ランダムビジョンオンライン

inten

楽しいスライム狩り?

「ラン様!?」「「あっ、ラン君だ~!」」「主様!」

 桜狐いもうとと一緒に広場に行くと、4人が待っていた。

「お待たせっ! 無事に桜狐いもうと従者サーヴァントの契約を結べたよ」

「お待たせしましたっ! 昨日はありがとうございます。お兄ちゃんをお返しします!」

 とりあえず、俺から報告を行う。

「お待ちしておりました、ラン様……。無事に遂げられたようでなによりです」

「「譲ったかいがあったってもんだね~」」

「うむ。息災なようじゃの……」

 俺が報告すると、4人とも笑顔を見せてくれる。
 全員でしばらく前には着いていたようで、俺たちのことを待っていてくれたようだった。

「さてと……合流できたことだし、どうしよっか? スライムでも狩る?」

 明日の午後の予定は決まっているが、それまでの予定は未定である。
 俺は桜狐いもうとのレベル上げのためにも、モンスターとの戦闘を行おうと思っていた。

「うん。良いと思うよっ。早速行こうよ!」

 朝食の席で確認したところ、桜狐いもうともレベルは1に戻っていた。
 そして、スキルなどはすべてポイントに変わっており、もう一度ステータス含めて振り直しだと嘆いていた。

「ヒカリ達もそれで良いかな? まぁ……ヒカリ達には意味はないんだけど、今後は桜狐こいつも一緒だからさ? 連携の確認とかにはちょうど良いんじゃないかな……」

 俺のステータスと一緒に確認した事だが、ヒカリ達はレベルも含めて何も変化はなかった。
 俺自身は、ステータスやスキルなども含めてすべてがそのままだった。
 ポイントも変化はなく、桜狐いもうとのように振り直す手間は省けた。

「良いと思います。今後のためにも、連携の確認は重要だと思います」

 ヒカリは乗り気であり、ギュッと拳を握ってやる気満々のようだ。

「う~ん、少しめんどくさいかな~?」
「私らが参加すると、一瞬で終わっちゃう……みたいな?」

 クーとキッカは消極的で、スライムと戦うのはめんどくさいようだった。

主殿の言うこと連携を高めるのはもっともだとは思うのじゃが、スライムではいささか物足りんと言えるじゃろうて……。いっそのことゴブリンかオークあたりではどうじゃろうか?」

 ハクはスライム狩りには乗り気ではないようだが、敵となりうる相手との戦闘ならウエルカムなようだ。

「私としては、安全マージンが取れるスライムが良いんだけど……」

 桜狐いもうとは確実に倒せるスライムが良いようだ。
 俺としても、最初はスライムが良いと思うのだが……うーん。

「現状どの程度動けるのかの確認はスライムを相手にして行い、その後にゴブリンやオークでの連携確認を行えば良いのではないでしょうか?」

 おっ、ヒカリからナイスアイデアが出たな。

「それで行こうか。みんなの意見を取り入れてもいるし……ヒカリ達がいれば、オークレベルなら数撃だろうしね」

 俺はヒカリの意見を採用し、みんなに確認をとる。

「「それならオッケ~」」

「うむ。さすがはヒカリなのじゃ」

「私も……それならいい、かな」

 4人とも賛成のようだった。

「それじゃあ、外に行こうか? 近くは混んでるかもしれないから、少し遠くまで行こう。どうせ先の方まで進むんだしね」

 行くぞ! と声をかけて、俺たちは外に向かって歩きだした。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く