音の魔術師 ――唯一無二のユニーク魔術で、異世界成り上がり無双――

ふぁいぶ

第十九話 俺、レイと再会する!


「……さすがゴールドウェイ家。うちの貴族さんより儲けてるんじゃね?」

 酒場のおっさんに場所を聞いて辿り着きました、ゴールドウェイ邸に!
 でもね、うちの貴族と比べるのはいけないとは思うんだけど、屋敷でっけぇ!
 まぁ村があんだけ栄えてたら、屋敷もそれなりに見栄が必要なのかもな。
 さてさて、正面から入れそうかな?

 ん~、無理だな。
 鎧を着た厳格そうな門番が二人もいやがる。
 となったら、こっそり入るしかないよねぇ。
 俺は屋敷の壁沿いに歩いてみる。
 壁は俺の身長の2.5倍位高い。
 とてもじゃないけど、何かない限りはよじ登れなさそうだな。
 何かいい足場ないかなぁっと。
 壁沿いを歩きながら辺りをきょろきょろしてみると、太い枝が壁の頂点に届いている木を発見した。
 俺の体重なら、太い枝の上を歩いても折れなさそうだな!
 ってか、警備を厳重にするなら、この枝切った方がいいんでね?
 まぁ俺は助かったからいいんだけどね。

 木によじ登った俺はまず、壁の向こう側を見てみる。
 うん、敷地内をうろうろしているの、あんまいないな。
 ザルじゃね? 警備。
 俺は太い枝を歩き、壁を乗り越えて敷地内へ侵入に成功した。
 いやぁ、日頃の父さんとの訓練と、森での狩りが役立ってて、身軽になったわぁ。
 前世の俺だったら考えられない位の身体能力だぜ!
 後は、レイが何処にいるかなんだけどなぁ。
 手当たり次第探すってのも馬鹿馬鹿しいからな、ここは俺の可愛いサウンドボールちゃんに頑張ってもらおう!
 俺は屋敷の裏側に回り、《集音》と《伝達》を指示したサウンドボールを、部屋があると思われる場所へ放り投げる。
 サウンドボールは壁を通り抜け、広い空間に出たらその場で待機してもらっている。
 それを何度も繰り返し、屋敷の二階にも同様にサウンドボールを設置する。
 それでは、盗聴開始!

『あぁ、レイお嬢様がついに、あのゲス貴族に嫁がれるのですね』

『しっ、あいつの悪口は言ってはだめよ!』

『今日の昼飯何食おうかな』

『レイ、許してくれ……』

『あなた……ううっ』

 全ての部屋にサウンドボールを仕込んだから、色んな情報が入ってくる。
 多分、レイの両親の声も聞こえた。
 やっぱり、両親もこの結婚は望んでいないんだろうな。
 とりあえず、聞こえてくる音に集中しますか。
 しばらくすると、とある声が聞こえた。

『……ハル。怖いよ、ハル』

 聞こえた、レイだ!
 ってか、今まで聞いた事ない位弱々しい声だったな。
 まぁあいつもやっぱり女の子だな、自分の未来が絶望しかないから怖いんだろうよ。
 俺だって、結婚相手がそんな奴だったら怖くて失禁するね!
 えっと、レイの声が聞こえてくるのは、二十番のサウンドボールだったな。
 となると、場所は~~二階の一番右の部屋か!
 俺はレイの部屋にあるサウンドボール以外は全て消滅させる。そして、一つだけ残ったサウンドボールの命令を一部変更する。
 それは、《伝達》の命令を《相互伝達》に修正した。
 そうする事で、糸電話のような仕組みを作ったのだ!
 今日も便利ね、サウンドボールちゃん!

 俺はレイの部屋のサウンドボールと魔力の糸で繋がっているサウンドボールを手に持ち、それに向かって話し掛けた。

「おっす、呼ばれてないけど呼ばれた気がして来てやったぜ」

『えっ、ハル!?』

「おっ、しっかり聞こえてるみたいだな。ちょっくら窓に顔を出してみろよ」

 すると、レイの部屋の窓が開き、レイが姿を現した。
 ……うっそだろ、マジかよ。
 レイが……おめかししてる。
 何て言うか、すっげぇ綺麗なのよ。
 前々から大人びてるなって思ったが、めかし込んだらさらに美人に化けやがった。
 いつも後頭部で纏めている髪をほどいて、綺麗なロングストレートが風になびいている。
 純白のワンピースは、胸の谷間を見せる位まで開いていて、少し妖艶さを出している。
 ……これが七歳が出す色香かよ。怖いわ、この世界。

 おっと、俺が見惚れていると、あいつが俺の事を大声で呼びそうになった。
 俺は静かにっていうジェスチャーを送る事で、何とか大声を出させずに済んだ。
 アブねぇアブねぇ、ここで大声出されてたら、俺は見張りに捕まっちゃうからな!

