音の魔術師 ――唯一無二のユニーク魔術で、異世界成り上がり無双――

ふぁいぶ

第三話 魔法解放!!

 何のタメにもならなかった入学式は終わり、俺達はしばらくお世話になるクラスへ案内された。
 くふふ、刻一刻と近づくぜ……。
 この俺様が魔法を使う時が!
 なんたって、転生する前に購入したユニーク魔法が手に入る権利をゲットしたんだからな!
 きっとこの俺にふさわしい魔法になるはず!!
 くぅぅぅっ! 楽しみすぎる!

 とりあえず適当に座っていいって事だったので、俺は後ろの方に座った。
 前に座ってもよかったけど、何となく後ろの方がよかった気分なんだよねぇ。
 すると、隣に誰かが座ってきた。
 ちょっと視線を向けてみると、金髪の女の子だ。
 髪はウェーブがかかったふわふわ系なんだけど、ちょっとそばかすが付いている。
 だが、それがいい!
 可愛いけどちょっと隙がある、そういうのは俺、大好き!
 こりゃ幸先良いスタートじゃね!?

 こういった出会いは、まずは先手必勝!
 俺から声を掛けるのさ!

「よっ、俺はハル・ウィードだ。よろしくな!」

「えっ、あ…………私は、《リリル・バードウィル》……よろ、しく」

 ちょっとおどおどしている。
 それがまたいい!
 とりあえずファーストコンタクトはこんなもんでいいだろうな。

 ふふふ、俺は密かに一つの計画を立てている。
 それは、異世界版光源氏物語計画!!
 実はこの俺、容姿は悪くない。
 なら、今の内から将来有望(容姿的な意味で)な女の子にアタックを掛け、成人したらハーレムを作ってしまおうという、超壮大な計画だ!
 つまり、年少期から俺にご執心させ、成人してもそれを維持させていくのだ。
 ありがとう女神様、素敵な両親の元に俺を降ろしてくれて!!
 まぁ髪が金髪じゃないのは残念だけど、燃えるような赤ってのはそれまた格好良い!
 顔は多分父さん譲りかな?
 俺も不摂生をしなければ、将来有望だぜ!

 ここは三人座れる席で真ん中には俺、左にはリリルが座っている。
 つまり、右の席が空いている訳だ。
 さてと、誰が座るかなぁ?
 お願いします、男は止めて男は止めて!!

「やぁ、ここ空いているみたいだけど、座っていいかい?」

 はい、男でした。
 まぁ断るつもりはない。
 男友達ってのも作った方がいいかなって思ってたしさ。
 でも、でも!
 やっぱ女の子にサンドイッチされたかったよぉ!!

「僕は《レイ・ゴールドウェイ》だよ。よろしくね」

 ゴールドウェイ?
 確か、どっかで聞いた事があるなぁ。
 ……あっ、別の村の田舎貴族の名字がそれだった気がする。
 まっ、俺は別に関係ないな。

「俺はハル・ウィードだ、よろしくな!」

 俺達は握手を交わす。
 こいつ、男だと思うんだけど、男か女かよくわかんないんだよな。
 肌は白いし茶髪の髪はさらさら、肩まで位の長さの髪で、うなじ辺りで髪を縛っている。
 だけど目からは自信というか、力強さがある。
 よく言えば中性的って感じだ。
 同じ五歳とは思えない、落ち着いた佇まいだな。

「そっちの女の子もよろしくね」

 おおぅ、手慣れた感じでリリルに握手を求めた。
 彼女もおどおどしながら短く自身の名前を言って、遠慮しがちで握手した。
 対極的な二人だなぁ。

「この後、魔法解放の儀をやるみたいだね」

 おっ、マジでか!!
 ついにやってきた!!

「いやぁ、もうずっとこの日を楽しみにしてたんだよ、俺! きっと格好良い魔法が使えるに違いない!」

「あはは、どれだけ楽しみにしていたんだい?」

 レイが上品に笑う。
 リリルも口を押さえてくすくすと笑っている。
 いいじゃん、魔法なんて現実世界に住んでいた俺にとっては夢だったんだよ!

「そう言うけどさ、レイやリリルだって魔法使いたいだろ?」

「うん、そうだね」

「う……うん。使えた……ら、生活がきっと……楽になる」

 確かに魔法は火属性や水属性が少しでも使えたら、生活が大変楽になる。
 俺の父さんと母さんは残念ながら魔法の素質がなかった。だからその身で自給自足を頑張っている訳だ。
 リリルの村は、結構生活苦しいのかな?
 まぁ俺の場合はユニーク魔法は確定している訳だから、きっと生活の役には立たないんだろうな。
 だがその分、きっとすっげぇ魔法が使えるはずだ!

