青きレモネード

白と金

平静と熱情に砂糖を混ぜて


          そこは物書きが憧れて集まるような
          やや雑多ながら趣きのある喫茶店。

          若青き檸檬は椅子に座り
          完璧なレモネードを注文し
          やってきた一杯に作り直しを命じた。

          作り直しである。

          しかし、ここは普通の喫茶店だ。

          和やかな日常会話が静かに流れる店内で、
          隣のテーブルのカップルだけが、
          彼のオーダーに興味を示していた。

          やがて一体何があったのかと、
          男性のウエイターが静かに歩いて来た。
          四十過ぎだろうか。
          客の対応には手慣れていそうな様子である。    
          皺の多い靴は履き込まれながらも
          手入れされており、
          店の黒い床をコツコツと鳴らす。

        「お客さま」

          落ち着きを携えたウエイターの声に、
          青若き檸檬の顔は、不自然に強張っていた。

「青きレモネード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く