「とりあえず、事情は把握してる。お前、学校辞めるんだってな」

『うん、そうだよ……。僕ね、結婚するんだ』

「そっか」

『ごめんね、僕が女の子っていうの知って驚いてるでしょ?』

「ん~、驚いたってより、何かしっくり来たって感じ?」

『……えっ?』

「だって、お前元々そんな男っぽくなかったしな!」

『なっ!!』

「んまぁ、でも今のお前の格好、すっげぇ綺麗だぜ」

『~~~~~~~!』

 何か声にならないような声を出してる!
 照れてやんの、可愛いのぉ!

「でもなぁ、一つ気に入らない事がある」

『……なんだい?』

「そんな綺麗な格好をしているのに、お前の表情は絶望してるぜ?」

『っ!』

「なぁ、レイ。お前、本当に結婚したいのか?」

 怖いって思っているのは、さっき盗聴してたから知っている。
 でもな、敢えて聞きたいんだよ。
 こいつの声で、怖いってな!
 だがこいつは強情だ、絶対に言わないだろうな。

『こ、怖くないよ。僕は貴族なんだ。僕が結婚する事で皆を守れるのなら、貴族として本望なんだよ』

「俺は貴族としてのお前の気持ちを聞きたいんじゃねぇよ、レイの本心を聞きたいんだよ」

『だから、それが僕の本心だ! 貴族は、村民の為に心身を削るものだ! それが、貴族の心得だ!』

 ノブリス・オブリージュだっけ?
 確か、《高貴さは義務を強制する》だっけかな。財産や権力、社会的地位の保持は責任が付いてくるとかなんちゃら。
 まぁご立派な事。
 だから、俺は貴族は大っ嫌いなんだよ!
 自分の為に生きて何が悪い?
 自分を貫き通して何が悪い?
 責任は確かに重要さ、だが自分を蔑ろにして他人を幸せに出来る訳ねぇだろうが!
 
「なるほどねぇ、それがお前の本心か」

『……そうだよ』

「んじゃ聞くが、何で泣いてるんだよ」

『……えっ?』

 気付いてなかったんかい……。
 あぁあぁ、いい女が泣いてるよ。
 何が本心だよ。
 思いっきり泣く位嫌なんじゃねぇか。
 せっかく化粧してるのに、涙で酷くなってるなぁ。

「ははっ、いい女が涙のせいで化粧お化けになってやんの!」

『う、うるさい! 僕だって泣きたくて泣いてるんじゃ……』

「ま、お前は貴族の前に七歳のガキなんだ。ワガママ言えよ」

『そんな、言える訳……』

「親には言えねぇだろうけど、俺には言えるんじゃねぇの? 俺は貴族でも何でもない、お前の隣にずっといた男ならさ」

 おっと、また盛大に泣き始めたぞ。
 もうちょっとかな?

「俺はな、お前が隣に居てくれないと調子狂ってしょうがねぇ。剣のライバルでもあり、俺の友達でもあり――」

 こりゃ、告白する流れだな。
 ま、いっか!

「俺の大事な女の子の、一人だよ」

『ハル……って、他に大事な女の子いるのかい?』

「おう、リリルだ!」

『……普通嘘でも、「大事なのはお前だけだ」って言わないかい?』

「俺は正直者だ、お前らには嘘は付かないと決めてるんだ」

 前世の記憶を持っているという部分だけは、死んでも隠し通すけどな!

「俺の隣には、リリルとお前がいないと、俺が死ぬ程嫌なんだよ」

『……それ、堂々と言う事なのかな?』

「それは俺だ、諦めてくれ」

『……そうだね』

 泣きながらだけど、やっと笑顔を見せてくれた。
 やっぱりさ、お前には笑顔が似合ってるわ。

「んで、お前の本心は?」

 すぐに返答は帰って来ない。
 葛藤してるんだろうな。
 本音を言いたいんだろうな。

『ごめん、貴族としての僕は、やっぱりこの結婚を破棄させる事は出来ないよ』

「……そっか」

 あぁ、だめだったか。
 そりゃそうだよな、村民全員の命を相手の貴族に握られているからな。
 こいつが断ったら、きっと報復してきてこの村は蹂躙される。
 まぁ、盗聴した時のレイの両親の声、苦しそうだったけどな。
 苦渋の決断だったんだろうな。
 まぁ俺はそれじゃ諦めないぞ、別の手を考えてやる。
 俺は立ち去ろうとしたが、レイが続けて喋った。

『でもね、女の子としてのレイの本心は――』

 俺は振り替えって、レイの顔を見た。

『――君の隣に、いたいんだよ』

 今までに見た事がない位、悲痛な顔をしていた。
 この瞬間、俺は覚悟を決めた。
 結構周りに迷惑を掛ける。
 いや、迷惑どころじゃねぇ、命を掛けてもらうかもな。
 だけどさぁ、ここでもし引いたら、俺は男として生きられないだろう!
 ああ、ここは引いちゃいけねぇな!

「オッケー! その願い、叶えてやるよ」

『おっけー? って、何をするつもりだい?』

 まぁ何となくやる事は決まってる。
 ハードSMが大好きな貴族様を、コテンパンに叩きのめしてやる!
 人の恋路を邪魔する奴には、地獄を見ながら退場してもらおうじゃねぇか……!

「音の魔術師 ――唯一無二のユニーク魔術で、異世界成り上がり無双――」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く