 俺達三人が魔法について胸を弾ませながら語り合っていると、一人の女性が入ってきた。
 年齢は二十代前半といった所か?
 修道服に近い服を着ていて、立ち振舞いも礼儀正しい。
 金髪のロングヘアーを三つ編みにしたおさげさんで、眼鏡を掛けている。
 クラスの委員長がそのまま成長しました、って感じ。
 くっそっ、俺がもう少し早く生まれていればアプローチできたのに!

 あっ、俺はこの世界では自分の欲望に忠実に生きようと決めてます。
 いいと思ったらYES、嫌だと思ったらNOと言う。思い立ったら即実行!
 俺はもうイエスマンじゃないのだ!

「皆さん、お静かに。今日からこのクラスを担任します、《アンナ・レイモンド》です。先生と一緒に楽しく勉強をしましょう!」

 アンナ先生がそう言うと、クラスの皆は元気よく「はーい!」と答える。
 俺は精神年齢が四十歳だから、それは流石に出来なかった。

「では皆さん揃っているようなので、この後魔法解放の儀を行いますね?」

 アンナ先生がそう言った途端、クラスの皆がいてもたってもいられない感じにソワソワし始めた。
 うん、わかるぞ皆! 俺だってワクワクしてんだから!

「お静かに! この魔法解放の儀によって魔法が使えるようになります。ですが、魔法が使えない人もいるのは事実です。ですから必ず使えるとは思わず、『使えたらラッキー』と思っていてくださいね」

 おおぅ……、この先生結構ストレートに言うな。
 でもそのおかげで浮き足立った皆は静かになった。使えないかもしれないって不安が出てきたんだろうな。
 皆の表情に緊張が走っている。
 その中で俺だけは余裕の表情だ!
 なんたって、魔法が使えるのは確定しているからな!
 ……ユニーク魔法だけどね。

「す、すごいねハル。先生のあの言葉で落ち着いているなんて」

 ガッチガチになっているレイが、俺に驚いた表情を見せて話しかけてくる。

「別に使えなかったからって、死ぬ訳じゃねぇし。魔法が使えなかったら生活出来ない訳でもねぇだろ?」

「……確かにそうだね。僕は今まで魔法を使えなくても暮らせてたからね」

「う……うん。そう、だよ、ね」

 リリルは顔面蒼白だった。
 でも、俺の一言で二人とも少し安心したようだ。
 よかったよかった!

「それに俺は、魔法が使えなくても剣があるしさ。そっちで身を立てられるし」

「へぇ、君は剣が出来るんだ。後でお手合わせ願おうかな?」

「いいぜ、怪我しても泣くなよ?」

「大丈夫だよ」

 やっぱりこいつ、貴族だけあって立ち振舞いもそうだが、言葉遣いが五歳児とは思えない。
 それなりに教育は受けているんだろうな。
 こりゃ、手合わせも気を引き締めないと、俺がボコボコにされそうだ。

 皆が緊張している中、俺達三人だけは緊張がすっかり解れた。

 さて、この魔法解放の儀だが、一人ずつ行われていく。
 アンナ先生が生徒の名前を呼び、その生徒は先生の所へ向かっていく。
 まずアンナ先生が何か呪文みたいなものを小さな声で呟いている。何言ってるか聞き取れない。
 その後に、子供の頭位の大きさの透明な水晶球に触れさせる。
 すると、水晶球が赤く光った。

「おめでとう! アンディ君は火属性の魔法が使えるようになりました! 魔力量は《ランクC》ですね」

 へぇ、あの水晶球で属性と魔力の量がわかる訳か。
 でも魔力量って増やせないのかな?

「なぁレイとリリル、魔力量って訓練とかで増やせないのか?」

「ふ、増やせない、よ」

「うん、リリルが言った通りで、魔力量は増加させる事は出来ないらしい」

「へぇ、そうなんかぁ」

 レイがさらに魔力量のランクを詳しく説明してくれた。別に頼んでないんだがな。
 一番下がEで、一番良いランクはSとなっている。
 アンディって奴はCだから、平均値という事だな。
 ……五歳児に早速ランク付けとか、容赦ねぇなこの学校。

