空しく響き渡った。

「真祖への転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く