音の魔術師 ――唯一無二のユニーク魔術で、異世界成り上がり無双――

ふぁいぶ

第三十一話 俺、決断する


 俺がアーバインから留学の話を受けてから、二日経った。
 今日、俺は答えを出さなくてはいけない。
 でも俺は、まだ迷っていた。
 たった半年だ、半年だけの留学なんだ。でも、心はリリルとレイと離れたくないと叫ぶ。
 くそっ! 恋がこんなに厄介なんて思わなかった……。
 ラブソングで「離れたくない」とか言っているのがあって、前世の俺は「そんなバカな、ははは!」なんてバカにして笑い飛ばしていた。
 実際味わってみたらその通りだった。
 
 俺は結局あまり眠れず、朝早く起きてしまった。
 そして自室の机に向かい、作詞をしてみる。
 今、俺の部屋は紙屑だらけだ。
 全部作詞が上手く行かず、俺がくしゃくしゃに丸めて放り捨てた残骸達だ。
 まさか、ここで言葉の壁にぶち当たるとは思わなかったんだ。

 俺の作詞能力は、基本的に日本語や英語だ。
 作曲もその日本語に合わせて無意識的に作っていたから、この世界の言葉で作詞しようとした時に曲と全く合わない。
 例えば、文字数だ。
 日本語で木枯らしは、四文字で済む。でもこの世界の言語は木枯らしを「リリヴェーテェ」と言う。
 そう、日本語と比べるとこの世界の言葉の方が、文字数が多いんだ。
 魔法のファイア・ボールも、こちらの言葉では「ヴォレカジデ・デリューン」と発音する。
 とにかく、長い。
 故に日本語や英語での作詞に長けていたから、この世界に合わせた作詞に悪戦苦闘しているという訳だ。

「くそっ!! ラブソングも書けやしねぇ!!」

 今の俺は大好きな二人の女の子がいる。
 だからこそ、作詞しやすいはずなのに。
 この世界でのトレンドだったりとか、流行の事を考えようとすると、全く思い浮かばない。
 直球で言葉を綴ればいいと思うと、文字数が多くなって壁にぶち当たる。
 なら短縮できる言葉を探そうとすると、曲が全体的におかしくなる。
 俺は今、日本語や英語が本当にどれだけ柔軟な言語だったのかを、思い知らされていた。

「こんなんじゃ俺はこの世界に名を残せない。だから学校へ留学して初心に帰って勉強するべきなんだ! そうするべきなんだが――」

 決断しようとすると、あの二人の顔が思い浮かぶ。
 くそっ、こんな事なら恋をするんじゃなかった……。
 俺は机を強く叩き、突っ伏した。







 今日は父さんとの訓練は休ませてもらって、学校へ結構早く登校した。
 今、何となく一人でいたい気分だったから。
 本当に、どうしようか。
 俺は教室に向かうまでの廊下をとぼとぼ歩きながら、まだ結論が出せていない。
 恋も、そして音楽も同じ位大事だからこそ、悩んでいた。
 リリルとレイは、贔屓目なしでとんでもなく可愛い。
 きっと俺が留学した途端、この学校の男子達は速攻でアタックを掛けてくる、間違いなくな。
 もしその半年間でそのアタックがヒットして、別の誰かと付き合ったりなんて考えたら、もうこの身が張り裂けそうになった。
 深い溜め息を付いて、教室の扉を開けた。

「おはよう、ハル君」

「やぁっ、ハル」

 えっ!?
 教室にはすでに、リリルとレイがいた。
 まだ授業まで大体二時間程先なのに、何でいるんだ?
 俺が言えた事じゃないけど。

「多分、ハルは早く登校してくるんだろうなって、何となく思ったから」

「私も、そう思った」

 あぁ、そんな優しく微笑まれたら、もっと迷っちゃうだろ。
 だから一人でいたかったのにさ……。
 でもそこまで俺を理解してくれているのが、とっても嬉しかった。

「ハル君、最近とっても辛そうな顔、してたよ?」

「うん。ロナウド殿も心配されていたし、アンナ先生もかなり心配していたよ。クラスの皆は不気味がっていたけどね」

 そっか、そこまで顔や態度に出ていたか。
 留学の件は、誰にも言っていない。
 こんなに迷っている状態で誰かに相談したら、絶対に流されるだけだ。
 だから俺の意思ではっきり決めたいって思っていた。
 だからこんなに苦しんでいる結果になった訳だが。