 次にリリルが、属性についても教えてくれた。

「あの水晶球の、光った、色で……属性が決まる、よ。赤が火属性、青が水で……黄色が土、み、緑が風。銀色が光で、紫が闇、だ、よ」

 相変わらずオドオドした話し方だが、それが可愛い!
 そして、「光がどれくらい眩しいかで、魔力量が、決まる、よ」との事。
 なるほどねぇ、良くできた水晶球だ事。

 実際、水晶球は忙しい位様々な色を出しているが、時折全く光らない事があった。
 それが魔法適正がない、という反応だ。
 その事実を突き付けられ、そいつは大声を出して泣いていた。
 あぁ、せっかく魔法が使えると思ったら使えない、そりゃショックさ。
 なかなか残酷なシステムだねぇ、全く。
 しかもすでに三人が適正無しだった。二十人中三人とは、そこそこ高確率なんだな。

 皆の魔法解放の儀を見ていると、アンナ先生がレイの名前を呼ぶ。

「呼ばれた……。行ってくるよ」

「おう。まぁ気を楽にしろよ?」

「が、頑張っ、て」

 レイは直前になって緊張してしまったようだ。
 俺とリリルは励ましの言葉を送ると、少し緊張が和らいだみたいだ。

 レイがアンナ先生に呪文を掛けられ、その後水晶球に触れる。
 すると、目を開いていられない位眩しい、銀色の光を発した。

「こ、これはすごい! 珍しい光属性です! しかも魔力量は《ランクA》です!!」

 おおっ、すげぇな。
 クラスの大半はもう水晶球に触れたが、銀色で尚且つこんな眩しい光を放った奴は一人もいなかった。
 あいつ、魔法の才能めっちゃあるんだな!

 そして次に呼ばれたのはリリルだ。
 リリルも先生に呪文を掛けられた後に、水晶球に触れた。
 すると、レイより眩しい、まるで晴天の空の色のような青い光が発せられた。
 青い光が何か一番目に負担がかかる!!

「リリルさん、水属性ですが、魔力量が《ランクS》です!! なんという事でしょう!!」

 アンナ先生が興奮気味に言っていた。
 わかったから、まずはその光を止めてほしい!
 眩しくて仕方ない!!

 光が止まった後、俺のクラスはリリルがランクSと判明し、相当どよめき立っている。
 そりゃランクSってのはエリート間違いなしだ。Aだって職に困る事はないらしいしな。
 何か、すっげぇ天才達と知り合いになっちまったな、俺。

「では最後、ハル・ウィード君。こちらに来てください」

「ういっす」

 俺は軽快な足取りでアンナ先生の前に立つ。
 さぁ、俺はどういう魔法になるかなぁ?

 先生は俺に呪文を掛ける。
 目の前なのに相変わらず聞き取れない。
 そして、水晶球に触るように促される。
 はいはい、ちゃちゃっと触りますよっと。

 俺はぽんっと水晶球に触れた。
 すると、リリルより眩しい銀色の光が、水晶球から発せられた。
 うっわ、すっげぇ眩しい!!
 何だよ、銀色って事は俺は光属性かよ!
 全然ユニーク魔法じゃないやん……。

 と思ったら、次は赤色に変化する。
 さらに、黄色に変化。
 さらにさらに、青色に変化!
 そしてそして、緑色に変化!!
 もういっちょ、紫色に変化!!
 そしてまた銀色に戻ったら赤色からスタートってのを繰り返している。

 何だこりゃ!?

 まさか、俺は全部の属性を使えるってか?
 それが出来たら確かに唯一無二の魔法だな!!
 うっひょ~! そりゃ最高だ!!

「な、何ですかこれは!! こんな反応見た事ありません!! 属性が、属性が定まっていない!?」

 定まってない?
 全部の属性を使えるからでしょ!
 そうだよね、先生?

 アンナ先生は冷や汗をかきながら水晶球の光を止め、何かブツブツ言い始めた。

「どういう事? こんな反応は全属性行使者でも見た事ないわ。それなのに全ての色が光り出すってどういう訳? わからない、長年教師をやった私でも、こんなの見た事ないわ……。魔力量は《ランクS》で間違いないのだけど、私はどう対処すればいいの? 教師マニュアルに載っているかしら? いえ、きっと載っていないわね。じゃあここは校長先生に相談してみようかしら?」

 えっ、全属性行使者?
 つまり、全部の属性使える奴って事だよな。
 それとも反応が違うんだ!
 じゃあ何だ、俺の属性!?

 そしてアンナ先生の長考が終わり、俺の肩に手を置いた。

「……ハル君」

「はいはい、何すか?」

「今から校長室に来てもらいます」

 ……そんなに良くない反応だったか、俺の。
 俺はクラスの皆が呆けた顔をしながら俺を見送る中、アンナ先生に強引に引きずられるように連れ出された……。

「音の魔術師 ――唯一無二のユニーク魔術で、異世界成り上がり無双――」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く