ランダムビジョンオンライン

inten

初めての従者②

従者サーヴァント……ってなに? 意味はわかるけど、お兄ちゃんの物になる……ってこと?」

 いきなりの俺の言葉に、桜狐さくらこは戸惑いの表情を浮かべる。
 俺自身、おじさんに説明されただけで……まだ従者サーヴァントという存在自体を完全には理解しきれていないのだが、これからの戦いに確実に必要になってくるということだけは、なぜか確信がある。

従者サーヴァントってのはだな、そのまま俺の従者になるってことだよ。俺と能力の一部を共有したり、従者サーヴァント専用の力を使えたりするんだ……」

 あの後リセット後の限られた時間で確認したところ、従者サーヴァントには種類が存在する。
 今現在の俺……半神では、最大で7人の従者サーヴァントが作れる。
 従者サーヴァントには1から7までの番号が振られ、それぞれ各ステータスに対応している。
 1ならHP……2ならMP、そして7なら運となっており、この従者サーヴァントの番号によって決められたステータスを、主人である俺と共有することができるのだ。
 今回は初めての従者サーヴァントなので、1が対応する。
 つまり、桜狐さくらこ従者サーヴァントになることで、俺とHPを共有(足した数値になる)
できるのだ。

「……ということなんだが、わかったかな? 従者サーヴァントになってくれるか……?」

 桜狐さくらこ従者サーヴァントについて説明し、再度お願いする。

「お兄ちゃんも……その、初めて……なんだよね?」

 真剣な目で見つめる俺の視線を真っ直ぐに受け止めた桜狐さくらこが、桜狐さくらこ自身も真剣な眼差しで問いかけてくる。

「あぁ……初めてだ。番号が1番だから、HPだって言っただろ? 聞いてなかったのかよ?」

「ううん、違うの! ただ……嬉しくて」

 そう言うと、桜狐さくらこは目を潤ませて俺に抱きついてくる。

「うおっとと、いきなりだなぁ……。そんなに俺の初めてなんかが嬉しいか?」

 俺自身としては、あくまでもゲーム的要素の初めてであって、そこまでじゅうようには考えていなかったのだが……。

「もちろんだよっ! お兄ちゃんが初めてに私を選んでくれるなんて!! 何が何でももちろん受けるよっ! 私……お兄ちゃんの従者ものになるっ!!」

「そ、そうか……ならよかった。んじゃま、早速始めようか? 従者サーヴァントの儀式を……さ?」

 了承の言葉をもらった俺は、桜狐さくらこを立ち上がらせると同じ目線になるように少しかがむ。

桜狐さくらこって種族は獣人だよな? 猫族で合ってるか?」

「その通りだよ、お兄ちゃん。名前は狐だけど、猫なのだっ!」

 そう言って頭の上の猫耳をピコピコさせる。

「なら準備オーケーだ。行くぞ? ……汝猫族が勇士桜狐さくらこよ、今ここに我と契約を結び、我が従者サーヴァントとならんことを誓うか?」

「はいっ! 誓います!!」

「ならば契約の証しをここに!」

 俺はそう言うと、桜狐さくらこの額に手を当てる。

「ん……うぅ、っつ!?」

 その瞬間桜狐さくらこの体を光が包む。

「これにて契約は完了した。その命尽きるまで共に生きよう……」

 こうして俺は、初めての従者サーヴァント手に入れた仲間にした

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く