「ねぇハル、僕達じゃ君を助けられないかな?」

「いつも私達、ハル君に助けてもらってばかりだから、相談して欲しい、な」

 二人は俺の傍まで歩いて来て、俺の服を軽く摘まんだ。
 表情を見ると、ちょっと寂しそうな表情だった。

「そういう訳じゃない……。ただ、一人で決めようとしてただけで――」

「でも、決断出来ていないって訳だよね?」

 レイから鋭い指摘が入った。
 全くその通りでございます、はい。

「ねぇ、ハル」

「……ん?」

「僕は、ハルの事が本当に大好きなんだ。今すぐにでも結婚したいくらいさ!」

 レイのストレートな告白に咳き込んだ!
 びっくりした、やっぱりこいつ、所々男らしいな。
 まぁそう育てられたから仕方ないんだけどさ。

「そう思う位にハルの事が大事だし、辛い事があったら共有したいんだ。……重い女だね、僕は」

「そんな事ねぇよ」

 この程度、重くも何ともない。
 男らしいけど、包み込んで欲しいって思う位の母性を感じる。
 次にリリルが口を開いた。

「私もね、ハル君の事が大好き……ううん、愛してます!」

 また盛大に俺は咳き込んだ。
 リリルさんや!
 顔真っ赤にして言ってくれてすっごい嬉しいけど、いつにも増して自己表現出来てて、おっさんは超びっくりしたよ!

「私、レイちゃんみたいに、ハル君の力になれないかもしれないけど。お話を聞いてあげられると思うの。辛そうなら、よしよしするよ」

 よしよしって……。
 何か可愛いな、リリルは本当に。
 レイが母性全開なら、リリルは一緒にいて癒される存在だ。
 俺の中で、二人の内どっちかが欠けるなんて考えられねぇ。

「ハル……」

「ハル君……」

 ……はは、参ったねこりゃ。
 おっさんが八歳に圧倒されちゃってるよ。
 これも惚れた弱味かな?
 うん、話そう。
 話してから、この二人から意見を貰って、しっかりと俺自身が納得する形で決断しよう。
 俺は二人に、留学する話を貰った件を話した。

 二人の表情は固まった。
 リリルに関しては、視線がちょっと泳いでる。
 レイは、手を顎に添えて考えている。
 そして、リリルとレイはお互いの顔を見ると、頷いて俺の方に視線を戻す。

「ハル、留学に行ってきなよ」

「ハル君、私達の事は気にしないで、留学してお勉強してきて」

 多分、この二人ならそう言ってくれるとは思っていた。
 何となく、そう思った。

「ハル君が私達と離れたくないって気持ち、すっっっっっっごく嬉しい。私も、離れたくないから」

「僕もリリルと同じだよ。半年の留学って聞いた瞬間、半年は長すぎるって思っちゃった。王都もここから馬車で一週間と三日位かかる距離だしね」

 そう、王都は遠い。
 気軽に帰郷したりってのが出来ない程遠い。
 だから会いたいからって、すぐに会えないんだ。
 こんな時、新幹線やら飛行機の偉大さを痛烈に感じる訳だが。

「でもさ、僕達のせいで、君の為になる話を潰しちゃうのはね、離れる以上に嫌なんだ」

「うん。ハル君の音楽はとっても凄いよ。きっと、歴史に名を残せる位の人になれると思うの」

「だから僕達は、離れる寂しさを我慢して、ハルの背中を押すよ」

「しっかりお勉強してきて、私達にすごい曲を一番に聴かせて?」

 二人は、満面の笑みで、俺の背中を押してくれた。
 あぁ、凄い愛しい。
 もうさ、俺がこの二人に感じているのは、愛だよ、間違いなく。
 こんなにもさ、俺の事を考えてくれる八歳なんて、間違いなくいないぜ?
 こんなにもさ、俺の事を愛してくれる八歳なんて、間違いなくいないぞ。
 そんなの、俺だって愛してるに決まってるじゃないか。
 こりゃ、この二人に堪えなきゃ、男じゃねぇよな。

 はぁ、何か俺一人でうじうじ悩んでたのがバカらしく思える位、あっさり結論が出た。
 うん、決めた!

「ありがとう、二人共。俺、留学する!」

「――うん」

「……やっぱり寂しいけど、私達はハル君を応援するね?」

 俺が決断した瞬間、寂しそうな顔をする二人だった。
 それがすごく愛しくて、俺はリリルの唇にキスをした後、レイにもキスをした。
 すると、二人はへたりと床に座り込んでしまった。

「はははははハル!? 今、今の何!?」

「すごい事、私された……何されたの?」

「え? そりゃしたのはキスだけど」

「「きす? 何それ」」

 あれ、この異世界にキスってないのか?
 そういや、前に父さんと母さんがヤってる所をマジマジと覗き見した時、一度もキスしてなかったな。
 やっべ、やらかしたか!?

「まぁ、俺の愛情を形にしてみた。嫌だった?」

「「嫌じゃないです!」」

 おおぅ、顔真っ赤だけど、二人共嫌じゃなかったか。
 良かったわぁ……。
 まぁ俺もファーストキスだった訳で、少し恥ずかしい気持ちがあるんだけどな。
 この二人の唇、すっげぇ柔らかかったなぁ。

 すると、二人は自分の体を、俺の体に寄せてきた。

「私、もう一回……さっきのしたい、な」

「……僕も。でも、今度は僕から先だからね!!」

「……ああ、何度でもするよ。俺のお姫様方」

 今度は舌を絡ませてやったら、ついには湯気が出る位顔を赤くして、二人は腰を抜かして倒れてしまった。
 八歳には、まだ刺激は強すぎたかな?









 お昼頃、アーバインは学校へ来た。
 そして留学する旨を伝えた。
 色々留学するにあたって、様々なルールや授業内容を聞いた。
 まず俺は寮に入る。そこは食事もしっかり出るみたいで、俺がわざわざ調達する必要はない訳だ。
 授業内容に関しては、一般教養も魔法戦技もやるが、音楽に関する授業の方が重視されている。
 音楽の授業は、演奏実技、作曲や作詞の仕方、そして実際に曲を作って教師に批評して貰うんだそうだ。
 そして、俺がこのタイミングで留学する最大の理由は、進級試験に被せる為だ。

 この進級試験は、今持てる自分の実力を、作曲して形にする。
 その曲を実際に演奏して、教師全員がその場で評価して、進級出来るかどうかもその場で言い渡すのだそうだ。
 結構前世のコンクールより緊張感はありそうだな。
 つまり、俺はその進級試験を受ける事で、この留学を締め括る形になる。
 それにどうやら、この進級試験で優秀と認められた場合、《優秀修了留学生》の賞状が贈られる。
 これまたこの世界の音楽業界では相当力がある賞状で、エリート街道まっしぐららしい。
 俺の他にも留学生は百人程いるそうで、皆がそれを狙って日々研鑽をしているという。
 この世界に合わせた作詞が出来ないという、壊滅的な欠点を克服するのには、素晴らしい環境である事は間違いない。
 なら俺も目指してみようじゃねぇか、《優秀修了留学生》!
 他の奴には渡さねぇ、絶対に!!
 よっしゃぁ、燃えてきた!!

 話や手続きはさくさくと進んだ。
 俺は二日後、故郷を離れる事になった。
 校長に呼ばれて後から同席した父さんと母さんも、喜んで了承してくれた。

「ハル、お前はこの学校に収まる男じゃねぇ。しっかりと王都でも暴れてこい!」

「おうよ、父さん!!」

「ただし、剣の腕は鈍らせるなよ。男はいざという時、大事な人間も守れる位の力は必要だからな」

「わかってるさ!」

 父さんにも背中を押された。
 すっごく心強く感じたよ。

「ハル、私が歌手として叶えられなかった夢、ハルに託してもいい?」

「いいぜ、母さんの夢を背負ってやろうじゃん!」

「ありがとうね、ハル。でも、失敗してもいつでも家に戻ってきていいからね?」

「まぁ失敗しないようにはするさ」

 でも帰れる家があるってのは、安心する。
 そして迎え入れてくれる母さんがいるのは、もっと安心する。
 あぁ、前世で喉から手が出る程欲しかった、両親の愛情を感じる。
 俺は本当に恵まれた。
 女神様、こんな素敵な転生をくれて、ありがとうな!

 頭の中で、「どういたしまして」という、綺麗な声が聞こえた。
 きっと、幻聴だろうな。
 前世で達成出来なかった野望を、この異世界で実現してみせる!!
 俺は、歴史に名を残す音楽家になる!!




「音の魔術師 ――唯一無二のユニーク魔術で、異世界成り上がり無双――」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く